トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

世界一周 魅惑の鉄道紀行

7月の終わり、娘が誕生して一ヶ月になろうとしていた頃、
ブカレスト在住のルーマニア人女性から電話があった。
「日本からテレビの取材がくるのですが、
少しだけ取材に応じてくれませんか?」

35度以上の猛暑の折に、待ち合わせの場所である
公園に向かった。
まだ生まれたてで軟弱な娘を抱いて、
容赦なく降り注ぐ真夏の太陽の中を歩く。
睡蓮が満開に咲きほこる池のほとりを散歩していると、
地元の新聞社で働く友人や日本語の生徒ともばったりと出くわした。

当初は、こちらでの生活のこと、
物価や暮らしについてのことを尋ねるという話だったのが、
ディレクターの方と話すうちに、
我が家に来て、家族の生活を取材したいということになった。

町のはずれに近いアパートに到着すると、
二階で一人暮らしをするおばあちゃんが窓から手をふった。
子ども好きのおばあちゃんは、
娘を一目見ようとアパートの通路に飛び出してきた。

当時、私は二冊目の本の執筆、校正などの作業で忙しく、
小さな娘に授乳する合間を使って、
パソコンに向かっている毎日だった。

散らかっている部屋に三人の日本人、一人のルーマニア人の
お客がくると、動きがとれないくらいになる。
壁いっぱいに貼り付けられた漢字を見て、
息子に質問を投げかけるディレクターの方。
ルーマニアの少数民族ハンガリー人と日本人の家庭に生まれた息子は、
学校では母語のハンガリー語のほか、
国の言葉のルーマニア語、英語も学んでいる。

やがて日本で編集が行われ、
我が家の取材も番組の中で少しだけ放映されることになった。
ちょうどその頃は、東京の展示会の真っ只中。
日本でルーマニアの自分の家庭を見るというのは
どんな気持ちだろう。

11月25日(月)20時~
BS TBS 世界一周 魅惑の鉄道紀行「ルーマニア ドラキュラの故郷を訪ねて」

2011年に放映された、
ハンガリー国営Dunaテレビの取材はこちらです。
Seiko megvalósult álma
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|その他|2013-11-14_21:32|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
聖子さん、その番組はよく見ていますよ。
どんな風にご一家が紹介されるのか とても楽しみです。
国営テレビのビデオも拝見しました。
まだ幼かった大樹クンの姿も可愛く 懐かしいです。
日本の食事も時には作っておられるようですね~。

25日、楽しみに待ってます!!
Re: No title
霧のまちさん、もうあれから約3年。
息子も大きく成長しました。
あのとき作った日本料理は、お味噌汁だけです(笑)

今度は漢字の練習をしているところが恐らく
出てくると思います。
何を話したかあまり覚えていないのですが、
汗だくで家に帰り、
客室にお通ししようとしたら、
生活の見える居間がいいといわれ・・。
慌ててものを端に寄せて、ベッドもぐちゃぐちゃ。
私も髪を結うので精一杯の頃でした。
番組や本のイメージダウンにならないかだけ心配です。


楽しみです
私は見たことない番組ですが、旅番組はとても好きなので楽しみにしています。
日本では中々ルーマニアの情報は入ってきませんが、新聞に少しでも文字が見えると、気になって読んでいます。シビウでは毎年国際演劇祭があるそうですね。確か野田秀樹さんが、ルーマニアの女優さんを主役に、舞台を上演していました。
と、話が逸れましたが、日本は今一気に冬の寒さが訪れています。お子様連れで、大変なこともあるかと思いますが、良い旅になること、そして、お会い出来る日を楽しみにしています。
Re: 楽しみです
yuccalinaさん、どうもありがとうございます!
旅番組に、どうして家族の取材があるのか不思議ですが、
部屋が散らかっている心配をのぞけば、
番組が見られるのが楽しみです。
シビウで国際演劇祭があるのですか、
そこでは日本人バレリーナが何人もいらっしゃるとか聞いています。
文化的な町のようですね。

もうすぐ出発で心配もありますが、
子どもを元気に日本へ到着させることを一番に
体調をしっかり整えたいです。
お会いできますのを楽しみにしていますね!