トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

夏の日の遠足

真夏の太陽の下、
村での生活が流れるように過ぎていく。

火をおこして薪で食事をつくり、
たらいを水でいっぱいにして洗濯。
日中はりんごの木の下でマットを引いて、
手仕事をしたり読書をしたり。
夕暮れ時に原っぱから家路につく家畜の群れを見送り、
新鮮な牛乳を求めにご近所へ散歩する。
夜はまたたく星を眺めながら炭火でナスやジャガイモを焼くこともあった。

村での生活が慣れはじめたある日、
その日常から一歩踏み出すために近くの村を目指すことに決めた。
村にはバスも電車も通らないため、
車のない私たちは歩くしか手段がない。
村を流れる小川に沿っていくと、ある村に行き着くという話をきいた。
以前は村の人たちも歩いて近隣の村に行っていたが、
車が普及してからは行き来がとだえ、
しだいに草が繁茂して道も消えてなくなったという。

村はずれのジプシーの家族の住む家をいくつか通り過ぎると、
小さな流れにぶつかった。
石を飛びこえ、向こう岸にたどりつくと、
岩がそりたつ林の中を歩いていた。

kalotaszeg2012aug 112

時折、足元をとげのある雑草がかすめていくけれど、
自然のままの小道は遠足気分をかりたててくれる。

kalotaszeg2012aug 118

雑草の生い茂る道から視界がひらけると、
今度は藁が積みかさねられ、巨大な山となっているのに出会った。
まるで精霊の住処のようだ。

kalotaszeg2012aug 136

きれいに草の刈られた芝生の先には、
青りんごの木が実をいっぱいにつけていた。
落ちたりんごを拾って食べていると、
突然、人の怒鳴り声が落ちてきた。
不安になって近づいていくと、
村のルーマニア人のおじいさんが鎌を手に立っていた。

kalotaszeg2012aug 219

「ああ、ジプシーの子供たちかと思ったよ。
最近、うちの土地にやってきては、りんごをたくさん積んでいくんでね。
そこにプルーンもなっているから、味見をしていきなさい。」
おじいさんは90歳。
ただひとり、この村のはずれまで来ては草を刈っている。
持ち寄ったクッキーをいくつか手渡すと、
美味しそうにほお張りながら語っていた。

気がつくと小川が途絶えたので、
緑色の丘を登っていく。

kalotaszeg2012aug 144

あたりには白樺の林がすずしげな音をたてて風になびいていた。
植物は乾いた大地に根を張り、精一杯に花を咲かせている。
もう少しでも雨が降ったなら、
花も緑も息を吹き返すだろうが、ここ数週間雨が降らない。
緑色の大地に、忽然と茶色い谷が現れた。
美しい自然がここだけ切り取られて、
砂の発掘場となっている。

kalotaszeg2012aug 146

小川沿いの道が見えないので、
仕方なく砂山から県道に入り、小さな村を素通りしてさらに進む。
道なりに植えてあるりんごの木の下で食事を取りながら休憩をして進むけれども、
目指す村は一向に見えてこない。
カロタセグ地方特有の丘の連なる風景では、
村々はまるでひとつの世界のように孤立して存在している。
それなのに、文化を共有して、ひとつの地方として確立しているのが面白い。

後ろから馬車が近づく音が聞こえてくると、
みるみる内にその姿はちかづいてきて、
干草のにおいをいっぱいに運んできた。

kalotaszeg2012aug 165

「ブナ・ズィウア。」とあいさつをすると、
坂の途中でおじさんは馬車をとめて、
後ろに乗った少年が息子に手を差し出した。

kalotaszeg2012aug 167

悠々と丘を登っていく馬車を、追いかけ歩いていると、
今度は少年が馬車を降りて、席を譲ってくれた。
ふわりと体が浮くような感覚で、
馬車がゆっくりと動き出す。
坂を上りつめ、下り道に差しかかると、
馬車の後ろに取り付けてあるブレーキをかける。
馬の蹄の音も、スピードに合わせてだんだんと早まっていく。

丘の斜面が段になっているのは、
昔はどこも畑になって村人たちが働いていたからだそうだ。
今では、ほとんど働き手がいないため、ただの放牧地となっている。
このように孫を畑に連れて行き、
仕事をさせる大人ももうあまり見られない。

夏の香りをいっぱいにのせた馬車が、
にぎやかな音とともに村にたどり着いた。


スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2012-08-26_20:14|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

夏休み
お返しのコメントありがとうございます。気分を害してしまったかととても不安だったので・・・

素敵ですね!本当に・・・
こちらではもう夏休みも終わりの季節です。
私の世界が失ってしまったものをこのブログを見ると取り戻す気がします。
自分が豊かになるような気分です。
お人柄を表すような素敵な文章と、懐かしくも羨ましい世界。
これからも楽しみにしています。

あの藁の山はどういうものなのでしょう?
Re: 夏休み
Yuriさん、たびたびご訪問くださって
うれしく思います。
こちらはやっと雨が降りました。
太陽の光は強いけれど、朝晩は空気が刺すように冷たいです。
空も秋の模様を作っています。
私たちもここ一ヶ月は日常を離れて、
シンプルに生活を楽しめる良い環境に恵まれました。

藁の山は、家畜のえさになる干草ですね。
このようにして乾かしてから、
納屋にしまい、冬になって動物に与えます。
私の故郷はいつも緑があふれる南国ですので、
このような風景がとても珍しいです。
もう日本でも、あまり見られないでしょうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。