トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トランシルヴァニア風手抜き料理

トランシルヴァニア、ことにセーケイ地方は寒暖の差が激しいので、野菜が美味しい。だから料理にそれほど手を加えなくても、それなりに美味しくなる。
よく言えば、素材の味をそのままに生かす。悪く言えば、手抜き料理も少なくない。

ここで、面倒くさがりにはぴったりの料理レシピを紹介したい。

=クルミのスパゲティ=
まずはクルミを割ることからはじめる。家庭でも最も危険な凶器、オノの裏側にある四角い面でクルミの殻をわる。

IciriPiciri5 397_convert_20080602181356

あまり力を入れすぎると中身がばらばらになるので、加減をしなければならない。ここで、ひびの入ったクルミの殻をはずすのに息子も参加。殻は、飛行機やヘリコプターのご飯となる。

IciriPiciri5 398_convert_20080602181625

クルミの中身を選別したら、砂糖と一緒にミキサーにかけて、少しフライパンでいる。すると、香ばしい香りが漂い始める。私は、これにきな粉を入れることもある。
その間にパスタを茹でる。トランシルヴァニアではタマゴ麺のパスタが主流で、歯ごたえは少ないがこってりとした感じ。
できたパスタにクルミを振りかけて、出来上がり。

IciriPiciri5 399_convert_20080602181657

気になるお味は・・・・ただクルミの味だけなのに、深みがあって美味しい。クルミの中の脂肪分がパスタに絡まって、よく合う。

=プリスカ(ルーマニア語でママリガ)=
プリスカというのは、とうもろこしの粉で作った主食である。ルーマニアの人はこれが大好きである。こんな袋が、どこのスーパーでも売っている。

IciriPiciri5 188_convert_20080602181732

感覚的にはそば粉を茹でたものに似ている(味はぜんぜん違うけれど)。お鍋にお湯を沸かしてから、塩ととうもろこしの粉を中に流しいれる。すぐに粉が水を吸って膨れるので、木の棒で力いっぱいかき混ぜないといけない。これがなかなかの重労働。火をかけながら、かき混ぜること15分ほどでできあがり。卵の黄身のような色合いで、味は余り強くないが、ほんのりととうもろこしの甘みが感じられる。

IciriPiciri5 189_convert_20080602184750

このプリスカには二つの味わい方がある。
まず、牛乳を入れたお皿に大きなスプーンで二つ三つすくって落として食べる。シンプルに牛乳の甘みと、とうもろこしの風味を楽しむことができる。

IciriPiciri5 190_convert_20080602184843

もう一つは、羊のチーズと一緒に焼く方法である。
フライパンに脂を引きプリスカを平らにしいて、羊のチーズ(塩味)をたっぷりとかけ、またプリスカを上から平らに載せてゆく。焼く際に、お肉を焼いた後の脂があれば最高である。お肉の味が中にしみこむからだ。

IciriPiciri5 192_convert_20080602185855

ふたをして焼くこと、20分ほどでよい香りがしてくる。ふたを開けると、絵本の「ぐりとぐら」で野ネズミたちが焼いたあのカステラのような黄色い顔が姿を現す。

スプーンで取り分けると、羊のチーズがトロトロに溶けて、とうもろこしの味に絡み合う。特に美味しいのは、フライパンの底についた焼け目の部分だ。茶色くパリパリに焼けたとうもろこしの香ばしさがたまらない。

IciriPiciri5 194_convert_20080602184925

=ジャガイモのチーズのせ=
セーケイ地方のジャガイモは有名で、別名ジャガイモの地と言われるほどである。
大きさは握りこぶしよりも大きく、皮が赤いものが多い。

このジャガイモはどのように食べても美味しいのだが、オススメは焼くことである。
ジャガイモの皮をむき、タテに半分に切る。油を引いたフライパンにのせて、ふたをして焼く。ジャガイモに十分火が通ったら、塩をふってチーズのスライスをのせる。出来上がり。
焼いたジャガイモの香ばしさに、チーズがぴったりと合う。これだけで食事は大満足。
フライドポテトもいいが、こちらの方が外はパリパリとしていて中はふっくらと柔らかく、二つの食感が楽しめる。

varosnezes 001_convert_20080605225048

トランシルヴァニアの簡単料理、一度試してみてはいかが?













スポンサーサイト

Theme:海外食生活
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2008-06-02_18:10|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

くるみを割る斧は、凶器に見える~(笑)。
お取り扱い注意!!
なるみちゃんが持てば、きっと立派な凶器になるでしょうね・・・高校時代も草刈のときに、あやうく担任の足を切りそうになったし。

お久しぶり!
いつもコメントをありがとう!
またメールするね。