トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

年の暮の里帰り

故郷の自然がこんなにもあたたかく、
実家がこんなにも居心地が良いと感じるようになったのは、
自分が遠くへ生活を移してからかもしれない。

大きな窓から降り注ぐ太陽の光や、
冬でも感じられる草の匂い、
笑顔で迎えてくれる家族や、親戚、友達の顔・・。
穏やかな日常が、嘘のように早く流れていく。

子どもが生まれてからずっと楽しみにしていたのが、
お宮参りをすること。
日本人として重要な通過儀礼(イニシエーション)のような気がしていた。

実家に着いて翌日に、その夢に見ていた日がやってきた。
黄金の菊を形どった門を通って、
これから日本の神々と初めて対面する。

宮崎3

35年前、私が生まれて初めて着た晴れ着を娘にもかけてやった。
やがて3歳になったら、今度はこの着物を着せてあげる日がくるだろう。

宮崎2

払い清められた、きりっとした空気の漂う本殿に通される。
式がはじまると、ちょうど眠くなった頃合いだったため、
案の定、娘がぐずり始める。
名前を呼ばれ、黄金の錫杖が頭上で鳴らされたとたん、
魔法をかけられたかのようにぴたりと泣き止んだ。



一年前に、息子もいっしょに親戚一同で参った観音さま巡り。
春に生まれる親戚の子どものために、
そして無事に生まれてきた娘のお礼のために祈りを捧げた。
生命が誕生することの不思議は、
私たち人の力では及ばない次元にある。
だから、私たちは遠い昔からしていたように、
今でも神々に祈り、その助けを請うのだろう。

miya6.jpg



12月の土曜日、
長い間迷ったあと、ついに決心をして出かけることに決めた。
深夜に起きて、父に運転してもらい、
娘を伴って山間の村へと車を走らせる。
真っ暗な道を車のライトが照らす先だけ明るく、対向車は見られない。
ダムとなった人口湖のほとりにある山の上。
児原稲荷神社に着いたのは午前4時だった。

朱赤の鳥居が何重にも折り重なる階段を、
焼酎一升を抱いて駆け上った。
すでに宴は始まっていた。
灯りで照らされた舞台で舞を披露する神官や、
鬼の面をつけた神や土着の神々・・。
厚い毛布にくるまって熱燗をのみ、
夜通し宴を共にする人々。

山の民にとって夜神楽とは、
一年の収穫を感謝する行事でもある。
祭壇には焼酎とともに地元の野菜や果物が並べられ、
天を突くほどに高くそびえる木の柱には色とりどりの紙の飾りが揺れる。

お囃子の笛の音や太鼓のリズム、
繰り返される舞いの動作で意識はもうろうと、
寒さと眠気が交互に襲ってくる。
その長い夜に区切りをつけるように、
東の空が白々と明るくなってゆく瞬間の
なんと劇的で美しいこと。

宮崎5

一年で最も夜が長いこの時期に、
岩戸隠れの一幕を舞うことは決して偶然ではない。
太陽の女神アマテラスが再びこの世に現れて、
私たちに生をもたらすあらゆるものが育まれる。

やがて山里に明るさが取り戻されると、
私たちは地元の温泉でゆっくり冷えた体を温めた。

宮崎4

一年の終わりに、日本の神々の神秘に触れ、
私たちは再び羽田の空を飛び立った。
スポンサーサイト

Theme:史跡・神社・仏閣
Genre:写真

comments(4)|trackback(0)|その他|2014-01-20_10:41|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
昔、高千穂の夜神楽を見に行ったことを思い出します。
夜中に夜神楽をしていたお宅から宿に変える足もなく、朝まで一晩中神楽を見ながら過ごしました。
ルーマニアに劣らず、日本にもまだまだ素晴らしい伝統が残されていますね。
Re: No title
Tomokoさんも、夜神楽をご覧になったのですね。
夜神楽は宮崎の誇る素晴らしい伝承文化だと思います。
むかし家族で住んでいた頃、
旦那に連れられて高千穂、西米良、宮崎市のあちこちに
神楽を見に行きました。

一年で一度だけ、
しかも冬にしか見られないので、
家族に早起きしてもらって連れて行ってもらいましたが、
行ってよかったと思います。
非日常の空間でした。
西米良は高千穂ほど有名ではありませんが、
宮崎市から近く、ほとんど地元の人たちばかりで穴場だと思います。
日本の山間部に、まだまだ神聖な日本の文化が残っているように思われます。
No title
こんにちは。晴れ着の朝歌ちゃん、お似合いで可愛いですね。
実家での素敵な休日を過ごされたようで、読んでる私も癒されました。とても素敵な写真とお話を、いつもありがとうございます。
Re: No title
yuccalinaさん、
いつもご訪問いただいてこちらこそどうもありがとうございます。
お宮参りや七五三は子供にとっても親にとっても、大切な区切りですね。
シミもついていましたが、私の着物を着せてやることができて良かったです。

娘も7ヶ月、手がかかるようになって、
ブログも更新がままなりません。
まだ、沢山書きたいことはあるのですが・・。

日本の素晴らしいところ、
これからも残していきたいですね。