トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

初春の散歩

朝から青空がかがやいていた、日曜日。
久しぶりに森の散策に出ようと決めた。
リュックにパンやハム、クッキーを詰め込んで出発する。

近所で出会った知り合いと森へ行くことを告げると、
「そう、太陽の光を集めにね。」とにこやかに笑った。
この冬の数ヶ月の生活で欠乏していたのは、
他でもない太陽の光。
自然と体が光を浴びることを欲して、外へと向かうようだ。
ヨーロッパ人が夏になると、
その皮膚が弱いのにもかかわらず、
若者からお年寄りまで水着姿で野原や公園で日光浴をするのも、
そうした太陽の光への飢えに違いない。

町外れの住宅街を丘の方へ向かって歩いていく。
春には黄色いタンポポがじゅうたんのように敷き詰められていた原っぱも、
今は生命の兆しは息をひそめ、大地の底深くで眠っているようだ。

松林のトンネルに入った。
ここは、100年前に町の住民たちが植林をしたことによってできた林。
太陽の光は木漏れ日となって、
雪がとけたばかりの大地に注いでいる。

森の中は季節によって違った表情を見せてくれる。
春一番に咲く花は、原っぱではなくて
この薄暗い森の中。
5月になって森の木々が葉を茂らせる前に、
小さな白や紫の花がいっぱいに花ひらく。
たくさんの生命がお互いの成長の時期を見極めて、
共存している姿には驚かされる。

IMG_2971.jpg

コンコン・・・と扉をたたくような音が、どこからもなく聞こえる。
キツツキが巣を作っているらしい。
ひっそりと静まり返った森の中に、
これから次々と渡り鳥が引っ越してきて賑やかになるのだろう。

町外れには鉱山の跡があって、
その上にそびえる高台からは町が見渡せる。
町で一番古い城砦教会のある丘や、
私たちの家も確認できる。
町外れの丘の向こうの山々には、まだ白い雪が残っている。

崖のそばに、たくさんの芽をつけたネコヤナギの木を見つけた。
まるでウサギの尻尾のようなふわふわの毛なみの芽は、
イースターのシンボルでもある。
旦那に声をかけると、何もない崖の縁へかがみ、
叫び声をあげる私を無視して、3本の枝をちぎった。

IMG_2976.jpg

この町外れの地区は、はるか昔は新石器時代の居住地があったらしい。
私たちのお気に入りのこの高台にも、
土が掘り返されている所が何箇所かあり、
来るたびに旦那と息子はその土の中を掘り返しては、
小さな土器の欠片などを見つけて持ち帰る。
今回も、大発見があったらしく、
興奮したように、私の前に丸い石と小さな土器を突きつけた。
「これ、何だか分かる?
この円の石は、スピンドル(糸を紡ぎに使う棒)の底の部分。
土器もこんなにきれいな状態で残っているなんて。」

古くから、カルパチア山脈に囲まれたこの広い高地には、
たくさんの民族が行きかい、居住しては移動していった。
名もない民族の生きてきた証が、何千年も後になってなお残っている。

IMG_2988.jpg

初春の太陽の光を体いっぱいに吸い込んで、
乾いた色の芝生に腰掛けて、手仕事にいそしむ。
まだ風は冷たいものの、
太陽の光は確実に季節が移り変わっていることを伝えている。

電話の音、友達から呼び出しがかかった。
重い体を起こして、元来た道を戻っていく。
青虫のような芽のついたヘーゼルナッツの枝と、
ネコヤナギの枝をお土産に、家路を急いだ。

我が家にも、春の兆しをひとつ。

tavaszszorko.jpg
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|自然、動物|2013-03-09_17:45|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
春を迎えて 光が眩しくなってくると 外に出たい気持ち
よく解かります。
日本は 陽光がちゃんとある国なんでしょうね。

光に恵まれない為に病気にかかる話も 聞いたことが
あり、特に緯度の高い国のひとたちにとって 日光は
掛け替えの無いものだと思います。
「散歩」をすることも 日本では特に重要視されてないけど
ヨーロッパの方々は 日課として行っているようですね。

ルーマニアの春 毎年素敵な草花や自然を楽しみにしていますよ~。
Re: No title
霧のまちさん、日本で生活していると
冬の間も日光があるのが当たり前ですが、
こういうところで生活していると
いかに太陽がありがたいものか身にしみて分かります。

人が生まれ育った環境というものは、大切ですね。
食生活も自然環境も含めて違いがあることをしっかり認識して、
無理のないように適応させていかないといけないと思っています。

冬の間は少しでも光がさすと、
待ち構えていたように町中の人たちがいっせいに散歩に出ます。
これから、春の兆しがつぎつぎと現れてくるのが楽しみです。
もう、スミレを見つけましたよ。