トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

ターンツハーズ(踊りの家)

ターンツハーズとは、民俗舞踊を踊る場のことである。
トランシルヴァニアのハンガリー系住民は民俗舞踊に誇りを持っていて、実際にたくさんの地域で昔ながらの踊りを継承している。ハンガリー人である以上、ステップも踏めないようでは恥ずかしいことである。

面白いことにこの伝統の担い手たちは若者であり、村よりも都市でその運動は活動になっている。70年代にターンツハーズ運動が起こり、ブタペストやその他の大きな町で若者たちが公民館などに詰めかけ、民俗音楽のリズムに夢中になった。それが今にまで続いているのである。

さてターンツハーズとは、どんなものか?
大体は踊りのプロがペアになって、教えてくれるので初心者でも安心である。ただし夜が更けてくると上級者の人たちが踊り始め、だんだんと初心者は肩身の狭い感じになる。
音楽も楽団がいて、ヴァイオリン、ビオラ、ツィテラ、ツィンバロムなどの織り成すハーモニーに酔いしれることができる。そして男女ペアの踊りが基本なので、ペアを連れて行くにこしたことはない。ほとんどの場合、女性のほうが多いのでどうしても男性の取り合いになってしまうのが現状だ。

このターンツハーズが息子の通う白雪姫幼稚園でも毎週行われているそうだが、残念ながらまだ見学をしていない。

以前から話に聞いていた、子供のターンツハーズがあるという場所に行ってみた。
セーケイ博物館の向かいにある小さな家だ。中に入ると、たくさんの子供連れが部屋の前で待っていた。夏休み前の最後の二回に滑り込みで参加できた。

部屋は木の柱がそのままに自然な風合いの感じのよいところ。ネメズと呼ばれるフェルトで作った壁掛けや花の生けてある花瓶が家庭的な雰囲気である。
その部屋の角に、楽団が構えていた。以前、水の展覧会で演奏をした顔ぶれも並んでいた。

踊りを教えてくれるのは、声に張りがあり元気のある中年の女性。もう一人は、白雪姫幼稚園の息子のクラスメイトのお母さんだった。

やがて音楽が始まると、子供たちが20名ほど、お母さんも何名か混ざって円になってステップを踏み始めた。子供でも簡単に覚えられるステップだ。たまに手をたたいたりしてリズムをとる。ハンガリー舞踊の特徴はペアでぐるぐると回ることである。私なんかはすぐに目を回してしまうが、これは慣れの問題なのだろう・・・。

IciriPiciri5 414_convert_20080529230358

息子も女の子と回って、回って・・・・。
fesztival 087_convert_20080529225800

姉妹で仲良く踊っているのは、微笑ましい光景。
IciriPiciri5 412_convert_20080529231002

子供相手だが音楽はレベルが高く、ヴァイオリンにコントラバス、笛にリュートと面白い組み合わせ。こんな素敵な演奏を聴くだけでもきてよかったと思う。ヒゲをはやしたユーモラスなミュージシャンたち。

IciriPiciri5 419_convert_20080529230148

一人冠をかぶった音楽家がいて、話の流れでは王様のようだ。
そして風邪を引いているらしく、くしゃみをすると演奏が終わり。子供たちがいっせいに「お大事に、王様。」と大きな声で叫ぶ。

クマが途中で出てくるくだりがあって、子供たちは大興奮。
保護者の一人が扮していたのだが、キャーキャーと嬉しそうに逃げ回る子供たち。

IciriPiciri5 422_convert_20080529230218

あっ、誰かが捕まった!


IciriPiciri5 421_convert_20080529230117

そして、「小熊さん、小熊さん飛んで。」という歌とともに大縄を一人ずつくぐっていく。息子も張り切って挑戦。

fesztival 070_convert_20080529225106

一人選ばれた女の子がたっぷりとした大きなスカートをはいて中央に立つ。
周りでは子供たちが水玉模様のスカートのすそを持って、歌いながらぐるぐると回る。自分の子供が女の子でないのが実に残念だ。

fesztival 072_convert_20080529225401

子供たちを飽きさせないプログラムで、踊りもあり、お話もあり、遊びもありの一時間。子供は体を存分に動かして、夜はぐっすりと眠ってくれるので親にとっても大助かり。
やっと歩き出したくらいの小さな子供から、おしゃべり達者な年長さんまで、みんなが楽しく遊んでいた。私もよく内容を理解できてなくて残念だが、また秋から始まるシーズンで通おうと思う。

また小さい頃から、よい音楽を聞かせてあげるのは大切だ。
子供の耳はしっかりとそのメロディーやリズムを受け止め、これから育ってゆく感受性やセンスに大きな影響を与えるのだと思う。

IciriPiciri5 420_convert_20080529230248

先生方、楽団の方々にお疲れ様でした。
また、来シーズンを楽しみに。



トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


スポンサーサイト

Theme:世界のイベント
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|ルーマニアの育児|2008-05-29_22:44|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント