トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

村の一日

朝早く、夢のなかでまどろみながら、
動物たちの足音とともにカランカランと鳴るベルの音を聴いていた。
村の朝は、早い。
動物たちとともに目覚め、
朝露にぬれた原っぱで畑仕事がはじまる。

カタリンおばさんの家は、結婚式の準備で大忙し。
親戚総出で一週間前から、
家の壁を塗りかえたり、窓を拭いたり、
料理を作ったりの大仕事がつづいている。

ゆっくりと朝食をとっていると、
おばさんの姪子さんが一人息子ゾルターンを連れてやってきた。
息子に遊び相手ができたので、
一日中、庭の砂場で子供たちが遊んでいる。
焼けつくような太陽の光も、大きなリンゴの木の陰がカーテンを作ってくれる。

昼が近づくと、
庭に薪をくべて火を燃やし、
そこで煮炊きをはじめる。
炭になると、今度はナスやリンゴを置いてじっくりと焼き、
ナスのペーストや焼きリンゴを作る。
最小限のものを村の店で買うだけで、
後はいろいろな人から譲ってもらったもので十分に事が足りる。

日がだんだん西に傾き、
太陽がオレンジ色に変わりはじめたころ、
牛や馬たちが野原から帰ってくる。
一日の最後に見る風景が、村の生活の中で一番好きだ。
真夏の日差しが和らいで、
村人たちも軒先のベンチに腰をかけて、
家畜が家の門に入っていくのをおしゃべりをしながら眺めている。
しずかな通りもこの時ばかりは、にぎやかな活気で満ち溢れている。

kalotaszeg2012aug 045

カタリンおばさんの所へいくと、
ちょうど帰ったばかりの牝牛の乳を搾っているところ。
小さな木造の小屋に、まだ夏の原っぱの熱気がこもっているようだ。
「今年は日照りだからね。
いつもより牛乳の量が少ないよ。」
まだ湯気の出ている白い液体のいっぱいになったバケツを家に運ぶと、
そのまま小さなコップに入れて勧められた。
「これが本物のバイオの飲み物よ。」
真っ白い乳がのどを通っていくと、
さわやかな甘さが口の中を広がっていく。
夏の原っぱの太陽の光をあびた牝牛の体の熱が、
そのままに真っ白い乳の温度となって伝わってくるようだ。

ペットボトルいっぱいの生暖かい牛乳を持って、
なんとも幸せな気持ちで
紺色に染まった坂道を下っていく。
豆電球のともる小さな部屋で夕食をとった後、
小さな訪問者が家の庭に来ていた。
ダンナの大きな手にのったハリネズミは、
おそるおそる身を縮めながら、針をいっぱいに逆立てている。
先ほどの牛乳を皿に注いでしばらく放っておくと、
丸い鼻を出して物凄い勢いで舌を動かし
みるみる内にぜんぶ飲み干してしまった。
小さな動物が慣れはじめたと思った頃、
不意にその小さな体は闇の中に姿を消していた。
上には、星がいっぱいにまたたくばかりだった。












スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(8)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2012-08-15_17:39|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
いい夏休みですね~。   日本のお盆休みの
渋滞とは かけ離れた感じです。
暖かい牛乳を飲んだり 村の空気を満喫したり。

村から離れて暮らす子供たちが 休みに
村に帰ってくる と言う風景は そちらでも
ありますか?
こんにちは
またコメント失礼致します。
先日ルーマニアという単語をテレビで聞きました。
悲しいニュースでした。
いつかルーマニアに行きたいなと思っていたのでショックを受けたのですが、このブログを見てほっと気持ちが和らぎました。ありがとうございます。

なんだか日本の田舎暮らしみたいに思いました。
助け合う温かい気持ちが生活を支えてくれるんですね。
ご無沙汰です
久しぶりに見に来たよ☆

絵本の世界にでも入ったように、風や香り、ミルクの温かさまで伝わってきました。

また見に来るね。
身体だけは気をつけてね。

東京のカオより
Re: No title
霧のまちさん、
何もない中ではじめた生活ですが、
最小限度のもので十分やっていけると実感できました。
部屋にはマットレスだけ、
キッチンにはガスとおなべひとつ、お皿とスプーンだけ。
買うものはごくわずか、村で手に入るものだけです。

村に住む子供は少数ですが、
夏休みに帰省してこの間は子供たちが多いです。
日中は暑いので家の中にいますが、
夕暮れ時になると子供たちが集まって遊んでいます。
息子も仲間にいれてもらえ、楽しい夏休みとなったようです。
Re: こんにちは
yuriさん、コメントをありがとうございます。
首都は世界のどこでも同じように危険がありますが、
ルーマニアの地方都市や田舎は
昔の日本のような素朴な雰囲気が残っています。

とある村では、旅人の私たちに
食べ物を包んでくれたり、牛乳をくれたり・・。
人のやさしさに旅の疲れもふっとぶような思いでした。
Re: ご無沙汰です
カオへ、
見にきてくれてありがとう!
東京に行くたびに、
いつもカオたちのことを考えていました。
息子はもう8歳。
また息子さんといっしょに懐かしい町で
いっしょに遊べるかなあ。

カオもご家族の皆さまも
体に気をつけてお過ごしください。
また家に帰ったら、メールするね。
東京のカオへ
メールをしたんだけれど、
アドレスから返送されてしまいます。
もしこのメールを見ていたら、
またお返事をください。

いつか東京に行くので、
そのときに会いたいなと思っています。

タニより
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます