トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

秋の色彩

今年は秋が長く続いている。
去年もおととしも、10月の半ばには初雪が見られたのに、
今年はまだ見られない。
ひとつの季節が長く続くと、
あたかも時が足踏みをして止まってしまったような感覚に陥る。
それでも、確実に時は進みゆき、
小さな虫たちは地中の奥深くもぐって春を待ち、
木々はその葉を黄色く染め、ひとつひとつ地上に落としていく。

森の中へひとたび足を踏み入れると、
そんな自然の息づかいが肌で感じられてくる。
野鳥たちは暖かい地方へすでに飛び立っていき、
森の中はしんと静まり返っている。
けれども、太陽の光に照らされた緑や黄色の葉が、
その色彩で音色を奏でているかのような華やかさを投げかけている。

oszikep.jpg

落ち葉のじゅうたんに腰を下ろし、
切り株に背をもたらせる。
かばんから手仕事を出して、縫っていると、
足腰から地面の冷たさがだんだんと伝わってくるようだ。
息子はというと、落ち葉の中から小さな木の実を見つけては
大切そうにポケットにしまいこんでいる。

IMG_8846.jpg

薄暗い雑木林から、今度は幹の太いがっしりした木々が並び立つ林にやってきた。
ここでは太陽の光が明るく差しこみ、広々とした空間がたっぷりある。
今年の秋の市で、お留守番をしたご褒美に手に入れた弓矢。
ようやく試すときがやってきた。
静けさを裂くように、ヒュンと矢を飛ばす音が鳴り響いた。

IMG_8887.jpg

ここに来て驚いたのは、自然はみなで共有するという意識が強いこと。
森にも持ち主がいるのだろうが、普通に誰でも入り、
それぞれの季節を楽しむことができる。
ここはビーロー婦人の広場と呼ばれるところ。
薄暗い森の中になじんだ目が、
青く吸い込まれるような空の色をとりわけまぶしく感じる。

IMG_8883.jpg

昔は何もない原っぱだったのが、やがて種がこちら側にも運ばれて芽吹き、
いまや低木となった。
ヘーゼルナッツの生る木は、ちょうど子どもが木登りするのにいい高さ。
緑から黄色、そして茶色へと色を変えていく葉のなかに埋もた姿は、
あたかも森の妖精のよう。
息子の子どもや孫たちの時代になって、
いつかここも、あの森と同じようになるのだろうか。

oszikep2.jpg

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|自然、動物|2012-11-28_20:51|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
まだ 凍て付く前のきれいな秋の日、きれいですね~。
ヘーゼルナッツの木があるんですか?
息子さんも すっかり美しい風景の中で 馴染んでいますね。
将来 どんな大人になって行くのか、今の過ごし方が
大きな糧となるのは 間違いありません。
すぐ近くなんですか?  そこは。
Re: No title
今年は、不思議なほど秋が長いです。
急に冷え込むこともあまりなかったせいか、
今年は季節の移り変わりにすこし鈍感だったような気がします。
黄色い落ち葉が山のように散る森にも毎年行くのに、
気がつくとそれも終わってしまいました。
ヘーゼルナッツは日本ではなじみがありませんが、
こちらではとても身近な木の実です。
あの山並みにくねった形の葉っぱがそうだと思いますが・・。
こちらは街路樹で植えられることもあります。

ここの森は、今の家からも新しい家からも近くて、
ほんの20分ほどで行けます。
季節の流れを感じさせてくれる所がたくさん残っていってほしいです。


No title
真っ青な空!
秋って色彩が豊かだから本当に好きです!
本当に森の妖精みたいです。
葉っぱに紛れてかくれんぼですね。
写真からは黄色い葉っぱだけしか見つからなかったのですが、燃えるように真っ赤なもみじはないのですか?
こちらでは日本海側で雪が降るそうです。

割り箸銃、そちらでも遊ばれているんですね!
Re: No title
Yuriさん、いつもどうもありがとうございます。
こちらは北国なので、街路樹もすべて黄色くなるのに驚きました。
日本の紅葉のような木はないので、赤はあまり見られないですが、
あの微妙な黄色い混ざりあいが美しいです。
この頃はまだ10月の半ばくらいだったので、今はもう葉はすべて落ちて
ただ冬が来るのを待っています。
まだ雪が降る気配は見られません。

この秋のお土産は木製の弓矢だったので、ダンナが一生懸命探し回りました。
本来おもちゃはあまりない市場だったので、見つけたときは本当にうれしかったです。
子供はこういうおもちゃが好きですよね。