トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

春を告げる聖ジュルジ祭

4月の終わり、ここ北国のセーケイ地方に
春を告げるのは聖ジュルジ祭である。
町の中心にある公園を中心に、
一週間にわたり繰り広げられるさまざまな催し。

20年ほど前は、展示会やコンサート、講演会など
文化行事が中心だった祭りも、いつしか時の流れとともに
大規模で派手で商業的なものへと変わってしまった。

町の中心部から聴こえてくる賑やかな音楽や
目には見えない祭りの空気に、
子どもたちは夜も眠れないようなわくわく、
そわそわとした気分にくすぐられる。
あたたかな太陽の光と、土中から目覚めたばかりの
草花の彩りに誘われて、私たちも会場へ向かった。

IMG_5051.jpg

町のシンボルともいえる大きな公園は、
普段は小鳥のさえずりが楽しめる静かな憩いの場所。
ところが祭りの間は一転して、大勢の人と騒がしい音楽、
食べ物のにおいで埋め尽くされる。

IMG_5022.jpg

トランシルヴァニアの名物のお菓子、クルトゥーシュ・カラーチ。
イースト生地を棒にまきつけ、
砂糖をまぶした後、炭の上で丁寧に焼いていく。
すこし焦げた砂糖が生地の上で固まり、
パリパリとした香ばしさともっちりした生地の触感とが絶妙。
ハンガリー人の農村発祥のお菓子。

IMG_5027.jpg

騒々しさを逃れて、博物館前の通りに出ると、
そこは手工芸の市が並んでいる。
セーケイ衣装から、ルネサンス趣味の洋服や、
コロンドの陶芸や、若い世代の工芸品やアクセサリーなど、
年を追うごとに大規模になっていくようだ。

息子のクラスメイトの両親は、
ロシアの少数民族ウドムルト人のお母さんと、
トランシルヴァニアのハンガリー人のお父さん。
民俗楽器やフェルト細工を専門とする、
手作り市でも馴染みの顔。
木の棒をつけたひもを持って、狙いを定めて、
そっと手を離すと・・・。

IMG_4941.jpg

森の小人のような木のピンを倒すことができる。
ボーリングのような遊びに子どもたちは夢中になった。

IMG_4936.jpg

特設ステージの前にウルクーのジプシーたちが集まると、
ふだんとは違う雰囲気となる。
まるで村のような独特の共同体をもつため、
結束力も強いのだろう。
伝統の民俗舞踊や民謡の文化をもち、
小さいころから自然と歌や踊りを覚える。
オーストリアの赤十字基金の援助で、
小学生グループと有名な踊り手たちのステージがはじまった。
そして彼らのステージが拍手喝さいで終わると、
大量のゴミだけを残して、嵐のように去っていった。

IMG_5031.jpg

この時期には、果物の木も次々と花ひらいていく。
小さな白い花をつけるプルーンから、
アプリコットやサクランボに洋ナシ、
最後は白い大きな花をつけるリンゴまで・・。
こちらは観賞用のアプリコットの花。

IMG_5068.jpg

大木が影を作る博物館の庭でも、
連日のようにコンサートが開かれる。
100年以上も前に使われていたセーケイの木彫りの門がそびえる。

IMG_5100.jpg


9年前の聖ジュルジ祭りの最終日の夜に、息子が誕生した。
4日間の入院生活の後の、緑の美しさに
まるで初めて見る景色のように目を見張ったのが懐かしい。

祭りから一週間後、息子の誕生会を開いた。
アパートの小さな部屋にたくさん呼べないため、
ピクニックをしに森へ行くことにしたのだが、
あいにくの雨で仕方なく部屋で食事、ケーキを食べた。
その頃、雲間に太陽が差し込んだのを見て、
表へ飛び出した。

家からほんの10分ほどの距離で、
信じられないほどの大自然に出会うことができる。
町のはずれでは、馬や羊の群れが日常の景色として見られる。

IMG_5215.jpg

小さな小川のほとりに毛布を敷いて、ピクニック。
「そこの崖のところに、面白い石があるよ。」
と旦那について行くと、発掘大会がはじまった。
小さな固まった石をゆすると、中がカラカラと音がする。
みなは目を輝かせて、土の中から宝物を探しはじめた。

IMG_5231.jpg

草原で虫を捕まえたり、
小川の魚やオタマジャクシを触ったり、
楽しい時間はあっという間に過ぎていく。

szulinap.jpg

年をひとつ重ねるとともに、
楽しい遠足の思い出がまたひとつ増えた。

IMG_5243.jpg
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|イベント|2013-05-20_17:04|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

緑の野辺
久しぶりにサイトを拝見しています。旅行中に見掛けたあのお菓子は、「クルトゥーシュ・カラーチ」という名前なんですね。  そして、写真を見ると、ルーマニアの大地は緑でいっぱいで、魅力的ですね。
僕等が訪れた昨年の4月には、まだ茶色の野原が広がっていました。 それでもルーマニアを旅した20日間の個人旅行は、とても良かったです。 次の機会が有ったら、そして60代後半の僕等夫婦がまだ元気だったら、もう一度ルーマニアを旅行したいと思っています。 その折は、谷崎さんが建てた家も、是非訪れてみたと思っています。
Re: 緑の野辺
kiyaさま、
去年お二人でお見えになったときは、
ちょうど私が不在だったのにかかわらず、
遊びにいらしてくださってありがとうございました。
4月は年によっても違いますが、
後半にならないと緑は見られないと思います。
20日間も車を運転されてゆっくり地方をご覧になれたことと思いますが、
次回はぜひ、新しい我が家にもどうぞ遊びにお越しください。
日本に来たら
機会があったら、豊かな自然の中に建つ新しいお宅に、是非に伺いたく思います。 ルーマニアはとても遠い異国を感じる国ですが、そんな中で生きる谷崎様の姿を見たいなーと思っています。  

そして日本に来られて、東京周辺に来られる折りには、ぜひ神奈川県の我家にもお越しください。 そして息子さんも一緒だったら、我家に泊まっていただきたいと思います。僕等は、子供も独立して夫婦2人暮らしですので、遠慮はいりません。 昨年、御子息にお会いして、素直で素敵なお子さんを見て、ワイフはとても気に入っていましたので、もしそんな日が訪れたら、嬉しいですね。
Re: 日本に来たら
どうもありがとうございます!
私もお会いできなかったことをとても残念に思っておりましたので、
ぜひいつかお訪ねさせていただきますね。

息子も普段ここで日本の方と接する機会がないので、
できるだけ連れて行ってあげたいと思っています。
これまで出会った方々が素敵な方ばかりなので、
日本のお客様がこちらに来られるのをとても楽しみにしているんです。

秋には東京で展示会を開きたいと思っています。
今回は、これから生まれる予定の二番目を連れて
ドタバタとなると思いますが、来年の夏には子供たちを連れて
日本でゆっくりしたいです。
No title
秋にはまた 日本で展示会をなさるんですね。
ぜひ お伺いしたいと思います。
あ、今回 聖子さんの本の予約 いたしましたよ~。
私も イーラーショシュのししゅうに挑戦してみようかな???

ご出産は 8月くらいですか?
暑い季節(そちらは そーでもない?) 気をつけて下さいね。
Re: No title
そうなんです。秋には
また東京で展示会をしたいと思っています。
本を予約してくださったのですね、
どうもありがとうございます!
刺繍作品をご覧になったら、きっと始めてみたくなられると思います。

出産まであと3週間ほどです。
この夏は子育てであっという間に過ぎてしまいそうですが、
10月頃には子どもを連れて帰国したいと思っています。
また霧のまちさんと、展示会でお会いできますのを楽しみにしています!!