トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

ヘレンド・カフェの女性

クリスマスを過ぎ、年の暮れが近づいたころ、
日本の実家にプレゼントが届いた。
大きな白い箱を開けると、
中からたくさんのケーキが出てきた。
四国のフルーツをふんだんに使ったシフォンケーキ。

トランシルヴァニアで食べるどっしりと重く甘いケーキとは違い、
やさしく溶けるような口当たりで
ほんのりとした甘さと果物の香りが広がった。

IMG_0933.jpg

受話器を手にして、四国へとつながるのを待つ。
送り主の方は、手紙やメールで何度かやり取りはさせてもらったものの、
声を聴くのははじめて。
ちょうど、最後のお客さまを見送り、
年の暮れの片付けをされているころだろうか。

やがて、受話器から弾けるような声がこぼれた。
あまりに元気があふれる様子だったので、
気後れするように、それでも、
荷物が届いたことのお礼と、お店の邪魔にならない時間であるかを尋ねた。

ようやく今年一年のお仕事を終えられたこと、
そして、東京から故郷の高松に引っ越され、
お一人で二人の子どもさんを育てながら
喫茶店を20年も経営されていらしゃること、
ルーマニアを旅行して周られたお話・・・。
いろいろな話題に花が咲いた。

ハンガリーやルーマニアの民俗衣装に身をつつみ、
ハンガリーの高級磁器へレンドが輝く店内で、
お菓子やお食事をお出しになる姿を目に浮かべた。
いつか、四国のハンガリー喫茶店へ足を運びたいと思う。

瀬戸内海から程近く、香川大学のすぐ正面にある素敵な喫茶店。
カフェハウス・へレンドは、
赤、白、緑のハンガリーのトリコロールが目印です。
四国のフルーツをふんだんに使った無添加のシフォンケーキは、
全国発送されています。

logo.jpg


cafehouse HEREND
香川県高松市番町4-9-14田所ビル1F
087-861-1223
スポンサーサイト

Theme:スイーツ
Genre:グルメ

comments(2)|trackback(0)|その他|2013-01-29_17:53|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title ルーマニアは寒いでしょうか?
谷崎様
無事ルーマニアに帰れたのですね。
久し振りにトランシルバニアを読ませていたざき、私の事を書いて下さったのを見てビックリしています。
あれから早一か月が過ぎました。始めてのお電話なのにもう何年来の知り合いの様に思えました。
このたびはトラブルに会いながら無事よく帰れましたね。
日本のお正月を息子さんはきっといい思い出になったことでしょうね。
今年は家族が増えるので楽しみですね。
しばらくはお仕事出来ませんが、トランシルバニアの生活を知らせて下さい。
私も若い時にルーマニアに憧れました。
そして二年前にルーマニアを旅したことが時々思い出します。
素朴で人情の厚い所が大好きです。
そんな所で根を下して生活されている谷崎さん、不自由な所も多々有るかと思いますが頑張って下さい。遥か高松より応援しています。

松田恵美子
Re: No title ルーマニアは寒いでしょうか?
松田恵美子さま、

記事をごらん頂き、コメントまでどうもありがとうございました。
溌剌として、温かなお声がまだ耳に残っています。
20年も高松でお店を続けられるということ、
お二人の子どもさんを育てられたこと、
私にとっても大きな目標です。
いつか高松に立ち寄り、お店でお茶をしながら、
ハンガリーやルーマニアの旅の話、
手仕事のことをお話できるのを楽しみにしています。
瀬戸内海の穏やかな海に抱かれる町は、
さぞ美しいのだろうと思いをはせています。

これからも、私の好きなトランシルヴァニアの魅力をお伝えできたらと思います。
ここで二人の子どもを育てることができて良かったと言える日がくるように、
頑張りたいと思います。

谷崎 聖子