トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

カロタセグの結婚式

カタリンおばさんの家は、
一週間前から結婚式の準備で大忙し。
「昔みたいに、自宅で式をするなら最低でも
二週間は準備が必要だけれど。それでも大変よ。」

結婚式は、花婿の実家から幕を開ける。
空高くそびえるモミの木の飾りは、
この村独特の習慣のようだ。
クリスマスツリーを連想させる
華やかな紙の飾りが、祝いの場に彩をそえている。

kalotaszeg2012aug 319

披露宴に招かれる参加客ではなくて、
ただの見学であるからどこに身をおいていいか分からない。
そうしていると、華やかな伝統衣装に身をつつんだ人たちが
お菓子や飲み物をすすめてくれる。
花嫁花婿に一番親しいものが選ばれ、
このように結婚式を先導する役割がまかされる。

kalotaszeg2012aug 316

花婿が家族に感謝の言葉を添えて、
いよいよ花嫁の家にむけて出発。
ヴァイオリンやブラスバンドの演奏が、
晴れ晴れしく青空に響きわたるようだ。

kalotaszeg2012aug 324

音楽のリズムに合わせて、大勢で村を歩いている心地よさに我を忘れて、
ふと見回すと、黒いスーツ姿の男性の群れの中にいた。
花婿の親類を先頭に、次に男性の集団、
それから楽団で、最後に女性たちがつづく。
教会の席のように、男性女性の区別がここでもしっかりとついている。

丘を下って、村の中心を過ぎてから、
小川を渡す橋をわたると、花婿の家と同じようにモミの木の柱が飾ってある家があった。
花婿が到着しても、門はなかなか開かれない。
ここで儀式的に、花婿の付き添いのものが話をつけて、
ようやく中に入ることができた。

kalotaszeg2012aug 332

花嫁の実家の庭では、白樺の木が飾られて林を作っていた。
花婿が玄関の前で花嫁をもらいにきたことを告げると、
家の中から少女が現れた。
「10年前は、こんな感じだったかもしれないけれど、
もっと年のいったのを出してくれ。」
花婿の付き添いが皆の笑いをさそうと、
今度は伝統衣装をきた美しい女性が現れた。
普通ならば、年寄りのおばあさんが出るところなので、
意をつかれたような空気が流れた。
「ちょっと年が多いような気がするが、
いっそ、これで式を挙げてしまうか。」
それでは場が白けてしまうので、
すぐに白い花嫁衣裳を着た若々しい女性が出てきた。
こうして、若い二人はようやく会うことができた。

kalotaszeg2012aug 333

それから、食べ物と飲み物を手におしゃべりがはじまる。
黒い服に身を包んだボルビおばあさんの姿を見つけた。
近くに行くと、親しい笑みをいっぱいに浮かべて私の腕を組んだ。
おしゃべりをしながらも、おばあさんの腕の温かみが伝わってくる。
「うちの孫娘も衣装を着ているわ。」と誇らしげに少女を指さす。
結婚式で伝統衣装を着る人の数も、年々少なくなっているようだ。

花婿の母親のカタリンおばさんが、あたりを見回しながらやって来た。
あなたを探していたのよ、と手を引くようにして、
花嫁の家の中へとうながす。

一室に足を踏みいれると、
思わず歓声を上げてしまうほどの見事な部屋だった。
空色に赤いバラの花の絵付け家具に、
隙間がないほどに壁を彩るカラフルな皿、
そして、天井に届くほど枕が積み上げられた飾りベッド。
これこそ、花嫁の結婚を待ちに待って、
花嫁の母親が、かつては花嫁自身が手作りした嫁入り道具。
何でも買えば手に入る時代では、
想像も及ばないほど価値のある美しい品々。

昔は、この飾りベッドを馬車に乗せて、
結婚式の行列とともに村を回っていたそうだから、
村人全員の注目を浴びる一大事だったに違いない。
その刺繍が美しければ美しいほど、
その品が多く見事であればそれだけ、
花嫁そのものの価値として見られていたという。

kalotaszeg2012aug 342

黒い鳥が向かいあい、
愛の言葉をささやきあう。
結ばれたばかりの若い二人にふさわしい。

kalotaszeg2012aug 341

部屋から出ると、
玄関の前に花嫁が立って家族に向けて
別れの言葉をささげているところだった。
声をふるわせ、とぎれとぎれに聞こえる声は心をうち、
花嫁の涙が人々の間にじわりと伝染していった。

kalotaszeg2012aug 344

カタリンおばさんの刺繍したイーラーショシュのクロスは、
ドーナツ型のお菓子の間を通して巻かれる。
結婚式の晴れの舞台にふさわしい赤い刺繍。
これは、結婚式の後も清潔の部屋に飾られ、
結婚式のシンボルとしてずっと大切に保管される。

kalotaszeg2012aug 349

行列はもと来た道をもどり、
私たちの住む家の横を通って、今度は坂の上の教会へと向かう。
ジンデイと呼ばれる、木の板で敷きつめられた
とんがり屋根の教会はカロタセグの象徴として親しまれている。

kalotaszeg2012aug 359

花嫁の涙もすぐに乾いて、笑顔が灯った。
世にも美しい教会で誓いを交わし、
村人たちに見守られて結ばれる。
二人の幸せを想い、教会を後にした。

kalotaszeg2012aug 365

★トランシルヴァニアの手芸に関しては、
もうひとつのブログにて。
結婚式とイーラーショシュ

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2012-08-31_05:15|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
うわぁ、素晴らしい結婚式ですね~。
でも 結局は花嫁は白のドレス、これは
普通なんですか?
周りの方々のししゅうの衣装が素敵です。
それに あのししゅうの枕をいっぱい積んだ
部屋も昔ながらですね。
見入ってしまうほどの 鮮やかさです。
Re: No title
霧のまちさん、ご無沙汰しています。
私が花嫁だったら、代々受け継いできたあの伝統の衣装を
迷わず選ぶでしょう。
今は世界中どこでも、白いロングドレスが流行で、
残念ながら村の女性たちもそれに憧れるようです。
花婿さんのお母さんは刺繍の研究家で
自身もたくさんの衣装を持っているのですが、
新郎新婦にあわせて普通の服をきていらっしゃいました。
日本でもたぶん、白無垢を着たいという若い女性は少ないのではないでしょうか?

今でも娘はたくさんの手仕事や衣装を受け継ぐ習慣がありますが、
それに誇りを持ってほしいと願います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。