トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

春の足音

毎年、どんな風にして春が近づいてくるのか
目をこらし、耳をすませて待っている。

森のこずえがうっすらと赤みを帯びてきたり、
なだらかな丘の表面をうっすらと若草のベールが覆うようになったり、
どこからか虫の羽音が聞こえてきたり・・・。

息子によると、春には独特の香りがあるらしい。
それは土の匂いなのか、草の匂いなのかわからないけれど、
何となくその感じは解る気がする。

今年の春ははじめ忍び足で、
それからは駆け足でやってきた。
うっかりしていると、どの花がいつ咲きはじめたのかさえ
気がつかない。

身重のせいか日々の散歩を怠りがちだったが、
今年は「炭酸水通り」の家に行く機会が増えた。
やっと去年の暮れに舗装された通りは、町外れの森へとつづいている。
町で一番古いプロテスタント教会を横手に見ながら進みゆくと、
崩れかかった門のある緑色の家がそれだ。
古い木の門を押して入ると、
すぐにライラックの大木が3本見える。

regihaz1.jpg

ライラックは普通は細い枝のはずだが、
我が家のはしっかりと太い幹で、
まるで渦を巻いたように木の皮がねじれながら伸びている。
新しい枝からは、つややかな若草色の芽が勢いよく開いていた。

regihaz3.jpg

建設中だった友人の家からもらってきた木も、
これから夏にバーベキューをするための燃料となってくれる。

regihaz5.jpg

寂しかった庭にも、ふかふかの草が生えてきた。
その先はすぐ、教会の裏手の墓地へと続いている。

regihaz2.jpg

さまざまな種類の果物の木を植え、
畑には野菜の種をまいている。
旦那は畑仕事が生きがいのように、
夜は暗くなるまで仕事を楽しんでいるようだ。

とげとげのある葉は、イラクサ。
夏には容赦なく足を刺す悪い雑草だが、
この時期に出たばかりの新芽は食べられる。
注意深くつんで、春の大地と草の香りを楽しもう。

regihaz6.jpg



やがて5月がやってきた。
真夏日のように刺すような太陽の光を浴びて、
古くて新しい我が家を目指した。
プロテスタント教会の白い塔が青空によく映える。

regihaz7.jpg

すでにプルーンの花は散り、
アプリコットやさくらんぼの花も満開をすぎていた。
黒ずんだ木の門を押して庭へ入ると、
すでに大木の上にはうす紫の花が見え隠れしている。

ラツィおじさんが、のこぎりを持ってきた。
「この木の枝が隣の家の屋根にかかって葉を落とさないように、
切らないといけない。」
花を咲かせたばかりのしなやかな枝が幹から切り離され、
音を立てて落ちてきた。

regihaz8.jpg

金平糖のような、丹精な姿かたちと
淡くてやさしい色あい。
顔を近づけると、ほんのりと甘く麗しい香りが流れてくる。
5月に花ひらくライラックは、
ハンガリー人にとって母親を思い出させる花らしい。

regihaz9.jpg

この日ははじめて、
アパート暮らしのヒヨコたちが草を踏んだ日。
始めは怖がって、いつもの木箱から出てこなかったが、
今では大胆にそこら中を走り回っている。
ふわふわの産毛が消えて、すでに硬い羽根が生えている。

regihaz10.jpg

次第に日が傾きかけている庭で、
一際大きい古い木が見違えるような美しさを湛えていた。
白い雪をいっぱいにかぶっているかのようだ。

regihaz12.jpg

黒ずみ乾ききった枝から、
どうしてこんなに澄んだ白い花が咲くのだろう。

regihaz13.jpg

つぼみのときはピンク色、
やがて白いシフォンのような柔らかな花びらとなってひらく。
黄色いめしべは、線香花火みたい。

regihaz15.jpg

ミツバチたちも、この白さに誘われたのか、
ほんのり甘い香りに呼ばれたのか、
ぶんぶんと羽音をふるわせていた。
今年はどれだけリンゴがなるのだろう。

regihaz14.jpg

息を切らせながら丘を登りきると、
目の前が開けて、遠くまで見渡せる。
同じ町なのに、違う風景。
ここでは、社会主義時代の高層アパートは影をひそめ、
昔ながらの一軒やが立ち並び、町にいるという感じさえしない。
夏の夜は、星の数を数えることが出来るかもしれない。

r5egihaz16.jpg

とうとう陽が沈んだ。
急に肌寒く、冷たい空気が忍び寄ってくる。
ヒヨコたちも小屋に入って眠る時間を感じたのか、
肌を寄せ合い、ささやきあうようにして鳴いている。
ヒヨコたちの成長とともに、夏がやってくる。

regihaz16.jpg
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|自然、動物|2013-05-03_03:04|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
春の匂いですね!
こちらのとそちらのでは違うかもしれませんが、私もわかります。季節の変わり目だけに現れるんですよね。それで気付いたらわかんなくなっちゃう・・・
ライラックが母の花ですか~。初めて知りました。
私の母の好きな花なので、なんか嬉しいです。
本当に可愛くて清純な花ですよね。
リンゴの花も綺麗です・・・
そちらではリンゴやライラックが日本でいう桜のような存在ですか?
お花見をしたりもするのですか?
Re: No title
Yuriさん、こちらでは冬は生命を感じさせるものがないためか、
春になると五感が研ぎ澄まされて、
そういう生命の息吹のようなものを敏感に感じるのかもしれません。
花の匂いではなく、春を感じさせる何かが大地の中にあるみたいです。
あたたかい地方で生まれ育った私にとっても、
いろいろな発見があります。

日本のように、花を楽しむ木がこちらは少ないような気がします。
ライラックは代表的なものですが、こちらは5月になってから。
その前に、4月中ごろからプルーンや杏、さくらんぼやリンゴなど・・。
果実のために植えてあるので、花は小さいものが多いです。
それでも、いっせいに花がひらくこの季節は、
すがすがしい美しさがありますね。

お花見の習慣はないですね。
ピクニックはよくしますが、花の木の下ではなくて、
緑の原っぱで日光浴みたいになってしまいます。



No title
毎年 聖子さんの 待ってました!の春のお便りが
素敵です。
今年も花や新芽がでて春の本番を迎えましたね。
そちらでは 春は特別なものでしょうね。
ライラックの花、大好きです。

うちの近所では 4月10日ごろに満開ですから
やはり 季節が違いますね。
Re: No title
霧のまちさん、ほんとうは4,5日ごとくらいに観察すると
ゆっくりと春が訪れる様子がよく分かるのですが・・。
時間と心にゆとりがないと難しいですね。
息子も学校で忙しくなりましたが、
また生まれてくる子どもといっしょに
ゆっくり自然を楽しみたいと思います。

ライラックは4月のはじめにもう咲くのですね!
ハルピンの友人がやっぱり五月の同じ頃にライラックが咲くと書いていましたので、
同じくらいの風土なのかなと思いました。
うちのライラックは野生種のようで花はそれほど見事ではありませんが、
枝振りが立派です。遅れて白い花が今、見ごろです。