トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

赤いビーズの腕飾り

今回の旅は駆け足だった。
はじめは手仕事を探す目的で訪れていたのが、
いつしか人と出会い、再会することの方が大きくなっていった。
同じ土地に、こう何度も足繁くかよってしまうのはどうしてだろう。
はだかの丘が目の前に立ちふさがる、何の変哲もない風景が
不思議と心を落ち着かせる。

kalotaszeg2013nov (4)

カロタセグに惹きつけられ、ここで暮らす人がいる。
教会の修復をしながら、絵を描き続けるレベンテ。

彼の絵にはこだわりがある。
手製のキャンバスは、手織りの麻袋を使っている。
その土地の伝統の手仕事を土台にして、
彼自身の色を塗り重ねていく。
森深く粗野な自然のセーケイ地方から、
明るく穏やかな自然に囲まれ、今度はどんな絵が生まれるのだろう。

娘とちょうど一か月違いで生まれたジョーヨム。
新しい家族も加わって、彼らの生活に輝きが増していた。

kalotaszeg2013nov (22)

「まるで救世主みたいに、皆あなたを待っているのよ。」
と冗談交じりの声が響いた。
村の女性たちに、秋の展示会のために注文をしていたのだ。
アンナおばさんは図案をひとつずつ布にほどこし、村中の女性たちに配った。
子供の笑い声も、若者の働く姿も消えてしまった村。
ほとんどが未亡人のおばあさんたちからなる村に、
少しでも活気を取り戻すことができるだろうか。
沢山の人の手が加わった布の束を貰い受け、私は海を渡ることになる。

kalotaszeg2013nov (11)

「いつ来るのかと首を長くしていたわ。」
いつも受話器で聞いていた声の主とは初対面。
耳の遠いカティおばあさんの代理で、いつも電話で様子を尋ねてくれる。
「私には孫がいないから、あなたたちが親戚よ。」

赤ん坊のもつ力は何と偉大なのだろう。
その小さな体から想像もつかないほどのエネルギーを放ち、
とたんに周りを笑顔に変えてしまう。

kalotaszeg2013nov (16)

ビーズの輝きの持つ魅力を教えてくれたカティおばあさん。
感謝の気持ちを込めて本を手渡すと、目を輝かせて喜んでくれた。
「私にとって、この本はお金を幾らもらうよりも価値があるわ。」
そしてページをめくりながら、
あれはどこの誰だとかエルジおばさんと楽しそうに話している。
少女のような無邪気な笑顔を見せながら、
「この本を見終わるまではとても眠れないわ。」という。

そして、分かった。
おばあさんにとって、カロタセグのきらめく衣装は
たとえ幾つになっても胸ときめく憧れであり続けるのだと。
幼い少女が花嫁衣装に憧れるのと同じ、
パールタ(ビーズの冠)をかぶり刺繍やビーズで縁取られた衣装をきる少女たちを、
自分の手元に置き、夢心地で眺めるのだろう。

kalotaszeg2013nov (17)

ご近所さんのおばあさんに会った。
カティおばあさんが日本でカロタセグの本が出版されたことを話すと、
「それは、よかったわ。すべて書いて、記録して頂戴。
そうしないと、もうじき私たちの物はなくなってしまうから。」
おばあさんの真剣なまなざしを見て、
改めてカロタセグの状況を知った気がした。

kalotaszeg2013nov (19)

高齢のカティおばあさんは、自分亡きあとのことを考えて、
エルジおばさんを紹介してくれたようだ。
同居している嫁と合わず、離れの部屋に一人住んでいる。
「たまにエルジが来て、お互いに愚痴を言ったりおしゃべりしてから、帰っていく。
私たちはまた同じ十字を背負っていくのよ。」
あの光り輝く赤と白のビーズを手にとり、
つらい現実から少しでも解き放たれるされるのかもしれない。
エルジおばさんも同様に、息子さんを一人抱えている。
不自由な片手を見せながら、
「私はこの手であらゆるものを縫ったわ。ビーズの衣装も刺繍のベストもすべて。」
手仕事を続ける人にはそれぞれ理由がある。

kalotaszeg2013nov (13)

カティおばあさんのお孫さんは息子と同級生。
「いい、私がいなくなっても、ずっと良い友達でいるのよ。」
レヘルが静かにうなづく。

kalotaszeg2013nov (18)

子どもたちが通りを走っていく。
別れの時も近い。

kalotaszeg2013nov (21)

エルジおばさんが、娘のために赤いビーズで腕輪を作ってくれた。
「私たちの所ではこうするの。
赤ちゃんが邪視に合わないようにするためにね。」
やわらかく丸々とした腕に、きらりとビーズの輝きが見え隠れする。
若い女性の装う衣装が赤であるというのにも同じ意味があるのだろう。

「運命の赤い糸」という言葉がある。
東洋では、人と人とを結ぶ縁を赤い糸に喩える。
もしかしたら、カロタセグの土地や人々と繋ぐものはこの糸であるのかもしれない。
私たちから息子や娘へ、この赤い糸が繋がっていくことを願ってやまない。

IMG_0011.jpg
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2014-03-05_07:33|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです
お久しぶりのカティおばあさんに嬉しくなっちゃいました!
実際は会ったこともないのにあの笑顔を見ると、どうも懐かしく思ってしまいます。
このブログを見ているとカロタセグの伝統と文化に惚れた人がいる限り、伝統と文化は消えないのだと思えます。
娘さんを見るみなさんの顔はすごい嬉しそうですね。
赤ちゃんの力、ホント偉大だ・・・
Re: お久しぶりです
Yuriさん、お久しぶりです。
いつもご訪問くださって、どうもありがとうございます!
育児のため、なかなかお返事ができませんでした。

カティおばあさんはあの人懐こい笑顔もそうですが、
お人柄も純真で思いやりがあって、素敵な方です。
カロタセグの文化や伝統を愛する人が、何より村人たちであってほしいというのが一番の願いですが、
もしそうでなくても、世界のあちこちでファンが生まれてくれるといいですね。

赤ちゃんは無条件に愛し愛されるもの、
行く先々で笑顔を振りまき、周りも幸せそうでした。
No title
ご無沙汰してます。
カティおばあさんのお元気な姿を見られて、とても嬉しいです。展示会で買ったビーズブローチをコートの胸に付けていると、人から良く声を掛けられるのですが、先日はヨガスタジオの受付の女性に問われて、聖子さんのブログやネットショップを紹介したりしました。とっても人を引き付けるパワーを持っているんですね。

ところで、赤という色はヨガの世界では「人間の肉体と精神の土台を作るとてもパワフルな色」とされてます。ベビーに赤を着せるのは、心を体も元気に育ってほしい気持ちが込められてるのかもしれませんね。
No title
素敵な贈り物をもらいましたね~。
本当に 赤ちゃんはエネルギーに満ちていますよね。
おばあちゃん方・・・高齢ですね、やはり。  でも年齢を聞くと
思うより若かったりしますよね。 外国では・・・。
ラダックで驚いたものです。  やっぱり厳しい土地や暮らしで
長年の苦労が出るのでしょうね。
町並みもいい感じですね~~。
聖子さんの大きな役割を感じます。  皆さんが期待がいっぱいですね。
Re: No title
yuccalinaさん、昨年の展示会では
たくさんお求め頂いてありがとうございました。
このビーズワークはする方が多くいらっしゃるのですが、
カティおばあさんのものには他にないセンスのよさ、
温かみがあります。作品は作り手を表すのでしょうか。

冬の長い地方で暮らす中で、
生命に対するあこがれのようなもの、
あふれ出るエネルギーが感じられます。
沢山の方にお声をかけてもらったと聞き、こちらも嬉しいです。

「赤」のもつ力は偉大ですね。
イースターエッグも赤ですし、
若い女性や子供に身につけさせたり、
馬にも魔よけとして赤い飾りをつけます。
ヨガのお話にもあるように、生命の根源を感じさせますね。



Re: No title
霧のまちさん、ビーズの腕飾りは
ただ紐に通しただけの簡単なものですが、
特別なプレゼントでした。
残念ながら、一週間くらい身に着けたら
動きが激しいので両方とも切れてしまいました。

おばあちゃん方は、こちらは高齢に見えますが、
もっと驚いたのは手が大きいことです。
長い間、くわやすきを持って働いたことの証明ですね。

おばさんが救世主だなんて冗談で言いましたが、
他にもアメリカの女性がイーラーショシュを現地の女性に作らせる
販売する試みをしていたり、少しずつ注目されているようです。
こうして手仕事が生活を支えるのは、
すでにカロタセグでは100年前からされていました。
おばあさんたちの収入源になるにつれて、
少しでも若い女性たちが村に戻ってきてくれることを願います。