トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

新しい我が家と城砦教会

2月のはじめ、
謝肉祭で冬を埋葬してからというもの、
めまぐるしく天気が変わる。
大地が雪で白く覆われたかと思うと、
次の日には太陽の光がすべてを溶かしてしまう。
雪解けの水が大地をぬらしては、
地中ふかくで眠っている生命に
春が近づいていることを知らせているのだろう。

締め切られた扉とともに
ただ冬が過ぎるのをじっと待っていた我が家。
今にもくずれそうな木の門が辛うじて守っている。
太陽の光があたたかい日曜日の午後。
私たちは、新しい我が家へと向かった。

IMG_2637.jpg

ハンガリー西部に一家で移住をした友人家族も、
来年の夏にはこちらに帰ってくるという嬉しい知らせ。
自由を愛し、おおらかに生きている家族にとって、
西側の空気はどうやら居心地がよくなかったようだ。
幼稚園時代からの親友のしばらくの里帰りに、息子も大喜び。
やがて夫婦には、4人目の子どもが誕生する。

IMG_2627.jpg

我が家の自慢の、ライラックの大木。
5月になると、うす紫や白の花をいっぱいにつけて、
甘くやさしい香りを届けてくれるだろう。

IMG_2631.jpg

庭は細長く、丘の斜面にそってつづいている。
家の影になっている部分はまだ足がすっぽり埋まるほど雪が残っているが、
斜面の上の方は太陽の光ですっかり溶けてしまった。
何もない原っぱでも、子どもたちの手にかかれば
最高の遊び場に変身する。

IMG_2640.jpg

遠くを見渡そうと丘を登っていくと、
お隣りのおばあさんも自分の庭を歩いてくる。
挨拶を交わすと、
「このあたりに、雪の花が埋まっているはずなの。
もうそろそろ出てきてもいい頃なんだけれど。」
と雪の積もったあたりを探している。
「雪の花」とは、ここで一番はじめに花を咲かせる、
白い花びらが可憐な小さな花。
春を告げる花として愛されている。

「遠くをご覧なさい。丘のあちら側はまだ雪がいっぱい残っているでしょう。
こちら側は南向きだから、きっと春がくるのも早いはずね。」
しばらくおしゃべりをした後、また家の方に向かって歩いていった。

庭の端には、墓石が立っている。
かつての家の持ち主が埋まっているらしい。
その囲いに腰を下ろして、美しい眺めを足元に収めながら、
かばんから手仕事を取り出した。
太陽の光があたたかく、
外にこれほど長く座っていられることが心地よくて仕方がない。
「石に座ると、腰が冷えるって。」とラツィおじさんの気遣いを伝えてくれる息子。
やがて、小さな枕を手に持ってあがって来てくれた。

IMG_2643.jpg

しばらく刺繍をしていたものの、
やがて太陽が雲間に隠れてしまうと
風の冷たさが増して寒さが体に忍び込んでくる。
子どもたちに散歩に行こうと呼びかけても、遊びに夢中で気が乗らないようだ。
仕方がないので、一人で散歩に繰りだすことにした。

庭の端はもう柵が壊れて、すぐに教会の裏手の墓場に抜けられるようになっている。
形も大きさもさまざまな墓石の間をくぐり抜けるようにしていくと、
すぐに墓地の中の小道にぶつかった。
町で一番古いプロテスタント教会も、すぐ目の前にそびえている。

IMG_2652.jpg

東と西との境であったトランシルヴァニア地方は、
中世の長い間、激しい戦場の舞台であった。
その壮絶さを物語るのが、城砦によって囲まれた教会である。
町の住民たちは戦乱を逃れるために、教会の中に立てこもった。
丈夫な石のつくりと絶好の立地条件、
神の威光とに守られて、戦禍がおさまるのを待っていたのだろう。
石で積み上げられた壁には、鉄砲を出すための穴が今でも生々しく残っている。

IMG_2657.jpg

教会の敷地は古くから墓地になっていたが、
石畳の道にそってクリプタと呼ばれる有力者たちの立派な墓が
大きな倉庫のようにして並んでいる。
背の高い杉の木が囲み、砦をいただくその教会の姿は、
おとぎ話のお城さながらである。

IMG_2659.jpg

墓の向こうは、もう町のはずれ。
ものを言わない死者のための家々だけが軒をつらねている。
どこかもの寂しさを感じながら、ぐるりと墓地を一周することにする。

IMG_2662.jpg

柵の向こうは、もう何もない原っぱ。
つい去年までは兵隊の練習所だったようだが、
居住区に近いために移転させられたらしい。
これから、どんな風にこの辺りも変わっていくのだろう。

IMG_2664.jpg

子どもたちの声を頼りに丘を下って、家に帰り着いた。
やがて、友人たちが子どもを迎えにやってきた。
夜に訪ねることになっていた友人たちも、家をひと目見ようと到着した。
気づくと日は落ちて、
辺りはみるみる内に夕闇の色で染まっていった。

IMG_2665.jpg


スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|トランシルヴァニアの町|2013-02-25_16:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
立派な要塞教会ですね。以前、友人とレンタカーで要塞教会めぐりの旅をしましたが、村々に要塞教会があるようで、ほんの一部を見たに過ぎませんが、よほど戦乱が烈しかったのだろうと実感しました。小規模な村の要塞教会は維持に苦労しているようで、今後の保存には難しい問題があることを思わざるを得ませんでした。
Re: No title
ギシュクラさん、このコバスナ県(ハンガリー名ハーロムセーク)もたくさんの城砦教会があります。
近くはザクセン人が住んでいた地方なので、プレジュメルやヘルマーニの方が観光客には知られています。
ハンガリー人やザクセン人の所有する教会は、国の保護も受けることができず、朽ち果てていくところも数多くあるそうです。こうした中世の名残が手付かずのまま身近に感じることができるのは、素晴らしいことだと思うのですが・・。