トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

「イーラーショシュとカロタセグのきらめく伝統刺繍」展

晩秋のちょうど冬支度がはじまる頃、
東京の素敵な古民家ギャラリーに
トランシルヴァニアの手仕事をスーツケースいっぱいにして、
二度目の展示会を開催いたします。

11月23日(土)から12月1日までの9日間。
今回のテーマは、「イーラーショシュとカロタセグの伝統刺繍」。
トランシルヴァニアの片隅にひっそりと、
煌びやかな手仕事の文化が花ひらきました。
その多彩で豊富な刺繍の世界を、
コレクションとともにご紹介します。

カロタセグを代表する刺繍「イーラーショシュ」をはじめとする、
農村を土壌に生まれ、育った美しい手仕事の数々。
今年発売された二冊の本の出版記念として開催いたします。

最終日12月1日にはイーラーショシュのワークショップも
にぎやかに開催する予定です。
皆さまにお会いできますのを楽しみにしています。

download.png

download1.png

download3.png

オフィスビルの立ち並ぶ界隈に、
白壁に蔦のからまる古民家が目印です。

1206_05_12A.jpg

お問い合わせは、こちらまで。

btf ANNEX(バタフライ・アネックス)
〒104-0041 東京都中央区新富1-4-4 有楽町線「新富町駅」2番出口から徒歩5分
tel:03・6280・5068/03・5541・0061 fax:03・6280・5069

logo1.gif
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(13)|trackback(0)|イベント|2013-11-18_17:05|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
展示会、見に行きたい!!
残念ながら無理だけど。。
いつか宮崎でも開催してほしいな~。
いよいよ明後日からだね。
充実した9日になりますように。
宮崎に帰ってきたら、ぜひぜひ会いましょう☆
展示会の話も楽しみにしてます。
たのしみ
ちょうど今テレビをつけたら『地球イチバン』という番組で、サプンツァをやっていました。
もうずいぶん変わってしまったのではという不安がありましたが、変わらぬ暮らしまだ残っているのかな、という感じもして、なんだかとても懐かしくて、久々にまたルーマニアに行きたくなりました。
お会いできるのを楽しみにしています。
楽しみにしてます
ちょうど今テレビをつけたら『地球イチバン』という番組で、サプンツァをやっていました。
もうずいぶん変わってしまったのではという不安がありましたが、変わらぬ暮らしまだ残っているのかな、という感じもして、なんだかとても懐かしくて、久々にまたルーマニアに行きたくなりました。
お会いできるのを楽しみにしています。
Re: No title
sachieちゃん、到着しました!
旅の疲れも癒す間もなく会場へ向かって、
二日間の準備を終え、昨日から始まりました。
3つの部屋を使って、
それぞれの世界が表現できたかどうか・・・
まだ一週間がんばります。
Re: たのしみ
佐藤さま、ご無沙汰しております。
マラムレシュはまだ行ったことがありませんが、
きっと昔ながらの風景も見られるのでしょうね。
私の住む町でも生活のペースがだんだん速く、
せわしくなっていっているように思われます。
村にいくと、あの不思議な時間の流れがまだ感じられます。
変わらない部分が残ってくれるといいですね。
こちらもお待ちしております。
明日
こんばんは。私も地球イチバン録画して見ました。あのカラフルな墓地と人々ののんびりとした暮らしぶりは変わっていないようで、嬉しくなってたところです。今晩の鉄道紀行も楽しみです。

明日、展示会に伺おうかと思います。お会いできるのを楽しみにしています。
お邪魔しました
今日はお会いできて光栄でした。
番組を観た翌朝、通勤中目の前に谷崎さんがいらっしゃって運命を感じお邪魔させて頂いた者です笑
全て手仕事と言う事に驚くような作品ばかりで感激しました。キラキラのビーズが大好きなのですがシンプルな中に存在感を感じるイーラシュシュに心惹かれてしまいました。超初心者ですがこれも何かのご縁、ゆっくり仕上げたいと思います。
またこちらにもお邪魔させて頂きます。
Re: 明日
Yuccalinaさん、きのうはどうもありがとうございました!
すらりとした長身に紫のワンピースがとても素敵でした。
ゆっくりお話できなかったのが残念ですが、
また帰国の際にお会いできたらうれしいです。
Re: お邪魔しました
Yoshimiさま、きのうのお話、本当に不思議な縁を感じてしまいました。
番組をご覧になり、朝ホテルの前でお会いして、わざわざこちらをお探しいただいたのですね。
古きよきヨーロッパの姿が、こうした手仕事の中に見られるようで、
これからも手仕事の文化が残っていくよう願っております。

きらめくビーズに、おおらかなイーラーショシュ、
どちらも魅力的でカロタセグのふたつの特徴にもなっています。
どうかこのトランシルヴァニアを感じていただきながら、
ゆっくりと刺繍をお楽しみくださいね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ご成功おめでとうございます。
展示会の開催、ご成功、おめでとうございます。
何人か友人が展示会に伺い、皆、とてもよかったと言っていました。
また、地方に住む友人たちは、ぜひ東京以外でも展示会を開いてほしいなと、今回伺えなかったのを残念に思っているようでした。
私もいつか、どこかで実物を見せていただける日を楽しみにしています。
残りの日本でのご滞在、いい日々でありますように、フランスよりお祈りしています。
Re: ご成功おめでとうございます。
りんご姫さま、お友達をご紹介してくださって
どうもありがとうございます。
9日間、たくさんの方に見ていただくことができてよかったです。
一人一人の方とゆっくりお話しできたらよかったのですが、
今回は小さな娘もいて、知人友人もきてくださったので、
十分なおもてなしができなかったのが心残りです。
来年の夏には関西にこの展示をもっていきたいと思っていますが、
またご縁があれば地方の町にもぜひ伺いたいです。
いつか、トランシルヴァニアにもお越しくださいね。
Re: タイトルなし
鍵コメントさま、二度も会場に来てくださってありがとうございました!
ワークショップはこちらもあわてておりまして、
一人一人の方にお教えすることができなかったことが悔やまれます。
次の機会がありましたら、もっとゆっくりじっくり
刺繍のすばらしさをお伝えしたいです。
勇気ある行動力をお持ちで、
もしかしたらトランシルヴァニアにもご縁があるかもしれませんね!
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。