トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

プレッツェルの新しい一員

一昨年の夏から一年間、ルーマニアで生活をしていた友人夫妻が
日本に帰ってふたたび生活をはじめた。
背中にバックパックを背負い、
西へ東へと身軽に動きまわって旅行を楽しむ姿は、
いつも生き生きとしていた。

何度かお邪魔したクルージ・ナポカの住まいは、
外の中庭にバラが咲き、猫たちが集い、
内はヨーロッパあちこちで集めた民芸品で美しく彩られていた。
居心地のよかったルーマニアを離れるのは、
きっと後ろ髪ひかれる思いであったに違いない。

やがて関東のある町に望み通りの素敵な住まいを見つけ、
自宅兼アトリエとして生活をはじめた。
庭には季節折々のハーブが花を咲かせ、
ヨーロッパの香りを漂わせるこだわりの素材でできた二階建ての家。

子ども服のデザイナーの哲哉さん、
ぬいぐるみ作家の由希さんのお仕事も
カルビーのエプロンチョ、きのこの森のシマリスの子ども番組など
目覚しい活躍をつづけている。

その美しい家に、昨年末に赤ちゃんが誕生した。
お正月が明けてから、息子を連れてお宅をお邪魔することにした。
リビングでは、エディット・ピアフが歌うシャンソンのメロディーが響き、
小さな赤ちゃんがいるとは思われない、ゆるやかな時間が流れていた。

「二階に上がってみますか?」
そう声をかけられて、忍び足で階段をゆっくりと上る。
昼間の太陽が天窓からあかるく照らす元に、
ちいさな赤ちゃんがすやすやと眠っていた。
そばでは白くまのBooが、
お母さんの代わりのようにしてじっと見守っている。

IMG_1459.jpg

テーブルにお昼を広げてゆっくりとお食事を楽しみ、
しばらくして、赤ちゃんの鳴き声が聞こえてきた。
哲哉さんが赤ちゃんを、息子が手にBooを抱えて部屋へ降りてきた。
ちいさな体に力をいっぱいにみなぎらせ、
声をはり上げて自分の存在をみなに知らせる。
あまりに小さな体が珍しくて、
周りの目は釘付けになってしまう。

その瞳は、まだ形を見分けることが出来ないはずなのに、
何かを伝えたくてたまらないように父親を見上げる。
赤ちゃんを息子に向かいあわせて、
「いつかルーマニアに行ったら、
いっしょに遊んでくれる?」と尋ねた。
その様子に、息子の顔にも思わず微笑みがこぼれる。

IMG_1471.jpg

その部屋の空気を楽しむかのように和やかだった赤ちゃんが、
少しずつぐずり始めた。
お腹がすいた赤ちゃんの鳴き声にせかされるように、
ミルクの用意をする由希さん。
先ほど入れてもらったお茶のせいでお湯がなくなったのが、心苦しい。
ついに食べ物ができると、
赤ちゃんはお母さんに抱かれて勢いよく飲みはじめる。

IMG_1487.jpg

楽しく生きていくように、と願いを込めてつけられた楽哉くん。
その名のとおりに、両親の手を引かれて、
抱えきれないほどの楽しみを見つけ、拾っていくだろう。

IMG_1491.jpg

一年間の旅の生活の思い出がこもったこの部屋で大きくなり、
いつか両親もびっくりするような物を生み出して、
この空間に新たな色をつけていくに違いない。

IMG_1495.jpg

新しい家族がふえて、
プレッツェルのふたりの活動もさらに
豊かなものになるだろう。

kaido.jpg

*Pretzelの旅日記はこちらです。
Pretzel
スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|その他|2013-02-10_20:51|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
奥様のルームシューズ(?)にくぎ付けです[腟究��絖�:v-11]
これってルーマニアのですか?
ルーマニアの方は皆こういうのをお履きになっているのですか??
日本でも買えますか??
Re: No title
はじめまして、Lakkaさん。
プレッツェルのおふたりは、ヨーロッパ中を買い付けの旅に出ていらしたので、
どこのものかはちょっと分かりません。
ルーマニアでは、あまり毛糸のルームシューズははかないですね。