トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トランシルヴァニアのジプシー市場

蚤の市散策は、現在私のライフワークである。
昼前に出発するバスに乗り込み、車に揺られて着いたのは、とあるジプシー市場である。朝から日没までの間、テントを張った場所で、そして屋外で、小さな建物の中にも売り場がある。

夏でも、毛皮のコートや皮のジャケットが置いてある。

Img_1673_convert_20080602190030.jpg

後ろのほうは、なぜか釣り道具や何かの部品が売っている。

Img_1675_convert_20080602190416.jpg

目にも鮮やかな民族衣装を着たジプシーの女性たち、つばの広がった黒い帽子をかぶったジプシーの男性たちが物を売っている。
彼らは、ジプシーの中でも誇り高いガーボル・ツィガーニィと呼ばれるグループだ。ジプシーは保守的な人種であるから、今でもカースト制度が存在する。その中でも最も上位に属していて、商売などで生計を立てている。

Img_1674_convert_20080602190322.jpg

もしジプシー語に興味があるなら、きっと不思議な音の言葉を聞くことができるだろう。ちなみにジプシー語は書き言葉でないので、古い言葉がそのまま残っていると言われる。ルーマニア語ができる人なら少しは理解できるだろう。ルーマニア語と共通する単語が多く見つかるらしい。
そのため彼らがインドからヨーロッパにわたってきたときに、始めにルーマニアを通ってきたと言われるのだ。

私は片言のルーマニア語で交渉して、洋服の山の中から宝物を探し出す。
1970年代の数字が刺繍してあるタペストリーや、レトロなスタイルの洋服などさまざまである。
何十年もの間、どこをどうさまよってトランシルヴァニアにたどり着いたのか、想像してみるだけでも楽しくなる。

この当時斬新なファッションに身を包んだ女性は、今どんなおばあちゃんだろう・・・、
どんな思いでひとつひとつに刺しゅうで模様を描いていたのだろう・・・。
この洋服を着ていた子供は、もう大人になって子供を産んでいるのかもしれない・・・。

私が歩いていると不意に声をかけた女性がいた。
「奥さん、こっちよ。見て!」というので、洋服の山をあさっていると・・・金髪の髪を結った女性が
人懐こく微笑んでいる。「ジュジおばちゃんを忘れたの?」
私は昔であったその女性をすぐに思い出し、気がつかなかったことを詫びた。

二年前、息子と旦那と三人でこの市場に来たときのこと。
当時小さかった息子に「バラージュ」と呼びかけるのを聞いて、
「私もバラージュよ。バラージュ・ジュジャ。」と笑顔で話しかけ、息子にパンやらソーセージなどを渡した。
普通、ジプシーというと、お金や食べ物を物乞いする人たちと思いがちだ。
でも彼らは、清潔で(きっと私たちよりも)お金持ちである。

ジュジおばちゃんは、ここから80kmほど離れた町マロシュバーシェールヘイに住むハンガリー系ジプシーである。だから、私がハンガリー語を話すと喜んでいた。
私が中国人だと思ったようで、「ブカレストにはたくさん中国人がいるけれど、ルーマニア語でしか話さない。あそこはアディダスとかの新品を持ってくるから、私たちの商売も危ない。」と古着商売の存続を心配していた。残念なことに、ここでもMade in Chinaの大量製品であふれることになるのだろう・・・。

昔ご主人を洪水で亡くして以来、女で一つで娘を育てていることを話した。「娘は今13なんだけれど、どんな人を見つけるか・・・心配でならないわ。ほら、私たちは早く結婚するでしょう。」という。
私が大体いくつで嫁に行くのかと聞くと、「13、14歳くらい。」と答えた。

ジプシーの女性は結婚が早い。
そして、若い頃から産むから子供がたくさんいる。私が出産したときも、病院にはジプシーの少女がたくさんいた。それに比べると、ジュジャおばちゃんにはたった一人である。

息子のための服を探しているというと、袋の中から子供服を見せてくれた。
「これはどう?」と商売っ気たっぷりに見せるが、スカートである。私が指摘すると、「あなたお腹大きくはない?」と聞いてくる。私は苦笑するばかり。
いくつか息子の洋服を選んで、また探すように約束した。

10歳くらいのジプシーの女の子も売っていた。
ジプシーは子供を学校にやらないことが多い。学校教育なしでも生きて行けるならそれもいいだろうが、よその世界を見ることも勉強だ。
赤ちゃんサイズの子供服ばかりであったが、見てみる。すると、可愛いく状態も良いベビー服をいくつか見つけた。今年の夏に出産するカティのために買った。

何でもありのこの雑多な雰囲気がたまらない。
保守的で、それでいて自由なジプシーの人たちとの交流もこんな場がなければきっとなかっただろう。このジプシー市場が続くようにと祈るばかりである。

=今回のお買い物=
・チロリアンテープのベビーシャツ
チロリアンテープが可愛い。オレンジ色がおしゃれです。カティの出産祝い。
IciriPiciri5 460_convert_20080530181108

・アヒルのズボン
アヒルのワッペンに、つりズボンがレトロです。これもカティの出産祝い。
IciriPiciri5 461_convert_20080530181020

・グリーンの半そでトップス
子供サイズでなければ、私も着たい・・・そんなおしゃれなトップス。
70年代ファッションが香ります。
IciriPiciri5 451_convert_20080530180442

・マリメッコのワンピース
日本でもブレイク中のフィンランド・メーカー。タオル地のような暖かく柔らかな手触りです。
秋ごろ、ショップに並ぶ予定。
IciriPiciri5 452_convert_20080530180711

ほら、タグもきれいです。
IciriPiciri5 453_convert_20080530180807

・ニナ・リッチのワンピース型スイムウェア
エレガントで、昔なつかしの雰囲気がたまりません。老舗のパリ・メーカー。
ただ、この胸パットはかなりの大きさです。もうじきUPします。

IciriPiciri5 454_convert_20080530180538

IciriPiciri5 455_convert_20080530180933

・民族衣装風チュニック
透けるような薄いコットンに、赤い糸で刺繍がびっしり。
とても手の込んだチュニックです。残念ながら少しシミがあるので、私用に・・・。
IciriPiciri5 458_convert_20080530180410

ほら、こんなに細かいステッチが・・・手仕事の重みがあります。
IciriPiciri5 459_convert_20080530180856


トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


リニューアルしたICIRI・PICIRI(イツィリ・ピツィリ)はこちら!
ただいま、人と動物のプリントの特集をやってます。


logo1_convert_20080502142217.jpg


スポンサーサイト

Theme:東欧
Genre:海外情報

comments(8)|trackback(0)|トランシルヴァニアの町|2008-05-30_18:20|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

私には、ルーマニアはまだ写真の中の国であったり想像の国でしかないんだけど、日本との文化の違いをblogにて実感させてもらってるよ。
洋服に関しては、個性があるし、デザインや色使いなど想像豊かだなぁという印象が強いかな。
グリーンの半袖のトップスは、私も着られるなら着たい色とデザインだと思った洋服でした。
ニナ・リッチのスイムウェアも素敵だね。胸が大きい人だったら似合うってことなのかな?
なつみちゃん、いつもコメントをありがとう。
私も日本人の考え付かないような色の組み合わせやデザインに、ただ驚くばかりです。

こんな素敵な洋服が自分で作れたらいいのだけれど・・・

あのスイムウェアは、胸だけでなく下半身もかなり大きい人でないと無理だと思います・・。
どうして、素敵な水着に限っておばちゃんサイズなのかしら??
ヨーロッパのおばちゃんサイズは半端じゃないです。
はじめまして。

私はハンガリーの刺繍や音楽が好きで、色々検索していたら偶然こちらのブログを発見し読ませていただいてます。

日本にいたら絶対に分からないジプシーの現状なども書いてありとても興味深いです。ジプシーというと可愛い民族衣装を着て、音楽と共に生活して…ときれいな部分だけを見てなんとなく憧れていたのですが、それだけではないんですね。

海外の生活は色々大変かと思いますが、トランシルバニアに住んでいるtulipanさんがうらやましいです。こちらのブログを読んでいてトランシルバニアの刺繍も大好きになってしまいました(特にあの赤と白の配色のもの!)。私もあの刺繍に囲まれて生活してみたい!

これからも応援&楽しみにしています!!
はじめまして、サヤさん!
素敵なコメントをありがとうございます。
ハンガリーの刺しゅうや音楽にご興味をお持ちということ、嬉しく思います。

私は音楽はそう詳しくありませんが、刺しゅうなど手芸全般はとても興味があるので、
これからも詳しく記事を書いてゆきますね。
トランシルヴァニア、と一口でいっても
地域によって刺しゅうも民族衣装も全く違うので、面白いですよ。

どんどんトランシルヴァニア・ファンができるといいな、と思います。

また見に来てくださいね!
ハンガリーの音楽が好きと大雑把に書きましたが、ジプシー音楽が好きなんです(踊りを見るのも好きです)♪
かなり前にファンファーレ・チォカリーアが日本で有名になって、その時に初めてジプシー音楽を聞いて好きになったくちです。
そこから色々調べて、色々聴いているうちに今では民族音楽・民族舞踊、何でも好きになってしまいましたが(笑)

>地域によって刺しゅうも民族衣装も全く違うので、面白いですよ。
チラッと聞いた事あります。こういうのを知りたいんですぅ~
楽しみにしています!

これからも、ちょくちょく見に来させていただきます(^^)

この先、私の勉強不足でトンチンカンなコメントや質問をしてしまうかもしれませんが、その時はバンバン訂正して下さい(笑)よろしくお願いします!
ジプシーの生き方って自由で、奔放で・・・音楽にもそれが表れていますよね。
最近公開された「トランシルヴァニア」という映画をまだ見ていないのですが、監督のトニー・ガトリフが昔作った映画に「ラッチョ・ドロム」というのがあります。ご覧になりました?

ジプシーたちが、その土地土地の音楽を吸収して場所によって違ったスタイルの、それでも共通する何かがあることが分かります。

私の住む町にも、ジプシー地区があって舞踊も盛んなそうなのでいつか偵察してみますね!
「トランシルヴァニア」も「ラッチョ・ドロム」も見ようと思いながらまだ見てないんです。。。
時間を作って早いうちに見ようと思います!

ジプシー地区の記事も楽しみにしています♪
ぜひ両方とも見てください。
「トランシルヴァニア」は感想を聞かせてください。私の住む町では上映されていないと思うので・・・

ジプシーの記事いつかきっと書きますね。