トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

ふるさとの青い空

遠い遠い北の国からきた私たちをむかえてくれたのは、
限りなく青い空だった。

風はまだ冷たいものの、
太陽の光があたたかく包みこむ。
波の音に耳をすますと、
心地よいリズムが体の中に染み入り、
いつしかその遥かな海そのものと一体化していくようだ。
思いきり、潮のかおりを吸いこんだ。

IMG_1168.jpg

もう12月だというのに、
ひまわりの花びらが黄色い色を残したまま、立ち枯れている。
畑道をとおって、親戚のおばさんの所へとぬけていく散歩道。

「まあ、帰ってきたの。」
やさしい笑顔をむけるおばさんたち。
「今年は不作だったけれど、
あなたのために手をつけずにとっておいたのよ。」
ふるさとで一番に食べる味は、子みかんだった。
息子は木に登って、お気に入りの場所を見つけたようだ。
気持ちよさそうに寝そべりながら、みかんに手をのばす。

IMG_0992.jpg

窓を開け放した縁側に、惜しげもなく太陽の恵みがふりそそぐ。
お手製の漬物をつまみながら、お茶をいただいていた。
するとお隣さんが畑から、大きな大きな大根を引きぬいて持ってきてくれた。
「珍しいもんか、分からんけど。」
青々とした葉をつけた大根は、先のほうは雪のように白い。
魚やイカの味をよくしみ込ませて、
ほおばる大根の甘く美味しいこと。

やっとのことで一本を肩にかついで、運んでいった。
道すがら、ふと考える。
あの細い体のおばさんは、一度に3本も引き抜いてきてくれた。
どこにあんな力があるのだろう。

IMG_0696.jpg

二人目の子供が今、胎内にいる。
親戚総動員で、観音様参りにでかけた。
私が母のお腹にいたときも、
母が祖母の中にいたときも、
ずっと変わらずに続けられてきた行事のようだ。
私たちはこの地に生まれ、周りでも数知れず
生命の誕生を目にしてきた。
それでも、自分の知らないところで
ひそかに祈り、誕生を願ってきた人たちがこんなにいるということ。

私は、皆といっしょに祈りをこめた。
念仏がひびき、体の中の何かを呼び覚ますような力強い音を聞いたとき、
何か大きな力を授かったように感じた。
これから待ち受けるさまざまな困難に立ち向かう自覚なのかもしれない。

3枚のお札の中に、小さな生命のような米粒があった。
おばさんたちは、大事な薬を渡すようにして言う。
「これを、飲むのを忘れないでね。」
その乾いた小さな粒は、私の体に呑みこまれていった。

IMG_1288.jpg

ふるさとでの日々は、まるで手の間からこぼれ落ちていく砂のように、
あっという間に過ぎていった。

飛行機に乗る前に、最後にひと目見ようと海へと向かった。
襲いかかってきそうな、荒々しい波が目の前にあった。
幾度も打ち寄せて、そして帰っていく波のように、
私たちもこの地に見えない力で引き寄せられ、
そして離れていかなければならない。

IMG_1382.jpg

日本で向かえた新年。
今年はどんな出会い、そして出来事が待っているのだろうか。

IMG_1044.jpg
スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|その他|2013-01-24_13:31|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
日本で暮れから新年を迎えられ 新たな気分にも浸れましたね。  遠い地だから 何かにつけて大変。
九州の美しい海辺、私の住まいの近くも そんな波の
寄せる海岸ですよ。
そして お二人目ですか?  おめでとうございます。
元気なお子様が生まれるといいですね~。
息子さんは 二つの国を行き来されてますが
環境や風習の違いを 子供なりに吸収して
おおきな糧になって行くんでしょうね。
Re: No title
霧のまちさんのお住まいの町にも
同じ波が流れついているのですね。
トランシルヴァニアの辺りは高原地帯なので、
海はもちろん大きな河川もなく、あまり水を感じることができません。
だから、なおさら波の音や水の気配が新鮮に感じられたのかもしれません。
日本のお正月はゆっくりしていて、快適でした。

息子は二つの国籍をもって生まれてきたので、
二つ、それ以上の文化を吸収して育ってほしいと思います。
今回は日本で何を見て、何を感じたのでしょうか。
年末年始の時期だったので、商業的に多忙な部分には少し疲れてしまいましたが、
ルーマニアと日本のよいバランスを身につけてほしいと思います。