トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トランシルヴァニアの日本の日 「日の出る国への門」

セーケイ地方の小都市シェプシ・セントジュルジ(ルーマニア語スフントゥ・ゲオルゲ)で
第二回目の日本の日が開催された。
「日の出る国への門」という名のもと、
多彩なプログラムで日本文化を紹介するものだった。
折り紙や切り紙、書道に日本の歌。
着物の着付けに、生け花のデモンストレーション、演劇、本文化についての講演など・・。
町の生け花サークルの展示も会場に彩りを添えていた。

553113_590740024323433_667606022_n.jpg

会場はおととしと同じ、
コヴァスナ県立図書館の「青の広間」。
かつては県庁として使われていただけあって、立派な建物。
セーケイの青と呼ばれる空色に花模様が美しい。

IMG_8233.jpg

この地方色あふれる広間に、
日本の色を持ち込もうというのも面白い試み。
町のアートスクールの演劇学科の生徒たちの協力を得て、
古事記の岩戸がくれの一幕を演じてもらうことになった。
夜神楽の舞台に似せて、
ライラックの枝に縄をかけ、紙垂(しで)を下げると
それらしい舞台が出来上がった。

IMG_8229.jpg

スサノオノミコトとアマテラスオオミカミの対話、
世界が真っ暗になると魔物たちが登場する。
カミに祈り、アマノウズメノミコトが舞うと、
岩戸がひらき、アマテラスがふたたび姿を現した。
ほぼ一週間ほどで出来上がった小劇なのにもかかわらず、
学生たちの創造性豊かな演技によって
ミステリアスな日本の古代神話の世界ができあがった。

IMG_8222.jpg

この日本の日の様子はこちらのページでもご覧いただけます。
Sepsiszentgyorgy.info

282878_530226867057805_834728891_n.jpg

古事記より岩戸隠れの一幕。
Plugor Sandor Muveszeti Liceumの演劇学科の生徒たち(高校三年生)

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|イベント|2013-11-12_20:45|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント