トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

赤いリボン

車に乗りはじめて二週間ほどが過ぎ、
近くの町に出かけることにした。
ダンナは免許歴10年ほどになるが、
実際はほとんど運転したことがない。

できるだけ交通量の少ない山沿いの村を通って、
町の中心部には入らないようにと入念に調べたあと、
家族を乗せた車が出発した。

広々とした青い空に、
真夏の緑が生き生きと目に飛び込んでくる。
薄暗いアパートの部屋、
建物が立ち並ぶ町の生活に慣れた目には、
ありのままの自然の姿がまぶしい。
もう、夏も終わりに近づいているのにふと気がついた。

手に汗をしながら、
三車線の道路で車の流れにどうにか合流して、
やっと目的の場所についた。
そこは、町のはずれの生地屋だった。

生後一ヵ月半の娘の乗るベビーシートを抱えて、
店の中に入ると、数人の店員さんが同時にこちらを見ていった。
「まあ、子どもが産まれたの!」
こちらでは赤ちゃんを見ると、
声をかけずにはいられないという人が多い。
赤ちゃんの存在で会話も弾み、
にこやかな笑顔が周りに伝染していくようだ。

買い物を済ませて、外に出ようとしたときに
娘が手に何かをぎゅっと握っているのに気がついた。
それは、赤いリボンだった。
ダンナの方を見ると、
「店員の一人が、魔よけのためにくれたんだ。」と言う。
赤いひもを赤ちゃんの腕に巻きつけるという、
古い魔よけのおまじない。

赤ちゃんにわざとプップッと唾をはきかける真似をしたり、
「まあ、みにくい子!」とか呼びかけることもある。
これは、病気をひき起こす悪魔の関心を
赤ちゃんからそらせるためだと言われている。

息子が小さい頃には、
当時まだ生きていたダンナの祖母が
指にすすをつけて額にポンと印のように押したこともあった。

それから、もうひとつの行きつけの場所へと向かう。
ジプシー市場では、声高く物を売る人たち、
買い物客でにぎわっている。
私の姿を見ると、
「久しぶり。今までどうしていたの?」と売り子が声をかける。
小さな娘の姿を見るなり、
「子どもかい?抱かせて。」というので、
相手の腕に娘をそっと乗せた。

30代半ば頃だろうか、
浅黒い男は満面の笑みをうかべながら
いかにも幸せそうに抱いている。

そろそろ手が疲れた頃かと思って、
重くないかと聞くと、
「俺には子どもが三人いるんだよ。慣れたものさ。」
と変わらず笑顔で言うので、その間に買い物を済ませた。

次のブースに行くと、
また見知った顔を見つけた。
「赤ちゃん?あなたの?」
と派手なスカーフを被ったジプシーのおばさんが、
抱かせてくれという。
大きな胸に乗せられた娘は、普段よりずっと小さく見えた。
「赤ちゃんのためにひとつ選びなさい。」
とベビー服の古着の山を指差した。
さっと選んで戻ってくると、
今度はダンナさんが娘を抱いていた。

こうして、
その日は売り場を一周しながら、
たくさんの人に抱かれ、
撫でられ、
キスを受けて、
娘はそれでもすやすやと眠っていた。

心から子ども好きなジプシーの人たち。
まるで故郷の村に帰ったような、
不思議な愛情をいっぱいに受けて市場を後にした。
娘の手には、まだ赤いリボンがしっかりと握り締められていた。

IMG_7346.jpg
スポンサーサイト
comments(4)|trackback(0)|ルーマニアの育児|2013-08-24_05:19|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
何て可愛い娘さんでしょう!!!
会うひとたち 皆が可愛い、抱かせてと言う社会って
いいですね~。
日本では 知っている人でも なかなかこうは行きません。
クルマのお陰で いろんな店に行かれていいですね~。
手に赤いリボン、素敵です。  臍の緒みたいに それを一生大事に
したいですよね。
ルーマニアの大地ですくすくと成長されるお子様、楽しみですね~。
Re: No title
霧のまちさん、
子どもを育てやすい社会って、
みなが子どもを愛し、子どもがいることに理解があることだと思います。
ベビーカーを引いていても、助けてくれる人がいたり、
他人の子でもこうして抱いてくれる人がいたり・・・。

こちらでは、出産したしたばかりの女性のところに
スープなどの食事やケーキなどのお菓子を持っていく習慣があって、
友人が昼食を作ってくれたことなど本当にありがたかったです。
洋服や、ベビーベッド、ベビーカーも
友人たちがみんな譲ってくれました。

赤いリボンは、お守りにベビーシートの取ってのところに結んであります。
へその緒も前回は捨てられていたので、
前もってとってもらうようにお願いしたのですが、
なんだか誤解があって、ホルマリン漬けにして頂きました。
ちょっとグロテスクです。
悪魔祓い?
ごぶさたしております。
朝歌ちゃんのお顔、ハッキリとしてきましたね!これからどんどん可愛くなっていくんでしょう。

ところで、唾ペッペで「悪魔祓い」は面白いですね。日本でも昔は、子供に変な名前をつけて、神様に妬まれないようにするとかあったそうですが、子供を災いから遠ざける為に、似たような発想があるんですね。
Re: 悪魔祓い?
yuccalinaさん、
忌み名をつけるというのは、
さまざまな民族で見られる習慣のようですね。
モルドヴァのチャーンゴーの間では、
子供が病気をすると名前を変えて、
その子を悪魔が連れていかないようにするそうです。
日本ではどんな変な名前をつけたんでしょうね。
ハンガリー人の姓が変なものが多く、
「デブ」とか「びっこ」とか「ハゲ」とかは思わず笑ってしまいますが、
「悪魔」なんていうのもあります。
これも忌み名のようなものなんでしょうか。

昔はせっかく生まれてきても、
病気などで生存率が低かったのですよね。
それを考えると、子供をなんとかして守ってあげたいという
親や周りの想いがこめられているのでしょうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。