トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ピシュタおじさんとシャーマンの像

ずっと会いたいと願っていた人に会うことができた。

私の人生の中で一番大きな転機となったのが、
クルージでの生活だった。
2000年の秋から半年間、
バベシュ・ボヤイ大学でハンガリー民俗学部の聴講生となった。
この半年間で、数え切れない出会いがあり、
そのひとりがピシュタおじさんでもあった。

大学講師をしていた人に連れられて、
ホレア通りにある古いアパートの一室に入った。
著名な文芸評論家というおじいさんは、
私の手の指の爪を見ると、「なんて趣味の悪い色だ。」と顔を歪めた。
あっけにとられていると、
今度は笑顔で話しはじめる。
話題が豊富で、紙にさまざまなことを書きつけて、
別れるときにはいつも手渡してくれた。
私の研究テーマとなった、
ハンガリーの装飾の本を紹介してくれたのもおじさんだった。
大学の授業より、ある意味で貴重だったかもしれない。

手紙のやりとりが絶え、
気がつくと数年が経っていた。
もう大分高齢のはずなので、達者でいるのかどうかも分からず、
それでいて、確かめるのが怖かった。

今回の滞在中に、クルージ出身の友人におじさんの名を知っているか尋ねてみた。
偶然にも彼女の知り合いで、まだあの場所で住んでいるという。
息子の手をとって、私はホレア通りのアパートの裏側に回り、
おじさんの名前を探した。
時代は変わって、インターホンが門についている。
スーチ・イシュトヴァーンという名前はそこにはなかった。
同じ苗字があったので、思い切って押してみる。
耳が遠かったおじさんのことを思い、
大声で自分の名を告げると、ドアがひらいた。
半信半疑で古い階段を上っていくと、
途中でガウンを着たピシュタおじさんの姿があった。

「孫たちが大きくなったので、
わしたちはこちらに移ったんだよ。」
前よりも小さな空間だが、
おじさんの部屋の空気はそのままだった。
赤い刺繍のクッションがあって、
おじさんの描いた絵が壁にかかっていて、
そして沢山の古い本が並んだ本棚がある。
すべてが昔と同じなのに、
私の横には8歳になった息子がいるのが不思議だ。

kalotaszeg2012aug2 129

おじさんは葉巻に火をつけて、
旨そうに吸いはじめた。
「一日に一本だけ、これを吸うんだよ。」
と最高の贅沢のように嬉しそうに笑う。
ヘリコンというトランシルヴァニアのハンガリー人の文学誌の編集も務め、
記事を書いてきたおじさんは、もう85歳になるという。
「あなたはもう何歳になったかね?」
「34歳です。」と苦笑しながら答えると、
「何だ。もう年寄りだ!」と笑った。

ピシュタおじさんの部屋の中でもひときわ印象的なのは、
おじさん自身の手で描かれた絵画。
赤と白のテーブルクロスに、人物の像が置かれた静物画もあれば、

kalotaszeg2012aug2 147

日本を髣髴とさせる絵もあり、

kalotaszeg2012aug2 148

首から上だけの女性と男性の配置が不思議さを漂わす絵もある。

kalotaszeg2012aug2 145

右上に描かれている不思議な鳥は、
おじさんが生涯ずっと大切にしている宝である。
「あのシャーマンの像は?」と聞くと、
おじさんは瓶の中から例の像を取り出して机の上に置いた。
いつ見ても美しく、引きつけるところのある像である。

「この像が不思議なのは、女性の姿でありながら、
後ろから見ると、腰が微妙にゆがんで見える。つまり、びっこだったということだろう。
その上、鳥の仮面のようなものを注意すると、目の焦点があっていない。
手にはシンバルのような打楽器をもち、
手と足には刺青のようなものさえ見える。
シャーマンの像ではないかと思うんだがね。」

kalotaszeg2012aug2 134

大切なシャーマンの像を、
ふたたび大事そうに瓶の中に入れてふたをした。
「魔力が逃げていかないようにね。」といたずらそうに笑う。

ピシュタおじさんと奥さん、
そして息子といっしょに夢のような時間を過ごし、
しばらく興奮が冷めやらなかった。

kalotaszeg2012aug2 162

クルージ・ナポカの町。
私たちはコロジュヴァールと呼ぶ。
かつてはハンガリー人の町だったのが、
今ではわずかに20%に満たないと聞いている。

kalotaszeg2012aug2 171

おじさんの息子のオットーは言う。
「もうこの町は、僕が子供のころに知っていたものではないよ。」
古きよきコロジュヴァールの姿は、
聖ミハーイ教会とマーチャーシュ王の生家、
そして古いアパートの中に辛うじて残っているのかもしれない。

kalotaszeg2012aug2 196
スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|文化、習慣|2012-09-13_15:23|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

ときどき拝読しています。
大阪での展示会に伺いました。
98年に、卒業後仕事をする前の旅行で東欧を回ったとき、
ルーマニアもよりました(1週間100ドルで)。この街も
寄りました。お写真の教会もみました。当時、ルーマニア
民族主義者の市長が、ベンチも三色に塗って、国旗も
やたら掲げていました。途中、szabadság(ハンガリー語の
新聞)の社屋をみつけ、いただいて帰りました。その後
旧ユーゴ、ハンガリーを経て、スロバキアのシュトロボの
当時の知人(ハンガリー系スロバキア人)のご実家にいったとき、
ご家族にその新聞をさしあげたら、うれしそうでした。
でも、その人たちも、クルージ・ナポカにいったのか、と
いわれました。たぶん、自分たちの街をパルカニと
ハンガリー語で呼びたいかもしれないけれど、第一には
シュトロボといわれ、文通した手紙の住所もそうだった
から、現にそこでそう呼ばれているなら、そう呼ぼうと
されたのかもしれません。ハンガリー国外にいる
ハンガリー人の思いとは、いろいろあるのでしょう。
ルーマニアはその時だけ、ハンガリーは2001年以来
いっておらず、文通もしなくなったのですが、
今でもよく覚えていることです。
Re: ときどき拝読しています。
Hさん、こんにちは。
去年、大阪でお会いしてからもう1年も経つのですが、
ブログを訪問くださってどうもありがとうございます。

私がはじめてトランシルヴァニアに、
クルージの町に来たのは99年の夏でした。
ハンガリー人の先生と一週間語学を勉強したのですが、
町にはルーマニア国旗がひらめき、異様な景観でした。
あれから時代は変わり、同じヨーロッパ連合の国となって、
国境も以前ほどの意味をなさないようにはなりましたが、
それでもなお少数民族の人々は、
時代の波に翻弄されている感じがあります。
母国語で生活をしながら、
自分たちの歴史に誇りをもち生きていくことが、
時にいかに困難なことであるかが思い知らされます。

ハンガリー語での土地の呼び名は、
法律で少数民族の言語で表記することが決まっていますが、
郵便物はその国の言語で書くことになっているようです。
社会主義時代には、人の名前すらも、
ルーマニア語化させられていました。
普段呼び親しんだ名前ですら、公式な名前と違うというのは
皮肉なことだと思います。
国のこうした強引な政策がかえって
人々の心を傷つけ、憎しみを生むことを忘れてはならないと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。