トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ

トランシルヴァニアを代表する刺繍として親しまれる、イーラーショシュ。
独特の太い刺繍糸で作られたコードが、
曲線を織りなし、生き生きとした植物模様を描き出す。
単色づかいであるにもかかわらず、
その豊富なヴァリエーションをもつ図案が、
時に記号のように、時に美しい自然を映しだす鏡のように、
こちらにむけて語りかける。

kalotaszeg6.jpg

生命の誕生から、
成人の式、幸福を祝う結婚式や、葬式まで・・。
カロタセグの村で生まれ育つ人たちの、
人生のさまざまな門出を彩ってきた刺繍。

kalotaszeg17.jpg

おばあさんが一人で、
ただ黙々と針を動かし続ける。

kalotaszeg4.jpg

ご近所が寄り集まって、おしゃべりに花を咲かせながら、
手作業をつづけている。
その昔、冬の農閑期には
若い少女たちが集まり、手仕事に精を出していたという。

kalotaszeg10.jpg

ハンガリー語でイールとは、書くこと描くことを意味する。
イーラーショシュは、まず描くことから始まると言っていい。

IMG_5678.jpg

長年のインクを吸った手作りの型を使い、
一つ一つの布に丁寧に手で線を描いていくおばあさん。
そこから、すでに生命が吹き込まれている。

vozsi29.jpg

カロタセグ地方の村を巡り、
そこで出会った古い手仕事や村人たち、
そして時が止まったかのような懐かしい風景・・・。
昔から今へと伝わる刺繍の魅力は、尽きることがない。

kalotaszeg12.jpg

イーラーショシュの作品に込められた
物語のひとつひとつをひも解いて、ご紹介いたします。

「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」
文化出版局から5月30日に発売となります。

tanizaki-cover.jpg

*イーラーショシュについて、
詳しくはもうひとつのブログにて。
ICIRI・PICIRIの小さな窓

*カロタセグ地方の旅について、
こちらのカテゴリーにて。
カロタセグ地方の村
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(5)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2013-05-24_21:29|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

刺繍
美しい刺繍ですね。  お年寄りが門の脇のベンチに座って話している光景は何度も目にして、ルーマニアの素朴さがで印象的でした。 そして、刺繍の入った織物を、旅の記念に買おうと思い、北部のマラムレシュ地方で物色しましたが、小さいものが無くて、そのうちに買う機会を逃してしまいました。 地方によってたぶん色々あるのでしょうね。、4月のイースターには、クルージナポカ近郊のシクという村の教会で、民族衣装の正装を見ることが出来ました。若い男女が向かい合って正装で座っていて、おごそかでした。

谷崎さんは秋にも日本に来られるとか。  我家は今年の秋は、2ヶ月間のカナダ横断旅行に出かけます。 来年もいろいろ計画していますが、お会いできたら嬉しいですね。
Re: 刺繍
kiyaさんご夫妻も、また美しい風景をたくさんご覧になったのでしょう。
今は交通事情が変わり、家の前のベンチに腰掛ける村人たちの風景も
だんだんと見られなくなってきましたが、
古きよき時代、人々がまだ時間のゆとりを持っていたころを
偲ばせるようですね。
マラムレシュは刺繍よりも織りが有名ですね。
ちょうどイースターにシクを訪れられたとのこと、
民俗衣装があれだけ浸透している村も少ないので、素晴らしかったことでしょう。

いつか旅の思い出話をお聞かせいただけますのを楽しみにしています。
ご夫婦でご旅行、どうぞ楽しんできてください。

No title
聖子さんのご案内で 初めて知ることが出来た イーラー
ショシュの刺繍、素晴らしいですね。
今度は集大成を本にされたんですね、凄いなぁ・・・。
文化出版局と言えば 手仕事にかけては老舗の会社。
さぞ クオリティの高いものになっていると想像します。

全くの単色で 地の布を覆い隠してしまいそうな程
びっしりと刺された 気の遠くなるような仕事に
その国の女性たちの地道で真摯な生き方が伺えます。
今まで 本になったことが無かったんでしょうね、日本で。
Re: No title
霧のまちさん、どうもありがとうございます。
去年はこの企画のための作品作りで、
一年があっという間に過ぎていったような感じです。
こんなにマイナーな地域の刺繍なのに、
本を作っていただくことができて有難いです。

図案集という形で収集したものはありますが、
イーラーショシュそのものの本は、実はこちらでも作られていません。
70年代頃に手芸のブームで広く伝わり、
イーラーショシュに対する見方が流行おくれの手芸というようなイメージで見られていますので、
カロタセグの村で見たようなアンティークの素晴らしいものを、
古い刺繍のもつ独特の美意識を紹介していかなければならないのは、
実は現地の方かもしれません。

>その国の女性たちの地道で真摯な生き方が伺えます。

そんな風に感じていただけてうれしいです。
ひとつの色で、花や葉や茎や根のモチーフで埋め尽くすこと、
働き者の女性たちの大きな手が目に浮かぶようです。
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです