トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

美しい畑の小さな村-ツォーファルバ

土曜日の午後、お姑さんが帰るなり一緒に村に行くように勧めた。
村とはお姑さんの故郷の村のことで、今はおばあちゃんが住んでいる。もう高齢で体も弱っているので、誰かが必ずそばについている。今日は旦那が行っていた。帰りも車で送ってもらえるということだったので、息子を起こして車に乗り込んだ。

町を出ると、セープメズー(美しい畑)と呼ばれるコヴァスナ県の平野が広がる。
そこでは土色と麦畑の黄緑、ジャガイモ畑の深い緑が交互にはっきりとした縞模様を描きだしていた。どこまでも畑が続く。

やっと見えてきた村はレーチという村。
村はずれには白樺の林と湖があって、ここ周辺の保養地となっている。この次の村がツォーファルバ、おばあちゃんの住む村である。

人口はおよそ200人の小さな村だ。
名前の由来はチアファルバ(チアの村)らしく、チアさんという人の住む村ということだ。実際チアという名前の人も多く住んでいて、親戚もそうであると言う。
この小さな村は、かの有名なチャウセスク政権の時代に村を消滅させようとする計画もあったらしい。その頃ハンガリー系の住民に対する圧迫が激しかったため、このような小さな村は必要がないという意見であった。
しかし幸運にもチャウセスク政権は崩壊し、この村は生存した。

村には一本の大通りがあって、ほとんどの家がここに面している。
2、3キロでもう村はずれだ。村の中心部にはプロテスタント教会があって、文化会館と呼ばれる公民館のようなものがある。小さなお店も二つある。それだけである。

おばあちゃんの家は村のほぼ中心に位置する。
家の前で止まると、まず門をあけて車を通さなければならない。そして中に入ると、犬たちがお出迎えする。旦那も外に出ていて、私たちの姿を確認すると驚いたようだ。

冬の間は木の枝ばかりであった庭も、今は華やかである。
門の前には薄紫色のライラックの花が満開で、心地よい香りを運んでくれる。

5.18 637

おばあちゃんは冬の間はほとんど部屋で寝たきりで、体の不具合を訴えていたのだが、春になり美しい季節が訪れると大分体調もよいようだ。家の縁側のようなところのベンチに腰掛け、通りを行き交う人々を眺めていた。息子がやってくると喜んで、笑顔がこぼれる。これが最高の贈り物かもしれない。

5.18 588

おばあちゃんは、二年前におじいちゃんを亡くしてから元気を失っていってしまった。
話をしていても不意におじいちゃんのことが思い出され、涙を流しながら訴える。「可哀想にバラバーシュは、働きすぎたから・・・コレクティブ(社会主義時代の共同労働のこと)で仕事をしすぎたから、早く死ぬことになってしまったのよ。」
社会主義では個人の資産はすべて国に帰してしまったため、いくら働いても変わらない。まじめに働くものが馬鹿をみるということだ。おじいちゃんの誠実な人柄からは、その体つきからは仕事のやり方が目に見えるようだった。不平不満を言わず静かに働き、たまにセーケイ人らしい冗談を言う。
セーケイらしいとは、とんちが利くというか、ちょっとひねったものの言い方をすることだ。しばらく考えてみて、あっそういうことかと思うことがよくあった。

そして社会主義が崩壊して、個人の資産が返されることになったのだが・・・それでもおばちゃんは「村はずれの森の土地は、昔私たちのものではなかったものよ。本当はもっといい場所にあったのだから。」と、今でも悔しがっている。
もう20年近くにもなるのだが、今になってやっと土地を還してもらったという人もいる。

昔おじいちゃんが生きていた頃は、たくさんの家畜で生き生きとしていた納屋もなんだか活気がない。今はニワトリとアヒルがえさをつついているだけである。

りんごやプルーンの花も咲き終わり、やがてラズベリーや赤スグリ、ブラックベリーが実をつけるだろう。赤スグリからはワインを作る。甘酸っぱくて美味しい、まるでカクテルのような味である。
以前、茎を食べると紹介したルバーブも生えている。

cofaluba 007_convert_20080529073429

息子は相変わらず花摘みに夢中。
お気に入りは、このアールバ・チハーニである。農業をする人にとっては雑草でも、彼にとっては美しい花に変わりない。

5.18 631

ちなみにこちらが普通のチハーニ。
息子がトランシルヴァニアに来てすぐに覚えた草で、触ると小さなとげが刺さってものすごく痛い。皮膚が赤くなるほどである。多分刺さないチハーニだから、なおさらアールバ・チハーニが好きなのだろう。でもこの葉っぱ、煮たら食べられるのです。

cofaluba 016_convert_20080529075009

納屋の裏手には、大きな畑が広がる。

cofaluba 015_convert_20080529075725

私からすると大きな土地でも、これはほんの一部に過ぎない。まだ村の外には何箇所も畑があるのだが、働く人がいないので人に貸しているという。私も実はまだ見たことがない。

この畑、ほとんどがジャガイモで、他にはにんじん、レタス、タマネギ、トマト、とうもろこし・・・なんと日本から種を持ってきてまいた春菊やにら、大根やしそ、ごぼうも芽を出している。特に春菊は育ちがよく、次から次に葉が出ている。驚いた。

5.18 626

残念ながら水菜だけは芽が出なかったようだ。

しばらく雑草を引き抜いたり、ジャガイモにつく害虫を取ったりして畑の仕事に精を出した。すると町で一日中家の中に閉じこもり、パソコンをいじったりしている一種のストレスがふっと体から抜けていくようで、すがすがしい気持ちだ。何も考えず、日光の下でただ黙々と手を動かしているだけで疲労は感じない。こんな風に、仕事場の横にこんな環境があったら素晴らしいだろうなと思う。全く別の労働なのだ。肉体的には疲れても、不思議と心は休んでいる。

そして畑から家に戻る途中、傾いたオレンジ色の日差しの中で、フワフワと目の前に浮かんでいるものを見た。タンポポの綿毛とも違う。見上げると、ある大木の枝に花が開いて、そこから綿毛が飛び出している。フーズファと呼ばれる木のようだ。なんとも幻想的な風景。

cofaluba 014

家から出て、通りの電柱に巣を張ったコウノトリを見に行くことにした。
春になるとやってきて子育てをし、また秋にはアフリカに渡って冬を越す渡り鳥だ。まだ子供は見られず、大きなコウノトリが一羽だけ居心地のよさそうな巣どっしりと座っていた。
「コウノトリさん、足が血で赤くなっているよ。
 トルコ人の子供が切ってしまった。ハンガリー人の子供が治してあげた。」
と幼稚園で習った歌を息子が歌い始めた。
 
子供をもたらすと言われる、このコウノトリの子育てが楽しみである。

cofaluba 001_convert_20080529074228

cofaluba 003_convert_20080529073934

*おばあちゃんの家にあった飾り。
 ドイリーをこんな風に飾るのも素敵です。

cofaluba 011_convert_20080529074850















スポンサーサイト

Theme:東欧
Genre:海外情報

comments(1)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2008-05-29_07:42|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです