トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

信仰告白式の前日

お祭りでにぎわう村をぬけだして、
私たちは次の村へと向かった。
週末なので、電車は夕方にならないと来ないので、
村はずれで車を待つことにした。

クルージの町に戻る車ならば、
そこからバスに乗りついで下地方の村へ。
先のオラデア方面に行く村ならば、上地方の村へ。
親切な中年女性の車が止まり、クルージに向かうと話した。
そこで、次の行き先が決まった。

長距離バスに乗ったとたん眠気に誘われて、
気がつくと緑のかがやく森の中をバスは走っていた。
隣で頭をたれている息子を、深い眠りからゆり起こして
下車の心構えをする。

カロタセグ地方に国道ができると、
そこはハンガリーからの観光客の通り道になり、
村の様子も急激に変わっていった。
道路沿いにずらりと立ち並ぶお土産やさん、
そこで売られるものは地方の手芸品から
どこで作られたかも知れないありとあらゆるものまで・・。
それにしたがって、手芸の形もいつしか
早く簡単にできるものへと変わっていってしまった。

家の前では、おばあさんたちがベンチに腰かけ、
手を動かしている。
パーントリカ刺繍と呼ばれるもので、
バラのリボンの図案を大きく引き伸ばしたもの。
化繊の生地にシルクの糸で大きなステッチで刺繍されるため、
短時間でできるようになっている。

IMG_8404.jpg

教会の前には、白樺の幹が鮮やかな緑をかがやかせて立っている。
少年たちが忙しそうに動き回っていた。
教会の中に入りたいと告げると、
「明日、ここで僕の信仰告白式があるんです。」としっかりした少年が答え、
中へと通してくれた。

IMG_8407.jpg

青空を模したような、鮮やかな青に赤い刺繍がくっきりと冴える。
現在は赤や黄色や白で色付けされているカロタセグの家具も、
もともとは青だったといわれている。
古い民家の壁も漆喰をより白く見せるために、少量の青い塗料を混ぜていた。
また青は白に比べて、汚れが目立ちにくいというのもあるのかもしれない。

IMG_8419.jpg

うえを見上げると、カセット型の花模様が
ひとつの世界を造っている。
夜空にまたたく星のような花模様は、
天をより近く感じるための人々の工夫なのだろうか。
この下で、生命の誕生を祝福し、
若者たちを成人へと生まれ変わらせ、
若い男女の結婚を誓わせる。

IMG_8418.jpg

「明日の式では衣装を着るの?」と尋ねると、
普通のスーツを着るという。
比較的大きな村なのに、16歳を迎える若者は3人だけ。
衣装を持ってはいても、この村ではもう着ることがないのかもしれない。


村を出ると、そのまま国道沿いを歩いて次の村を目指す。
すぐ横を猛スピードで車が駆けぬけるので、
5月の美しい景色をゆっくり味わうこともできない。
人々はいつから忙しさの代わりに、
季節の移り変わりを感じるゆとりをなくしてしまったのだろう。

やがて隣村につくと、小川のほとりで休憩をした。
持ち寄ったパンなどをかじっていると、
大きな鳥が近くをはばたいて去っていく。
「黒いコウノトリだ!」とダンナが叫ぶ。
人里にくらす白いコウノトリに比べ、
森に住処をさがす黒いコウノトリはきわめて珍しいという。
カメラを探すことも忘れて、ぼんやりと大きな黒い羽を見つめていた。

息子が小川に足をつけて遊んでいるとき、
向こう岸から、ジプシーのおじいさんと孫が手をつなぎ歩いてくるのがふと目についた。
二人は河川敷を降りて、小川を渡ってくるように見える。
川の流れをしばらく見た後、
靴も脱がずにそのままジャブジャブと足をぬらして歩いてくる。
流れに足がとられそうな、ちいさな子供の手を強く引っ張りながら、
おじいさんは小川を渡りおえると、また何事もなかったかのように歩きはじめた。
ズボンのすそも靴もびしょぬれ。
やがて家に帰るころには、きっと乾くのだから気にもしないのだろう。

IMG_8478.jpg

ちいさな村を歩き、目的の手芸の作り手をさがすも
なかなか思ったような作り手には出会えない。
丘の上にある教会を見てから、
村を出るころにはもう西日が傾いていた。

IMG_8491.jpg

国道に出ると、ヒッチハイクを開始する。
ちょうど私たちが歩いてきた隣村が遠くに見える。
なだらかな丘が緑色のじゅうたんで包まれているように温かそうだ。
テントがあればここでキャンプができそうだが、
あいにく持ち合わせていない。

kapus2.jpg

1時間たって、すっかり日が沈んでしまった。
暗くなると、見知らぬ旅人を乗せてくれる人もいないだろう。
仕方なく元きた道を戻って、村のペンションを探すことにした。

kapus4.jpg
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2012-06-03_03:33|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
小さな教会の天井、素敵ですね~。
周辺の村の景色は まるで絵本に出て来るような
みどりの風景。   今、失われていく古来の日本の
良さも 欧米人によって見直されていると聞きます。
聖子さんの地道な努力も ふとそんな事を思わせるような
雰囲気です。  地元にいると 残す事よりも変わることに
気持ちが注がれてしまうんですね・・・。
Re: No title
不思議なことに、外国人の方が
伝統のよさに気づくんですよね。
今回も旅の間に、スコットランド人の夫妻と出会いました。
二人はカロタセグの農業を発展させる協会のようなものを設立して、
いろいろな村に古い民家を買っているようです。

私も昔は地元の祭りさえ参加したことがありませんでした。
結婚してから、はじめて宮崎の神楽や、
田の神など土着の文化のすばらしさを知りました。
それも、トランシルヴァニアで生まれ育ったダンナがいたからだと思います。
よその目で見るということがいかに大切かがわかります。
No title
谷崎さんお久しぶりです。ルーマニアはきれいな新緑ですね。
なだらかな丘を見るとルーマニアを思い出します。
また行きたいです。

そちらに帰られて、トランシルヴニア地方の村を訪ねていらしゃるんですね。
No title
谷崎さんお久しぶりです。ルーマニアは綺麗な新緑ですね。
なだらかな丘を見ると、2年前に行ったルーマニアを思いだします。
またいつか行きたいです。

そちらに帰られて、トランシルヴア二ア地方の村を訪ねていらしゃるのですね。
どこも刺繍をされる方が少なくなっているんですね。
送っていただいたブラウスの刺繍、毎日眺めています。
最近はお土産用の刺繍で早くできるほうがお金になるんですね。
昔は自分のために手間暇かけて、これでもかというぐらい手の込んだ刺繍で
着かだっていたのに、時の流れでもうこんな刺繍をする人が、だんだんいなくなり
寂しいですね。

まだどこかの村でお会いしたら招介してください。






Re: No title
松田さま、
ご無沙汰しております。
メールにお返事を出したと思っていたのですが、
うっかり忘れてしまったようです。
4月の終わりにこちらに帰って参りました。
いまはちょうど気候がすごしやすく、
美しい季節を迎えています。

すぐにお返事をお送りいたしますね。
Re: No title
松田さま、
観光というものがいかに
その土地に暮らす人に大きな影響を与えるか、
国道沿いの村々を見ているとよくわかります。
販売のために物を作ることがいかに難しいか・・・。
せっかく手で刺しているのに
心がこもっていない、
創作性が感じられない。
そういうものが軒を連ねるようにして売られているのを見ると、
寂しくなります。

一回限りの本気の気持ちをこめて作ったものは、
100年後見てもすばらしいし、
ずっと人に伝えられていくのだと思います。
そうした本物の刺繍を、こうして松田さまに見ていただけてうれしく思います。