トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

カロタセグの夏休み

夏の終わりの一ヶ月を、
海でも山でもなく、
カロタセグのしずかな村で過ごすことに決めた。
いつもは急ぎ足で眺めた風景も、
今度はまた違った表情を見せてくれるかもしれない。

カタリンおばさんの案内で、一軒の小屋で荷物をひも解いた。
数年前まで、エプロン作りで有名なおばあさんが住んでいた家。
部屋の中はマットレスだけ。
家から持ってきたお皿とスプーン、町で買ったおなべがひとつ。
それでも、夜には電気がつき、
錆びたガスコンロを備えつけて
やがて生活らしいものがはじまった。

カタリンおばさんから、週に二回新鮮な牛乳を買い、
ペーテルおじさんからは甘くとろけるハチミツを、
エーヴァからは真っ赤に色づいた大きなトマトとキュウリをもらった。
家の横には青リンゴの木が、たくさんの実を落としてくれる。
日に一度は、薪をくべて鍋でジャガイモのパプリカ煮をいっぱいに作る。

kalotaszeg2012aug 081

たくさんの人の親切な心に支えられて、
村の生活は前途洋洋。
これから3週間、
村での生活がはじまる。

kalotaszeg2012aug 036
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2012-08-14_01:51|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。