トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

5月のカロタセグへ

冬の間中、行こうと思いながらも
厳しい寒さに気力が押しつぶされてしまった。
どこか引っかかりながら、行かなければならないという思いで
あわてて準備をすすめた。

出発の前日まで、問題だったのは息子を連れて行くかどうかだった。
いつものように説得をするのは父親の役目。
筋道のとおった話を息子は身じろぎもせずに聞いていたが、
やがて、目をうるませて「行きたい。」といった。
私たちは顔を見合わせて、しばらく考えたあと、
息子を連れて行くことに決めた。

夜明け前の列車に乗って、私たちは西へと向かった。
格安の鈍行列車は、ちいさな村や町で停車をくりかえしながら、
4度の乗り換えを経て、9時間かけてカロタセグ地方へやってきた。

まぶしい緑色した丘がどこまでも続いている。
ちいさな無人駅で列車を降りる、いつもここが出発点だ。

IMG_8046.jpg

先日までの大雨のせいか、緑が輝くようだ。
目をこらしてみると、さまざまな野草が花をつけている。
耳をすますと、ミツバチをはじめ小さな虫たちの動きも聞こえてくるようだ。

IMG_8066.jpg

「これ、タイキの好きな花。」
紫色の花をそっとつむと、笑顔をいっぱいにたたえて差し出してくれる。
花を愛する人にとって、春の野原はまるで宝探しのようなものなのだろう。

IMG_8054.jpg

村を歩いて、いつものおばあちゃんの家を目指す。
「誰を探しているんだい?」村の少年が訪ねる。
おばあちゃんの名前を告げると、
「ああ、ママ(おばあちゃん)だね。」と答える。

ちょうど門の前に、黒づくめの服をきた小さなおばあちゃんが立っていた。
「おやまあ、珍しい人たちが来たわ。」
去年の秋に、冬にやってきてビーズを習いたいと話していたのを
ずっと覚えていてくれたのだ。
「何度か、私もこの冬に悪くなってね。
もう会えるかどうか、分からないと思っていたわ。」
そういうおばあちゃんの顔は、元気そうだ。

空色一色でぬられた、おばあちゃんの部屋に案内される。
色とりどりの大きなビーズ飾りのついた帽子を、手にとってみせてくれた。
カロタセグ地方の中でも、特にビーズが盛んなこの地方では、
男性の祝祭用として特別豪華なビーズ飾りをつける。

IMG_8108.jpg

このボクレータを、冬に注文していたのだった。
女性のかぶるパールタと呼ばれる白いビーズの冠よりも、
男性の帽子飾りの方が好きだ。
おばあちゃんの曾孫さんのものなので、息子にもぴったり。

IMG_8111.jpg

さらに、袋包みからは冬の間中つくりためておいた
ビーズ飾りがどんどん出てくる。
テーブルいっぱいに並べられると、
それだけでカロタセグのツィフラ(豪華な)空気がいっぱいに伝わってくる。

IMG_8129.jpg

この冬はまったく針をもたなかった。
その間も、80をすぎるおばあちゃんがコツコツと作りためて、
これだけの作品が生まれた。
「よく目が見えないのよ。」と懸命に、
小さな針穴に糸を通すおばあちゃんの姿に胸がいっぱいになる。

bogar1.jpg

今でも鍬をもち畑に出る、カティおばあちゃん。
おそらく世界のいろいろなものを見聞きしなくても、
ご先祖から伝わってきた、美しい衣装や家具やさまざまな手芸の世界だけを
一身に吸収して生きてきた。
だからこそ、このような純粋な土着の世界観が生まれるのだろう。

帰りの電車までまだ時間があったので、隣村にも足を伸ばしてみる。
かつては木彫りが盛んだったのが、
7、80年代になるといっせいに鉄の門や格子が流行した。
それらの飾りを見ているだけでも、
カロタセグの装飾を好む土地柄が反映されているようで面白い。

nadas1.jpg

家畜の世話をするおばさんに声をかけて、
ツィフラ・ソバ(豪華な部屋)を見せてもらう。
かつては村によって絵付け職人がいて、
それぞれに違った色使いで、さまざまな花模様を描いていた。

nadas2.jpg

古い伝統を好む人の中には、ナーダシュ地方のものを華美すぎるといって顔を背けるものもいる。
これだけ華やかさを好む土地柄というのも珍しいが、
この中にも土地の人たちの美学がしっかりと根付いている。
刺繍リボンを丸く縮めて飾るブイカにも、ビーズの煌きが欠かせない。

IMG_8210.jpg

一般に男性の衣装は、女性のものより珍しいと言われる。
女性は長く手作りの衣装に執着していたからとされている。
白一色で装飾されたカロタセグ男性のシャツは、特に高度な技術で作られてきた。
細やかなカットワークや刺繍、レースなど繊細で優雅なことこの上ない。

nadas3.jpg

カロタセグの遺産が詰め込まれたこの部屋にいると、
時間がたつのを忘れてしまう。
はっと時計を見たときには、列車の時間が迫っていた。
家のご主人に礼をいい、はじけるように部屋を飛び出して元きた道をもどった。
西日が傾いていく中を、
列車の到着を知らせるサイレンの音が鳴り響いていた。

ogabo.jpg
スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2012-05-26_22:50|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
最初 どうして息子さんを残していくつもりだったんですか?
おばぁちゃんの手仕事 素敵ですね~。
あの小さなビーズで埋まったモチーフは いろんな
所にアップリケするんですよね。
なんて美しいのでしょう。
Re: No title
息子は学校もありますし、
旅の予定もきちんと立てていなかったので、
どこで寝泊りするかも分からない状況でした。
長い道のりを歩いても文句いわずについてきてくれましたが、
すこし風邪を引いてしまったようです。

ビーズのモチーフは、
エプロンや帽子の飾りとして多く見られますが、
今は肩や襟、背中に垂れる飾りなど、
この地方の女性の晴れ着はビーズ尽くしです。
それぞれの地方によって、その美意識の違いがまた面白いです。