トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

旅の終わりに

東洋というひとつの文化圏を生み出した黄河の流域を巡り、
漢代以前の古代中国に触れる旅はひとまず終わった。

ほとんど観光らしい観光はできなかった西安。
西駅からホステルに電話をすると、
レセプションの男の子の声が驚くように高くなった。
「あの日本人の女の子?風邪は治ったんだね。」

この町についたとたん風邪が悪化し、咳が止まらず、
ついには声がまったく出なくなってしまった。
ふだんは筆談さえできれば用は足せるが、
それでも声がでないのはやはり辛い。
ほとんど部屋に閉じこもり、布団をかぶっていた私を気遣ってくれた、
ホステルの従業員たちの優しさが有難かった。
この歴史的都市で観光らしい観光はできなかったが、
宿の思い出だけは色濃く残っている。

西安から飛行機で二時間、
ふたたび東へと向かい、上海に上陸した。
足早に中国一の大都市を出て、蘇州へ。
旅のもうひとつの目的、古琴を学ぶために3日間滞在する。

ホステルに着くと、顔見知りのレセプションの女の子が言う。
「シェンツ、帰ってきたのね。」
私の名前を中国語読みすると、そうなるらしい。
友人たちと知り合えた、懐かしい4人部屋はもう空いていないという。
今回は古琴を練習する目的があったので、一人部屋を案内してもらう。
彫刻のほどこされた古いベッドがほとんどの空間を占領し、
ほかに小さな机だけの部屋。
窓の外には、大きな枇杷のような木があるだけの中庭。
お向かいさんの部屋まで見られそうな距離である。

ryuba 132

朝になると、いつものようにスタンドでパンと豆乳を買い、
通勤のバイクの行きかう通りを食べながら歩いていく。
15分ほどで楽器屋にたどりつく、ちょうどよい散歩コースである。
すこし練習をしたかったので、早めに教室に入った。

年下の師匠リサは、新しい楽譜を手渡してくれた。
「神人畅」と書かれている。
はじめて彼女と会ったときに、自己紹介のつもりでこういった。
「インターネットで龚一(Gong Yi)の演奏を見て、
古琴を学びたいと思ったの。特に「神人畅」や「広陵散」が好き。」
彼女はそれを覚えていてくれたのだろうか。
まだ基礎でさえ十分でない素人の私に、
こんな美しい曲を教えてくれるなんて驚いた。

「樂(がく)の文字の語源は、天と人とを糸のようなもので結びつける。
そういう意味があるといわれているのよ。」
リサが教えてくれる。
その糸とは、つまり琴の弦のことではないのだろうか。
「神人畅」の曲も、神と人との和を意味するとある。

曲はまず、光が水に当たってはじけるような泛音(ひんおん)からはじまる。
左指で、13の微と呼ばれる貝のしるしが刻まれる場所を
かるく触れると同時に右指で弦をはじくのだが、
ちょうどの場所に触らないと、音が鳴らないので難しい。
それから、地の底から響きわたるような散音(さんおん)に
弦を滑らせて陰影をつける按音(あんおん)が加わる。

その音色は、まさに私がたどってきた古代への旅をいきいきと甦らせる。
青銅器の文様の世界に、
または漢代の墓にあったフレスコの赤に、
そして天へ昇る無数の仙人たちの絵に、
その音色がぴたりと重なり合う。



理屈で理解するのと違い、
自分の指先にそれが伝達するのが遅いのが歯がゆい。
彼女の献身的な特訓と、部屋で練習を重ねたおかげで、
どうにか最後まで行きつくことができた。
お世話になった師匠のリサや楽器店の人々に別れを告げ、
雨の降る蘇州の町を跡にした。

次の日の朝、上海から船が出た。
古琴をはじめたくさんの荷物を背負って、
巨大な町の中をさまよい、走って港についた時には
汗びっしょりで精も根も尽き果てたような状態だった。
こうして、私の旅は幕を閉じた。

ryuba 137

船は、26時間かけて長崎港に着いた。
平たい大陸から、山がちの小さな島国へ。
上陸すると、満開の桜が出迎えてくれた。
出迎えに来てくれた母と母の同級生とともに、
うららかな春の青空の下、眼鏡橋のたもとを歩く。

ryuba 151

この公園で、珍しい白い像を目にした。
かつて長崎の町に洪水が起こったときに、中国から寄贈されたそうだ。
洪水を鎮める象徴である竜の背中に、
日本人の少女と中国人の少年が手をとり仲良く座っている。

ryuba 143

旅には、直感というものが大いに働くらしい。
「どうしてか分からないけれど、何かがありそうだ。」
「今どうしてもここへ行かないといけない気がする。」
という説明もつかない引力に引き寄せられ、
バタバタと旅を決行してしまった。
失望で終わるのかもしれないという不安もあった。
出発の日が近づくにつれて、一人で旅している自分を想像すると
心配で押しつぶされそうになることもあった。

テレビやパソコンで一瞬で世界のどこへでも行った気持ちになれる世の中ではあるけれど、
実際に自分の目で確かめることの大切さを改めて知ったような気がする。
どこかで見た写真と同じものを見るのが目的ではなく、
そこに到達するまでに見るもの触れるものの数々、
テレビや写真では映し出されなかったものを発見すること。
そして、はっきりとした意思をもって旅をすること。

たくさんの人たちに助けられ、
充実感をもって20日間の旅を終えることができたことに心から感謝したい。
そして、中国との関係がよいものであるようにと願ってやまない。


スポンサーサイト

Theme:海外旅行記
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|中国ひとり旅|2012-05-10_03:39|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
風邪にかかったり 大変でしたが 心に残る
しみじみとした旅が出来ましたね。
仰るように 目的だけを目指すのではなく、
その途中や過程にこそ 見るものが潜んで
いるような気がします。
Re: No title
霧のまちさんの旅のあり方にも、
きっと大きな刺激をうけていると思います。
子供が生まれてからは、何かのついでや友人を訪問するために
出かけることが多く、見知らぬ土地にとびこんで
何かを探しにいくような旅は今回はじめてのような気がします。

いつか行けるといいなあというよりも、
また行くような気がしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。