トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

ヴィシュタのカルバン派教会

ひんやりとした石の階段を上っていく。
古い墓石が埋め込まれた壁は、
まるで小さなギャラリーのように目を楽しませながら
頂上のカルバン派教会へと誘ってくれる。

IMG_7928.jpg

教会の裏手には、墓地がつづく。
閉め切られた教会に入るには、鍵番を探さなければならない。
やがて墓地の方から、黒い衣装に身を包んだおばあさんたちが現れた。
葬式が終わって、もうすぐ鍵番のおばあさんがやって来るはずだと教えてくれた。

IMG_7937.jpg

カロタセグ地方には、ゴシック様式の古い石造りの教会が数多く残っている。
宗教改革前のカトリック時代の遺産を今に伝える装飾や、
プロテスタントに改宗した後の、農村の民俗モチーフをちりばめた木製の天井画など
それぞれの時代の足跡がそのままに感じられる。
どっしりとした石のアーチには、
波模様を描いてのびる植物が彫られている。

IMG_7931.jpg

教会そのものを支えているかのような木の柱。
無造作に描きつけられたしずくのような輪のような文様を眺めている視線は、
そのまま天井へと惹きつけられる。
「天まで届く樹」というモチーフは、ハンガリー民話にも見られる。
永きにわたって村の人々の間で伝えられてきた原始信仰が、
形になって現れたかのようだ。

IMG_7943.jpg

植物模様から星や太陽、月などの天体の形、
果物の木にカラスがとまっている絵も見られる。

IMG_7944.jpg

トランシルヴァニアのカルバン派教会では、
それまでのアカデミックな宗教美術とは違い、
その地域特有の土着的な装飾で室内が彩られてきた。
フォークアートが盛んになった背景のひとつには、
教会装飾という目的もあるのかもしれない。

IMG_7948.jpg

何気なく腰かけた木製のベンチもよく見れば、
カラスのような鳥が形をくねらせてデザインされている。
李朝民画の文字絵のような雰囲気。

IMG_7962.jpg

カトリック教時代のフレスコ画が白く塗りつぶされ、
その漆喰のおかげで良い状態で保存されていることが多いという。
トランシルヴァニアのハンガリー人教会は、
政府の援助を受けることができないため、
歴史的な遺産もなかなか修復の手が及ばないそうだ。

IMG_7953.jpg

誕生を祝う洗礼から、成人を迎える若者たちの信仰告白式、
若い男女を結びつける結婚式や、人生の締めくくりである葬式まで・・。
日常生活に特別な彩りを与えるのは、
他でもない村人たち自身の手である。

IMG_7971.jpg

村の女性たちの手刺繍によって彩られた空間は、
あたたかく来訪するものを包み込む。
教会へと案内してくれたカタリンおばあさんも、
きっと針に思いを込め、タペストリーを仕立てたに違いない。

IMG_7978.jpg

カロタセグ地方の教会。
古いカトリック美術と新しい農村の美術。
ふたつが融合して、今もなお村人たちに愛されている。

vista3.jpg

*トランシルヴァニアのハンガリー教会の中では唯一、観光客はユーロで入場料を取られる教会。
高い見学料は辛いけれど、教会の修復に役立つことを願っている。


スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2013-03-15_16:24|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

ヴィシュタとは?
こんにちは。教会自体が、まるで一つの美術作品のようで、目の保養になりました。

ところで、記事の内容とは関係ない話なのですが、ヴィシュタ(地名ですよね?)って、どういう意味の言葉なのでしょうか?実はヨガのチャクラの1つにヴィシュッダ(Vishuddha)というのがあり、「清浄」を意味する言葉なので、教会のイメージにピッタリの言葉だな、なんて思ってしまいました。
Re: ヴィシュタとは?
こちらの教会へ初めて行ったのは、もう10年前。
建築を専攻する留学生だった方と旦那と三人で
カロタセグ地方の建築を見るという目的できた旅でした。
当時は、教会の牧師さんが親切に案内してくださり、
村の人から甘い洋ナシをいただいたりしていい思い出がありました。
それから、二度目は撮影をするのを嫌がられ、
三度目は急に入場料を払うことが提示されました。
いろいろ訳はあるのでしょうが、この美しい教会の姿はこのままでいて欲しいと思います。

ヴィシュタ、意味を調べてもらったら語源はスラブ語。
展望する場所のことだそうです。
トランシルヴァニアはスラブ語が語源の地名が多く、
昔はおそらくスラブ系の人たちの町がたくさんあったことが予想されます。


ヴィシュヌ神と繋がってるかも?
お返事ありがとうございます。英語のと言うか、ラテン語の?vistaを意味する言葉なんですね。

スラブ語なら、サンスクリットと同じ語族ですので、どこかで繋がっていそうかな、と気になってもう少し調べてみましたが、インドのヴィシュヌ神のvisという語が「あまねく行き渡る」という意味だそうです。ヴィシュヌはすみずみまで照らす太陽の光を司っているそうなので、多分vistaという言葉とヴィシュヌ神は、無関係でなさそうです。
と、地名とか言葉の歴史が大好きなもので、一人で勝手に盛り上がってしまいました。1つの言葉の中にも、色んな繋がりがあるんでしょうね。
Re: ヴィシュヌ神と繋がってるかも?
スラブ語も同じ、インド・ヨーロッパ語族ですよね。
大陸にいると、さまざまな民族の過去と、
今暮らしている民族とのつながりのようなものが感じられますね。
他にもトランシルヴァニアには、
スラブ語が語源の地名が多いのでいろいろな発見があるでしょうね。
そういう広大な歴史の中でハンガリー人がここに現れるのは、
10世紀になってからですから、まだ歴史の浅いということでしょうか。

No title
こんにちは。
私たちもヴィシュタの教会に訪れましたが、圧巻でした。
村人が施した手刺繍が歴史ある教会に調和し
彩りを添えている姿は、素晴らしいと思います。

お金が足りず、一枚も写真が撮れなかったので
聖子さんの撮られた写真で再び見ることができて嬉しいです。
Re: No title
哲弥さん、ご無沙汰しています。
こちらの教会もご覧になったのですね。
初めて訪ねたときは、10年ほど前で学生でしたが
そのときは入場料も要りませんでした。
それから、3年ほど前に行ったときも
フラッシュの撮影は禁止でしたが、写真も撮らせてもらえました。
今回は、しっかり張り紙まであったので驚きました。

ちょうどこのときはお葬式の後でしたので、
また黒いタペストリーとの調和が見事でした。
カロタセグ地方は行くたびに新たな発見があるので、
何度ともなく足を運んでしまいます。