トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

村のお祭りの日に

「~村でお祭りがあるらしい。」
そういう会話をどこからか聞きつけて、
朝一番の列車にのって村へと向かうことになった。

ずいぶん長いこと行っていなかったところ。
ぎりぎりの日程なので入りきらずに、
いつしか遠ざかっていた。
ふだんは車窓から眺めるだけの丘の向こう側まで歩いていくと、
ようやく村の中心部が開けてくる。

世にもうつくしい透かし彫りの家が見えてきた。
民俗舞踊が有名なところで、
踊りに誘う男性と、その手をとる女性の姿が彫られている。
そして、ふたりの天使が空を舞っている。

IMG_8260.jpg

教会のミサまでまだ時間があるというので、
村にくると欠かさずに寄っていたおばあちゃんの家に立ち寄ることにした。
小高い丘をのぼって、さておばあさんの家はどれだろうと考えていると、
「あれだよ。」と息子が迷わず指さした。

キーシューおばあちゃんの家には、
ひとりお客さんが来ていた。
不意に私たちの姿が現れても、おどろいた風はみせず、
「お上がりなさい。」と声をかける。
入れたての二人分のコーヒーを、私たちのために勧めてくれる。
私はすぐにお土産のクッキーを皿にもって、差し出した。

二年ほど前には、片足を大きく腫らせてベッドに横たわっていた。
刺繍の名人のおばあちゃんは、
一日中座って刺繍ばかりしていたため足を悪くしてしまった。
村ではビーズに流行が移ってしまったが、
おばあちゃんだけは誰にもできないような昔ながらの細やかな刺繍をしつづけている。
その美しい針仕事を見たとき、
彼女のところに弟子入りしたいと思った。

これまで遠ざかっていた後ろめたさを
微塵も感じさせないおばあちゃんの態度に、
すっと心が晴れるような気がした。
「夏に、もう一度来ていいですか?」
そう尋ねると、「もちろんよ。」とおばあちゃんは言った。

教会の鐘の音が、高らかに鳴り響いた。
今日は一年に一度の村の祭りのせいか、
いかにも祝日らしい晴れ晴れしさが漂っていた。
村の人たちのほかに、ドイツ人やスロヴァニア人など
招かれたお客さんも多く、教会の中はいっぱいになった。

IMG_8297.jpg

私の座っていた一番後ろの席に、
キーシューおばあちゃんが座った。
華やかに着飾った女性たちを眺めては、
「あのブラウスは?」、「あの飾りは?」などとささやき尋ねると、
何でも答えてくれる。
賛美歌をうたうときには手持ちの本を差し出してくれ、
おばあちゃんの低く通った声が耳元で聞こえてくる。

IMG_8276.jpg

教会は村の人たちの社交の場。
ミサが終わると、次々に表に出た村人たちが集まっては和やかに語り合っている。
若い女性はその若さを輝かしくみせる色を装い、
年をとった女性はその年齢にふさわしく控えめな色がよく似合う。
ブラウスも、未婚の女性と既婚の女性が着るものが違う。
このように民俗衣装は秩序があってこそ、美しい。

IMG_8307.jpg

鮮やかな衣装を着た人たちの美しい晴れ姿に、
カロタセグにたいする愛着と誇りが発せられているような気がして、
まぶしく感じられた。

mera6.jpg

村には博物館があるらしい。
ロゼッタと呼ばれる、バラの文様の刻まれた門。

mera4.jpg

チューリップや星のかたちに掘られ、色付けされたこの道具。
カロタセグ地方は、昔から水牛が飼われていた。
水牛がひく農具なのだが、
このような生活用具でさえなんとも美しい。

mera5.jpg

生活を楽しむことは飾ること、
そしてよく語らい、よく歌い、踊ること。
村の人たちは、
人生を楽しむことをよく知っている。

IMG_8250.jpg

スポンサーサイト
comments(5)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2012-05-29_10:23|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
何とも美しい風景ですね~。  ウズベキスタンのモスクでも
こんな風景を見ました。  三々五々に訪れるお参りの人たちです。    いま、幸福度が盛んに言われていますが
日本は 大変低いのだそうです。
その村を見ていると たぶん そんな暮らしにこそ幸が
あるのではと 思いますね~。
Re: No title
霧のまちさん、
村の生活は教会というものが大きな柱となっているような気がします。
それがないと、人々の生活はどこか骨がない生き物みたいに
崩れてしまいます。
今はこちらでも、西欧化されていく大都市の影響が
村にまで波及していっています。
目先のことだけにとらわれずに、
しっかりと古き良きものを守っていかないといけませんね。

幸福度という言葉、私もちらりと耳にしたことがあります。
身の周りの美しいものを見つけ、
それを大事にはぐくんでいくことができれば
幸せに生活することは難しいことではないのではと思います。
No title
宮崎にいながら遠いルーマニアの生活が手にとるように分かるよ。
こんな写真を見ていると、日本もそうだけど、素晴らしい伝統や文化が世界中からどんどん消えていくのが寂しい気がするな。
これからもどんどんルーマニアの様子を発信してね!
Re: No title
なるみちゃん、どうもありがとう!
ここは息子がおなかにいるときに、
いっしょに歩いた村だよね。
もう8年も前のこと、懐かしく思い出しました。

ルーマニアも若い世代が育っていき、
こんなに近くにあるのに村の生活のよさ、
伝統文化の奥深さをまったく知らないで
よそに出て行ってしまう人ばかり。
たとえば私もだけれど、大人になってはじめて
地元のよいところに気がつくということもきっとあると思う。
そのときに、伝える人が少しでも多く残っていてくれたらなと願っています。
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです