トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

初春のドボイ村

深夜のブカレスト空港に降り立ち、
息子の顔を見たとたん長い旅が終わったのを感じた。

一晩明けて表にでると、
ブカレストの町はすでに新緑が目ざめ、
明るい太陽の光で満ちていた。
朝の空気がつめたくて心地よくて、
思い切り肺に入ってくるようだと伝えると、
ダンナは、「ブカレスト郊外の空気は悪くて・・。」と言ったのに驚く。
1週間の東京滞在のせいだろうか。

電車がカルパチア山脈にさしかかったとき、
季節が逆もどりをしたかのように、
初々しい白い花がようやくほころび始めたところだった。
こうして、トランシルヴァニアに帰ってきた。



家について二日目の昼すぎ、ドボイ村に向かった。
大型バスに揺られて、まだ早い春の風景が目にまぶしく感じられる。
降りたのは、小さなボロシュニョー村。
ドボイ村に通じるバスは、朝をすごすと夕方にしかない。
「丘を越えてきれいな風景を見ながら、
家路につくことができるなんていいだろう?」と村に住む友人バルニが言う。

この村には、友人一家の先祖代々の家がある。
昔、パーリンカ工場で富をなした、祖父母時代からの家。
美しい貴族様式の調度品が備えつけられた部屋は、
まるで時間が止まったかのようだった。
今は誰も住む人もなく、だんだんと朽ちるのに身を任せている。

壁のレリーフがうつくしいプロテスタント教会を横目に、
墓地へとつづく坂道を登っていく。

doboly2012aprilis 002

田舎のあぜ道。
春がまさに目ざめようとしている今の時期は、
胸がつまるような新鮮さを与えてくれる。

doboly2012apr 005

ようやくプルーンの小さな白い花が、
粉をふいたかのようにして咲きはじめている。

doboly2012apr 006

坂をのぼっていくにつれ、どんどん村が遠ざかっていく。
足元に広がる風景にため息がもれる。
なだらかな丘に遠くの町もさえぎられ、
ここだけでひとつの世界が出来上がっているようだ。

doboly2012apr 018

丘の途中で、ひと休み。
サンドイッチをつまんでいると、
バルニが肩掛けかばんからお鍋を取り出した。
何かと思っていたら、白飯が入っている。
美味しい空気が何よりのご馳走だ。

山に寄り添うようにして家が集まっている。
ドボイの村は、平野から見ると森に囲まれて見つけにくい。
小さな隠れ家のような村。

doboly2012apr 023

村の端のほうには湧き水が流れ、
ジプシーのおばさんたちがおしゃべりをしている。
「長く見なかったわね。」などと話をしながら、別れた。
細くぬかるんだ道を通って、私たちの家にたどりついた。

家は建てはじめてから、もう4年になろうとしている。
いつになったら越してくれるのだろうと、家の方もしびれを切らしているのだろう。
それとも、くるみの木やリスや鳥たちと遊びながら、
楽しくやっているのだろうか。

くるみの木の枝に、板を通したロープを吊り下げる。
息子のための遊具ができた。

doboly2012apr 029

近所の子供たちに生まれたばかりの動物たちを見せてもらったり、
村の人たちにご挨拶している間に、
あっという間に一日が過ぎていった。

庭のテーブルに食べ物を広げて遅い昼食を食べていると、
雨雲がちかづいてきた。
雷の音とともに、雨が地面をぬらす。
裏の杉の木が、風にゆれてざわざわと音を立てる。
灰色の雲がかたちを変え、すぎていくのをじっと眺めていた。

もう一雨くるまえに、あわてて終い支度をして村を下り、
バスに飛び乗った。

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2012-05-16_03:48|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
この風景を見ると・・・自宅に帰ってきたと 安堵されると
同時に あの東洋の度が幻のように感じられるでしょうね。
同じ地球なのに ちょっと離れているだけなのに、あんなに
違う風土・・・人民・・・ヒトは旅をしなきゃいけませんね。
Re: No title
首都のブカレストについても帰ってきた
実感があまり沸きませんでしたが、
この風景に出会って、はじめて強くそう思いました。

冬の閉ざされた風景の中にいたときには、
これだけが世界だと思い込んでしまいがちですが、
思い切って外に出てみると、どれだけすべてが新しいか・・・。
世界のどこにいても、同じことは言えると思います。

それにしてもなんて自然が豊かなところだろうと、つくづく思います。
手付かずの自然があまるほど残っていて、
この素晴らしさも外に出てはじめて気がつくのかもしれません。