トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

カロタセグの信仰告白式

村で一夜が明けた。
朝早くペンションを出て、
昨夜のヒッチハイクポイントへと向かう。

予定していた場所へたどり着くことができなかった代わりに、
ダンナが近くの村へ行くことを提案してくれた。
もしうまく車に拾ってもらえたとしたら、
という仮説に基づいている。

カロタセグ地方はプロテスタント宗教圏である。
生まれてすぐに洗礼を受けるカトリック教徒に対して、
プロテスタント派では成人してから
正式に宗教を受け入れることを教義としている。
今日はちょうどその信仰告白式が行われる日であることを知った。

太陽がそろそろと顔を出し、
なだらかな丘をオレンジ色に染め上げる。
すぐに車が止まった。
大急ぎで、その車に向かって雪崩れかかる。
「オラデアまで行くよ。」とおじさんが言った。

車の中で安心したのか、
息子がダンナに後部座席から話しかける。
それを耳にして、運転席のおじさんもハンガリー語で話しはじめた。
ルーマニア人とハンガリー人の人口がほぼ半数ずつの町トゥルグムレシュから、
目医者にかかるために車を急がせている。
「子どもがいるのが見えたからね。」とおじさん。

私たちは、いくつか村をすぎた後、
とある村の前で車を降りることにした。
そこはハンガリーにつながる国道が通るので
戦後、たくさんのお土産屋が軒を連ねるようになった。
カロタセグの有名な刺繍をはじめ、
今ではありとあらゆる大量生産の品がごちゃごちゃと並んでいる。

通りを一本入ると、静かな週末の村が開けた。
電信柱にはコウノトリが巣を作っている。
その巣には、たくさんのスズメが住みつくから、
タイヤが置かれることもあるそうだ。

IMG_8565.jpg

村をうろうろ歩いていると、
門の前をほうきで掃いているおじさんがいた。
声をかけると、なにやら陽気に話しはじめる。
酒のにおいが鼻をついた。
私たちの目的を聞くと、
「刺繍をするおばさんのところへ、俺が連れて行ってあげるよ。」
と案内役を買って出た。

おじさんの案内で訪ねた家からおばさんが出てきて言う。
「そうねえ、イーラーショシュは昔は作っていたけれど、
もう白いカットワークの方が最近は売れるそうだから・・・。」
村の人の需要というよりは、通りがかりの旅行者向けのために作られるようだ。

古い家があるからと言われて、
おじさんの案内で一軒の家にたどりつく。
木彫りの古い門は、今にも倒れそうに斜めになっている。

IMG_8569.jpg

古い木造の家に跡につづいて入る。
小柄なおとなしそうな女性の案内で部屋に通されると、
空色の絵付け家具に、たくさんの手仕事、花模様の絵皿などが
一度に目にとびこんできた。
100年もの時が止まったまま、
自分の身がそこに投げ出されたかのような心地を味わった。

IMG_8570.jpg

「これが私の祖母よ。
古いスカーフを身につけているわ。」
と滞りながらゆっくりと女性の口が告げる。
その堂々とした気品のある姿は、
極上の刺繍をそなえた衣装に決して引けをとらない。

IMG_8572.jpg

彼女は次々と美しい刺繍を目の前に広げて見せてくれる。
その愛着が、たんすの置くから衣装箱の中から
そっと包むようにして運ぶ仕草に感じられた。
変わりゆく外の世界とはうらはらに、
祖母の遺産をひたむきに守りつづける女性の精神が胸をうつ。

やがて教会の鐘の音が高らかに、
ミサのはじまりを知らせてくれた。
小高い丘を登ると、とんがり屋根の白壁の教会が姿を現した。
5月の日差しをさえぎり中に足を踏み入れると、
鮮やかな緑の葉っぱが円を描くようにして並んでいる。
細いしなやかな幹に緑の葉を茂らす白樺の木は、
この式に臨む少年少女たちそのもののように初初しい。

IMG_8703.jpg

賛美歌をおくテーブルの上には、
参列者のために野の花のブーケが並べられている。

IMG_8765.jpg

カロタセグ地方のカセット型の天井は、
中世の美意識を今に伝えている。
聖書のエピソードからとったイメージや、
刺繍にも見られる回転する花のモチーフ、
太陽や月、星を象った絵模様がさんさんと輝いている。
刺繍のステッチを思わせる、幾何学模様の縁取りが美しい。

IMG_8741.jpg

教会は修復を繰り返しながら、今に伝わっている。
そのため、部分部分に別の時代の顔をうかがい知ることができる。
カーネーションの花束に蛇がよじ登っているような、不思議な図。
天井の絵とは違い、素朴な味わいがある天井画が
天井桟敷の席へ続く階段脇に見られる。

IMG_8740.jpg

鐘の音が十分に鳴り響いてたあと、
やがて民俗衣装に身をつつんだ16歳の若者たちが
牧師の跡に従ってやってきた。

IMG_8717.jpg

牧師のお説教や賛美歌のあとは、
信仰告白式がはじまった。
若草色に輝くまばゆい白樺の葉に包まれ、
紫と白の藤の花のシャンデリアの下で
若々しい声が神への信仰を誓う。

IMG_8731.jpg

牧師の尋ねる質問に、長々と滞りなく答える若者たち。
一生のうちで、これだけ宗教の意味を深く考える機会はないのではないかと思うくらい、
完璧な回答が彼らの口から響きわたる。
家族や親類たちに見守られながら、
彼らは自分たちの精神を高め、今まさに子どもから大人へ脱皮しようとしている。

9人の若者がひとりひとり話すので、約1時間ほどかけて式は行われる。
家族への思いを話す少女が、
急に胸をつまらせ、声を振るわせた。
その様子を見ている私たちの心にも、かつての自分の姿が重なり浮かんでいることに違いない。

やがて、苔で覆われた壇に膝まづき誓いを立てる。
イエスの血を表すぶどう酒と、
イエスの身を表すパンを口にして、
正式なプロテスタント派となった彼ら。

IMG_8760.jpg

やがて、一人また一人を教会を後にする。
祭りのあとの人のいなくなった教会で、
先ほど儀式が行われたばかりの神聖な場所へしずかに歩み寄った。
刺繍のクロスが、重ねあわされた祭壇には、
神聖なぶどう酒とパンが置かれている。
周りには、緑色の苔が小高い丘をなしていた。

木は永遠に緑色をしていない。
それでも、彼らの心はこの信仰の日を胸にもちつづける限りは、
この苔のように永遠の緑でいられるのかもしれない。

IMG_8783.jpg

薄暗く冷たい教会の中から、
ふたたび5月のまぶしい日差しをまみえたとき、
生まれ変わった若者たちと同じように晴れやかな気持ちが胸に宿っていた。

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(3)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2012-06-06_20:07|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
ああ・・・何か 中世の物語を見ているような感覚です。
日本では思いも付かない風景ですね。
宗教にも そう言った式にも 遥かに無縁になっている日本。
成人式でさえ 若者のパフォーマンスで 眉をしかめる
ような事件になってしまう・・・。

刺繍があふれる おばぁちゃんの家も素敵ですね~。
それを守るのは すべて女性・・・男子はいったい
ナニをしてるの?って感じです。
Re: No title
こちらでもそれほど信仰心が深いとはいえませんが、
それでも宗教とともに古い時代の儀式がそのまま受け継がれるというよい点もあります。
私も自分の成人式が物足りなく、印象に残るようなものではなかったので、
こういう小さな共同体の中で厳かさをもって成人を迎える彼らがうらやましく思います。
若者たち自身の手で飾り付けをしていますが、
(たくさんお金をかけた)日本の結婚式や葬式よりよっぽど美しい会場だと思います。

手芸や衣装は女性に属するものだから、
男性はまったくかかわっていないのでしょうね。
木彫りやお酒造りや歌などは男性もよく知っています。
ただものを大切にとっておくのは女性でしょうね。
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです