トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トランシルヴァニアのきのこ博士

息子が昼寝から目覚めるのを待ってから、旦那の知人を訪ねるために家を出た。
夕方なのに生暖かい風が吹いて、もう季節は夏のようだ。トランシルヴァニアの春は短く、木々はあっという間に緑が生い茂る。
散歩のようなゆっくりとした歩みで、市場のほうへ向かった。

通りの名前を確認すべく、名刺を取り出す。
ジグモンド・ジューズー、ブカレスト大学講師とある。旦那は、この人物から以前トランシルヴァニアのキノコ専門雑誌に記事を書くという依頼を受けた。記事といっても、有岡利幸著の「松茸」という本の紹介をするというものだった。それで、私が内容を訳して伝えて書き上げた。そして、その記事の報酬を渡したいという話だった。

彼はトランシルヴァニアのキノコ研究会の会長であるそうだが、それもハンガリー系の会である。別にまたルーマニア人のグループもあるのだろうか。それだけ大きな規模なのか知れないが、年に一度カラー雑誌を出すくらいだから活動はきっと盛んなのだろう。
それにしても、日本語の本の紹介をしても誰も手に入れられないし、読める者もいないだろう。ただ、日本のキノコに興味があっただけであろうが。

私たちは道行く人に通りの名前を告げて聞いてみた。
おばさんが「聞いたことのある名前だわ。」と言いながらも思い浮かばないらしく、しばらく行ってから引き返してここだと教えてくれた。

通りは市場のちょうど裏のほうである。
どれも共産主義時代に建てられた、社宅のような無機質な建物・・・。大学講師にしては質素な環境だ。やがて番号を探し当て、インターホンを押す。

ジューズーは、旦那と知り合ってすぐにタメ口で話してくれといった。
ハンガリー語の難しいところ、テゲゼーシュというものだ。年齢や身分を乗り越えて、親しくなろうとするときに年上のものがテゲゼーシュで話そうというのが一般的である。
それでも、なかなかこれを見極めるのが難しいところ。本当にタメ口で話して、失礼な場合もあるからだ。

彼はそのキノコ会の会長であるらしく、他にも言語保存の会、遊びの会や天体の会も受け持っていると言う。活動的な人らしい。専門は良く知らないが、ハンガリー語学科の学科長らしいから言語学か何かだろう。キノコを研究しているのに、生物学の方面でないのがまた面白い。

ベルを押すと、年は50前後くらいの男性が出てきた。足に松葉杖をついていた。最近怪我をしたらしい。部屋に通されると、中は本でいっぱいである。民俗学関係、きのこの本、ハンガリー語関係の本・・・新しく出たばかりの本をいくつか見せてくれた。

シェプシセントジュジで発行される月刊雑誌「セーケイの地」には、彼の記事も載っていた。「名前と星、伝説とジョーク、遊びときのこ」という対話のものと、「セーケイの伝統におけるクチマゴンバ(というキノコの種類らしい)」。この本はまだ出たばかりなのにもう絶版らしいので、借りることにした。

彼のキノココレクションを見せてもらう。
まずキノコのチェス。これは、オラデアで誰かから譲ってもらったものらしい。
粘土で作ったキノコはきれいに色が塗られ、ニスで光っている。歩兵は、マッシュルームのような丸いキノコ。クィーンは先っぽに黄色い点のついた白くて長いキノコ。キングは皇帝のキノコと呼ばれる赤い帽子をかぶった、とりわけ丹念に彫刻のされたものである。これでチェスをする所を想像しただけでも面白い。

gomba 002_convert_20080525051640

それから、退屈していた息子にキノコのネズミをプレゼントしてくれた。
触ると固いが表面にキノコがついているのだろう。ヒゲには、動物の毛のようなものがついている。愛嬌のある顔かたち。

gomba 010_convert_20080525050945

それからキノコのビリヤード。
これは意外と一般的なものらしい。旦那も昔これで遊んだ記憶があるそうだ。
ジューズーが手本を見せてくれた。赤いボールを前に、白を後ろに置く。そのまっすぐ正面には赤いキノコが配置されている。

gomba 006_convert_20080525053014

このキノコに当てないようにして、ボールをさらに後ろの様々な穴に入れることで点数が決まる。なかなか難しそうだが、息子も挑戦。

gomba 008_convert_20080525052408

キノコ模様のイースターエッグは、彼が近所のおばあちゃんからもらったもの。
ジメシュのモチーフらしい。イースターはキリスト教以前の習慣であるから、異教徒時代の古いモチーフが描かれると言われる。キノコと民間信仰の結びつきが匂ってくるようだ。

gomba 007_convert_20080525052608

これは、日本でもおなじみ万年茸である。
中国では、不老不死の薬として珍重されたそうだ。ちなみにハンガリー後では「魔女のスプーン」と言われる。面白い名前だ。

gomba 004_convert_20080525051117

私たちもプレゼントをちゃんと用意してきた。
蚤の市で手に入れたばかりの、キノコが両端にクロスステッチされているロングクロス。キノコはオレンジ色と緑色の二種類が刺しゅうされていて、私には判りかねるがきっと彼なら特定できるであろう。残念ながら写真に保存しておくのを忘れてしまった。どうやらプレゼントは喜んでもらえたようす。

旦那は北欧のタペストリーなどに赤に白の点々のあるキノコが良く描かれていること、古いドイツの新年のポストカードにもそれが出現することを話した。なぜかこの毒キノコは、クリスマスを象徴するシンボルとなっているが、夏に見られるキノコである。白い点々が雪を思わせるからであろうか・・。

するとジューズーがキノコの置物を見せてくれた。
これは、クリスマスツリーの先にあった飾りだったものらしい。ここでもクリスマス=キノコである。謎は深まるばかり・・・。

プレゼントのお礼にと、キノコのタペストリーを取り出して一つ選ぶようにと言われた。
ブダペストのお土産やさんでいつか見たことがある。キノコから帽子やクロスなどを作る技術は、トランシルヴァニアのコロンドという村だけでしか見られないと話した。こちらは彼が特別注文したらしく、お土産ものほどの派手さはなく、ナチュラルな風合いだ。
まるで木目のような模様が見られ、カエデの葉っぱが革細工のように圧して模様が作られている。触ってみると、フワフワと柔らかい。もちも良いそうだが、水にだけは気をつけるようにといわれた。匂いをかいで見ると、なるほど正真正銘キノコの匂いである。

gomba 011_convert_20080525051950

しばらくチェスなどで遊んでから、先生宅を後にした。
足の怪我が治ったら、いつかキノコ狩りに連れて行ってもらうようお願いしようと思う。トランシルヴァニアのキノコの世界に少し興味を持った。

*「王様のキノコ」はタマゴタケと呼ばれるそうです。
 ご指摘をありがとうございました。
 日本では、馴染みのなかったキノコの名前、今はハンガリー語のほうが名前を良く知っています。











スポンサーサイト

Theme:東欧
Genre:海外情報

comments(7)|trackback(0)|文化、習慣|2008-05-25_05:40|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

きのこのタペストリーって、どんなきのこからどうやって作るんですか?大きさはどれくらい?
写真からでは精巧な細工の様子しかうかがい知ることができませんが。。
もせてさん、失礼しました!

ハンガリー語ではTAPLO GOMBAといいます。
このキノコは、サルノコシカケの一種のようです。大きさは20~30cmくらい、厚さは20cmほどの大きなキノコらしいです。何でも記録に残っている最大のものは、5kgもあったそうです。

作り方は、まずキノコを層に分けてから、キノコを伸ばし、そして彫刻をするそうです。
他にも、火をおこすのにも使われていたそうで、写真の分かりやすいHPを見つけましたので
ご覧ください。
http://www.survival.hu/mambo/content/view/219/50/




今日、おばちゃんがうちに来たよ。
わたしは仕事で会えなかったけど。

チェスかわいいね~。
キノコグッズもぜひ仕入れてください。
さやかちゃんお久しぶり★
お元気ですか?

キノコグッズも集めて、特集します。
ショップの方も、がんばってます。
きのこのビリヤードってあるんだね。
おもしろそう!
いつも楽しいブログをありがとう。
ショップも頑張ってるようで、気長に続けて下さい。
想像をはるかに超えたきのこの使い方にびっくり。どうしてこんな作り方を思いついたのか、訳が分かりません。勉強になります。
今度見つけたらやってみます、と言いたいところですが、砕いてたたき延ばしたところで疲れちゃいそうです。。
所変われば、モノにたいする発想も違うのですね。これが異文化の面白いところです。

これからもキノコ関連の記事も書きます。
もうすぐキノコシーズンになりますから。
あのいろいろな色と形をした
キノコを食べるのはまだちょっと抵抗があります・・・。