トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

結婚記念日とカールノクの遺跡

10年前のその日、
私たちはここトランシルヴァニアで結婚をした。
日本の母と弟が駆けつけてくれたものの、
結婚式という形式ばったものはしなかった。
それよりも、国際結婚の複雑な手続きや、
生まれてくる子供の方が大切だった。

その年、初めての大雪が降った数日後。
いつものようにカールノクの友人宅を訪ねていた。
「そういえば」と結婚記念日のことを話すと、
友人夫妻は記念日には夫婦だけでどこかへ出かけて過ごすという。
結婚後も夫婦の時間を大切にするのは、
ハンガリー人の特徴かもしれない。

ふと、旦那に村を散策しようともちかけた。
娘を抱いて、真っ白な雪道を歩いていく。
ほんの10分ほどで、村の教会にたどり着くと、
おとぎ話さながらの木彫りの門が出迎えてくれる。
「神はひとつ」と書かれるのは、ユニタリウス派のしるし。

IMG_1501.jpg

並木のたつ小道を通り過ぎ、
白い教会と木造の鐘つき台の間を進むと墓地にでる。
「私のことを信じる者は、死後もずっと生きている。」
聖書の引用句に精霊だろうか、小鳥が飛んでいる。

karnok (10)

さみしい墓地の中に、
とりわけ大きな一本の木が目をひきつける。
樹齢550年と言われるこの大木は、
こちらでは珍しい樹齢の長いもの。

IMG_1506.jpg

初めて見たとき、もっと高く大きく感じられたのは、
その木の不思議な存在感のせいかもしれない。

karnok (1)

墓地を過ぎると、もうそこは村はずれ。
見渡す限り真っ白な丘を、ただひたすら登っていく。
雪の中の影が青いということを、ここに来て初めて知った。
日常に流されて、自分を見失いがちなとき、
真っ白な道をただ歩き続けることが不思議と心を静めてくれる。

karnok (2)

気が付くと、身にまとうコートが重く感じられ、
首に巻いたマフラーを緩めた。
丘の上に立つ建物は、13世紀に建てられた教会の跡。

karnok (3)

ちょうどこの頃、タタール人の侵略によって
ここトランシルヴァニアの町や教会は崩壊された。
そのため、ロマネスク時代の遺跡はほとんど残っていない。

karnok (4)

日の沈む前の、橙色の光が遺跡を鮮やかに浮かび上がらせる。
丸い窓にどんなガラスが輝いていたのだろう。
壁やドアにはどんな模様が描かれたのだろう。
そして、日曜のミサには村人たちがどんなに清潔に身支度をして出かけただろう。
悠久の時代に思いを馳せることが、
日常にいかに欠けていたかを知った。

karnok (14)

これだけの石が何百年の時の重みに耐えてきたのだ。
人の手で作り出したものを文明と呼ぶ。
その有名無名にかかわらず、この小さな村はずれの丘にこの遺跡が
存続してきたということに心を動かされた。

karnok (13)

さっきまで胸の中に頭を埋めて眠っていた娘が目を覚ました。
ギリシャでも、エジプトでもなく、
トランシルヴァニアの村で迎えた結婚記念日は、
忘れがたいものとなった。

karnok.jpg
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2014-03-23_04:48|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
ご結婚10周年なんですね、おめでとうございます。
過ぎた年月を思い返しながら歩くのは いつもとは
違った感慨があるのかも知れませんね~。
まだまだ雪がいっぱい残っていますね。
きょうの日本の ここ静岡は昼間 20度を越す予報です。
サクラの話題もあちこちで。
娘さんの真っ白な服が 雪の精のようにきれいですね。
Re: No title
霧のまちさん、ありがとうございます。
この日は2月初めだったので、雪が残っていましたが、
もうすっかり溶けて、緑が広がっています。
ちょうど日本は桜の季節なんですね。
こちらもプルーンの真っ白い花がそろそろ開きかけています。

なかなか国外に出ることができませんが、
近くの遺跡で遠くへ旅したような気分になりました。
No title
聖子さん、私はよく書店に行くのですが 今回 立ち読みしてていてびっくりでした。
フェリシモの情報誌「クチュリエ」の表紙に見覚えが!!
何とイーラーショシュでした。
驚いて中を見ると 小さくですが 聖子さんの紹介がありました。  聖子さんの監修のもと 今回の商品の開発になったんですね。
可愛いセットが載っていました。
いろんな手芸を探しているフェリシモ、さすがに目が止まったんでしょうネ!  日本には同じ糸が無さそう・・・。
糸までそちらから手配されたのでしょうか。
頑張っていらっしゃる聖子さんの日々を少し見たような
気になっていますよ~。
Re: No title
書店でクチュリエをご覧になったんですね!
去年からこちらの仕事をしているんです。
キットは私も作っていたのですが、
大きい会社だと出来ることがまた違うのでいい勉強にもなりました。
刺繍糸もはじめ、材料はすべて日本製なのだそうです。
このキットのために特別に材料から作っているようです。

なかなかブログ更新が追いつきませんが、季節も移り変わり、
こちらでも様々なことが日々起こっています。
いつも気にかけて頂いて、どうもありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。