トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

博物館の夜と誕生の朝

一年で最も昼が長い日。
子どもの出産は、ちょうど夏至の日を予定されていた。
太陽のエネルギーをいっぱいに吸収して、
きっと活力あふれる子どもとなるだろう。

やがて予定日を過ぎて、
次の日は「博物館の夜」というイベントが開催された。
トランシルヴァニアの夏は夜10時ごろまで明るい。
その日だけは深夜12時ごろまで博物館が開いていて、
無料で利用できる。

ようやく涼しくなった7時ごろに、町へと繰り出した。
大木が大きな影をつくる庭では、
オープンテラスで飲み物を片手にくつろぐ大人たちや、
手作りのおもちゃや工作作りにいそしむ子どもたちの姿が見られる。
日が暮れたあとは、
チーク地方の民家の前でターンツハーズ(民俗舞踊)。
電灯の光もほとんどとどかない暗闇の中を、
踊る男女の影と楽器のリズムとがほのかに揺らいでいた。

家にたどり着いたのは12時ごろ。
出産の兆候に気がつき、またすぐに病院へ直行することになった。
そのまま部屋で朝まで休むように言われ、6時ごろに目が覚めた。
暁時の赤い空に、口笛をふきながら黒いツバメの群れが飛び交っている。
それから4時間後、子どもが誕生した。

IMG_6381.jpg

9年前に息子を出産したときのことを覚えている助産婦さんたちが声をかけてくれたり、
息子のクラスメイトの母親が産婦人科で働いていたり、
深夜に駆けつけた救急病棟では
日本語の生徒の父親が医師として出勤していたり、
小さな町ならではの嬉しい驚きもあった。

一年前は中国大陸を一人旅して、
今こうして新しい生命を授かった。
長い夜が明けて、希望の光が差し込んでくる瞬間。
古代中国の王朝、殷の王都の名にもあやかって、
朝歌(あさか)という名前を考えた。

IMG_6382.jpg

さまざまな苦痛や試練を乗り越え、
母親となることの大変さを再びかみ締めるような日々だった。
それでも、子どもは自分の力でどんどん大きくなっていく。
この夏は、娘の成長とともにあっという間に過ぎていきそうだ。
スポンサーサイト

Theme:海外の子育て
Genre:海外情報

comments(16)|trackback(0)|その他|2013-07-06_18:49|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
朝歌ちゃんの誕生、ほんとうにおめでとう。
女の子となると、お洋服やら選ぶのが楽しそうだね。
しかし、名前が殷から来ているとは思いませんでした!
響きもきれいだし、かわいい名前。
大樹くんはすっかりお兄ちゃんになってるのかな?
妹ができてうれしいだろうね!
私にはまだ想像もできない、出産、そして子育て。
大変だろうけど、その分喜びも多いのだろうね。
身体には気をつけて、子育てがんばってください。
朝歌ちゃんの成長を楽しみにしています。
Re: No title
Sachieちゃん、どうもありがとう!
女の子と検診で分かったときは、思わず笑みがもれました。
母親と娘の関係はまた息子とは別で、
女性としての悩みや喜びなど分かち合えるような気がします。

大樹はめずらしい動物を見るかのように、かわいがっています。
オムツが大きいから、イモムシみたいだって(笑)。

朝に朝廷が開かれる様子から、朝歌という名前がついたようです。
漢字文化圏を離れて、はじめて分かった漢字の魅力。
大変だけれど、子どもたちにも勉強してほしいなと思います。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
誕生!
朝歌ちゃんの誕生、おめでとうございます。
母子ともに、健康なご様子で何よりです。
これから、ルーマニアの大地で、すくすくと育って下さいネ。

異国での出産となると、日本とはまた違った、心配や御苦労があるのだろうと思います。 男の私には分かりませんが、すごく勇気のある事だなーと、尊敬します。

ご報告: 先日、このサイトからのご縁で、霧のまちさんにお会いしました。



Re: 福岡の土田でございます。
Tさま、うれしいお言葉をどうもありがとうございます!
子どもが出てくるまでは順調だったのですが、
それからが難航しました。
妊娠も出産も、1回目とはまったく違うのですね。
2週間が過ぎた今は体も回復して、
授乳のサイクルにもなれました。

Tさまはお若いおばあちゃまでいらっしゃるのですね!
若いうちにお孫さんと接せられると、
たくさんの時間と体力的にもゆとりがあるので
お互いにとっていいですよね。
命を抱きしめること、それだけで幸せになります。
お孫さんがご無事に誕生されますよう、
こちらもお祈りしています。
Re: 誕生!
Kiyaさん、どうもありがとうございます!
これから長い子育てがまたスタートしますが、
気持ちを新たにがんばりたいと思います。
9年前に息子を同じ病院で出産しましたが、
またそのときとは違う驚きがありました。
こういう出来事を乗り越えて、
母は強くなるのだと実感しました。

霧のまちさんとお会いになったとのこと、
このブログを通じての交流に私もうれしくなります。
世界のあちこちを旅されたブログ、
私も大好きです。

おめでとうございます!
おめでとう御座います。
ルーマニアでの心豊かな生活の中で、おおらかに成長していくのだろうなとこれからが楽しみですね。
この夏は育児に大変な夏となりそうですが、お体に気をつけてお過ごし下さい。
No title
聖子さん  待ってました!
女の子の誕生、おめでとうございます!

素敵なお名前、聖子さんならではですね~。
仰るように 漢字って素敵な文化ですね。
私も つくづく思いますよ。 たった一字にちゃんと意味がある。
単に記号ではなく・・・。

これから  その地の青々とした環境や素朴な風習、
優しいお兄ちゃんの存在、きっと健やかに育って行かれると
思います。 ご多幸、お祈りします。
Re: おめでとうございます!
越後屋 さん、
どうもありがとうございます!
こちらでの生活も5年をすぎ、当たり前になったことも、
また新鮮な気持ちで受け入れられるようになりたいと思っています。
冬の白い風景も、
春の色彩の豊かさも、
夏のまぶしい暑さも、
秋の実りの喜びも。
心機一転がんばりたいと思います。
Re: No title
霧のまちさん、
どうもありがとうございます!

漢字は小学生のときには大の苦手でしたが、
大人になって異文化で生活するようになって
はじめて素晴らしさが分かるようになりました。

ただの記号ではなく、
像が浮かんでくる偉大な文字の文化。
大切に子供たちにも受け継がせたいです。

これからまた新しいスタートを切りますが、
こどもたちといっしょにこの土地の美しさを
また発掘したいと思います。
おめでとうございます!
うっすらと赤い空の朝の香りが
こちらまでしてきそうです。
生まれたての赤ちゃんの香り。
写真を通して、
忘れかけていた生命の香り。
たくさんの香りを
呼び起こしてもらえた気がします。
ありがとう。

ご出産、本当に大変でしたね。。
でも、朝歌ちゃんを抱きしめると
忘れてしまうのでしょうね。。。
わたしももう、四人も産んだのか?と忘れてしまっていますから。(笑)
育児に家事にお仕事に
大変でしょうが
やりがいのあることです。
無理なく、頑張ってくださいね。

また、お会い出来る日を夢見て
お互い、素敵な母になるように
がんばりましょう!!!
まだまだ、授乳など大変ですが
よ〜りよ〜り(ゆっくり)がんばってください。
Re: おめでとうございます!
twelveseventeenさん、どうもありがとうございます!
私たち女性は、こうした生命を生み出す苦しみを味わっても、
さらに何度でも痛みに耐えることのできる強さをもっているのでしょうね。

今回も楽天的に望んだつもりですが、
肉体的にというよりは精神的につらかったです。
こういうときに医療機関が信頼できないほど、
不安なことはないと思います。

赤ちゃんを抱いたときの暖かさ、そして甘いお乳の香り。
私もたくさんの忘れていたことを思い出しました。
また自分も生まれたてのような気持ちで
スタートできたらと思います。
ゆっくり、子育てがんばります。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: はじめまして
本をお求め頂き、またコメントをどうもありがとうございました。

さまざまな国にそれぞれの伝統の手仕事があり、
とても興味深いと思います。
西ヨーロッパなら治安もよいでしょうし、
旅をしながら、刺繍を学ばれてもいいと思いますし、
または知人がいらっしゃるなら紹介をしてもらってもいいかもしれません。

大切なのは、人とのコミュニケーションだと思います。
最低限の語学がいるのと、あとは気持ちですね。
私は何度も同じ方を訪ねて、関係を深めるようにしています。
よい出会いがありますように願っています。
No title
おめでとうございます!
朝歌ちゃん、素敵な名前ですね。
本当におめでとうございます!
そちらではお誕生の儀式などはどんな風なんでしょう?
これからも楽しみにしています。
本当に本当におめでとうございます!!
Re: No title
yuriさん、いつもどうもありがとうございます!
子どもの成長とともに、
またこちらの生活を楽しみたいと思います。
子どもが生まれると教会で洗礼があり、
親しい友人が代父母 (だいふぼ、godparent) となって
まるで親戚の一員になったようになります。
まだ息子は洗礼していませんが、
娘といっしょに今年するかもしれません。