トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

炭酸水通りの我が家とテレビ取材のこと

その家と出会ったのは、娘を体に宿すより
ほんの少し前のことだった。
知人を訪ねるときにたまたま通りかかった家。
売り家の張り紙を見つけた。

borviz (6)

家の前では、ほっかむりをかぶったおばあさんが、
「この家は、私のものよ。」と通せんぼしていた。
よく話を聞くと、おばあさんはこの通りの家ぜんぶが
自分のものだと思っているらしかった。

ご近所の人たちは、頭がすこしおかしいと噂するマルギットおばさん。
二つの家の間に仕切りはなく、
あっちこっちとせわしく行き来している。
オオカミみたいなどう猛な飼い犬が、
立ち入る人に牙をむいて吠えかかる。

borviz (4)

「この家が売れずに残っていたのは、
きっとマルギットおばさんのおかげだよ。」と旦那は言う。
朽ちかかった門、古いライラックの木、
何年も空家のおんぼろの家。
そして、隣には変わったおばあさんと怖い犬がいる。

それでも、私たち家族にとっては理想の我が家だった。
できるだけ前の持ち主が住んでいた空気をそのままに残して、
ここで生活をしたい。
修復するところは沢山あるが、手をかけることが同時に楽しみでもある。

borviz (1)

ドアを開けると、
季節の花々や虫たちの羽音、
鳥のさえずりが迎えてくれる。
手をのばすと、すぐに自然に触れることができる。

borviz (7)

第二の我が家が、これから住まいとなる。
移りゆく季節に身をゆだねて、
小さな娘もすくすくと成長していくだろう。

borviz (8)

トランシルヴァニアへ移住して6年目が過ぎて、
ようやく理想とする生活ができるようになった。
ちょうどこの時期に、
海外で暮らす日本人を取材する番組から声がかかったのも、
偶然ではないのかもしれない。

borviz.jpg

夏の日暮れ時には、
小高い丘の上にある庭のはずれで過ごすのが好きだ。
赤茶色のレンガと森が見えるこの風景は、
町にいることを忘れさせてくれる。
日がゆっくりと落ち、すべてが橙色に染まっていく様子を
その日の終わりのそよ風に吹かれてただじっと眺めている。

boeviz.jpg

トランシルヴァニアの我が家と
家族がこちらの番組に出演します。

世界の村で発見、
こんなところに日本人

2014年7月11日(金)よる9時放送
スポンサーサイト
comments(42)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2014-07-07_11:31|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

楽しみにしています。

その後ご実家を満喫されているでしょうか。
お坊っちゃまの学校体験がいかがですか。
みなさまお元気だとうれしいです。

東京でのワークショップ、大変お世話になりました。
老眼の進行で疎遠になっていた手芸をワークショップをきっかけにして再度楽しむ日々を送っています。
遠いルーマニアの地に想いを馳せながら手を動かしています。

さて先週の放送の予告編から谷崎さん宅訪問が11日の放送だとわかりました。
自分が出演する訳でもなにのに家族を捕まえて宣伝(自慢)しました。
録画もバッチリして永久保存版にします。

この先ルーマニアに帰国される際もどうかご無事でお帰りください。
またうれしいお知らせを楽しみにしています。
Re: 楽しみにしています。
あずまさま、コメントをどうもありがとうございます。
東京のワークショップでは、突然のキャンセルの連絡にもかかわらず
駆けつけていただいてありがとうございました。
今回は販売が主で、小さな規模のものだったので期待してこられた方には申し訳なかったと思っています。
ただ今開催中の宮崎の展示の方が、小さいながらも
展示会らしい品ぞろえとなりました。

今週の番組では、カロタセグの取材で
カティおばあちゃんも映ると思います。
古い我が家とともにどうぞご期待下さいね。
(ちなみに私はノーメイクで髪ぼさぼさ、服装も普段着です・・。)

宮崎の実家では、
息子もランドセルを背負って学校に通い、
楽しく過ごしています。
またご報告できますのを楽しみにしています。
No title
私も 番組の事をお聞きし 大変楽しみにしています。
確かに・・・日本人がほとんど住んでいない地域ですから
テレビでは 大変乗り気だったんでしょうね。
なかなか行けないルーマニアですが
一足先に 映像で拝見するのをわくわくしながら
待ちます。
台風がそろそろ直撃ではと思いますが、被害が無いように
祈ります。
Re: No title
霧のまちさん、どうもありがとうございます。

番組では、ものすごいへき地や
生涯のほとんどを現地暮らしされた方々も出ていらっしゃるようですが、
私は町ですし、波乱万丈の生涯でもありません。
はたして面白い番組になるのか、どうでしょうか。

久しぶりの日本で過ごす夏ですが、
大きな台風が近づいていて雨風がどんどん激しくなってきています。
ほんとうに何事もないように願っています。
No title
今、偶然番組のCMを見て、もしやと思ったらやはり聖子さんだったんですね。
楽しみにしてます。
Re: No title
え、番組のCMなんてあるんですか!
ちょうど日本に来る前、6月のはじめころに取材があったんです。
私なんてひどい姿で、何を聞かれたかもあまり覚えていません。

はじめまして。今テレビを観ました。
聖子さんはじめまして。突然すみません。今テレビを観て、検索したらホームページが!嬉しくてコメントしています。聖子さんの雰囲気に癒されました。またお邪魔させて頂きます。
今TVを見ました(^_^)
テレビで素敵なお家を拝見させていただきました。
こんなところに日本人というか、こんなところに住んでみたいって思いました。
いつか行って見たい場所が、1つ増えました。

見ているだけで幸せな気持ちをいただきました。
本当にありがとうございます。
これからも、読ませていただきますね。
では、がんばってください。
番組みましたよ♪
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
はじめまして
はじめまして。
先ほどテレビで拝見させていただき、早速ブログをさがしました。
遠い異国で自然や伝統やぬくもりを大切にされた生き方をされていて、私の奥深いところが暖かく優しく共鳴しました。
また時々楽しみに拝見させていただきますね。
No title
こんばんは。
テレビ番組を拝見して、さっそく検索してきました。

私も以前主人の駐在に付き添い、オランダの地で
ボビンレースやハーダンガー刺繍、シュヴァルム刺繍、
そしてヒンデローペンの絵付けなどを楽しんでいました。
ブダペストのお土産店ではカロチャ刺繍のキットを買ったり。
今は東京で慌ただしい日々を過ごしていますが、
時折あのゆったりした時間を懐かしく思い出します。

これから色々拝見させていただきます。
不便なことも楽しみに変えてしまえる聖子さん、
これからも笑顔で日々の生活を頑張ってくださいね。

・・・って今は一時帰国中でしょうか。
ご実家の皆様と楽しい夏を過ごされますように。

聖子さんへ
生きざまも景色もそしておばあちゃんたちの手仕事素晴らしいですね!!!

思わずwebsite探してコメントしてしまいました。
ハワイ、バリ、ヨーロッパか東欧!のどこかが気になるな~と最近思っていて
タイミングよく番組拝見できてよかったです。

ワンダーな日々を!お過ごしください(^-^)/
番組、見ました!
聖子さん!
番組、見ましたー(^^)
お気に入りの場所からの風景も素敵でした。
ご家族そろっての笑顔、いいなあ。
谷崎さんへ
はじめまして!

「世界の村で発見!こんなところに日本人」の放送で、谷崎さんのご活躍を拝見しました。

私は谷崎さんと同世代なので、勇気を頂きました。運命的な出会いってあるんですね。ガスや水道が無いのは、不便かとは思いますが、体調には気をつけて下さいね。
Re: はじめまして。今テレビを観ました。
みかさま、コメントをどうもありがとうございます。
テレビからわざわざHPをお探しくださって、
嬉しく思います。
トランシルヴァニアに移住を始めたころから
ずっと書き綴っています。
よろしかったら、また覗きにいらしてください。
Re: 今TVを見ました(^_^)
泉さま、コメントをどうもありがとうございます。

トランシルヴァニアを住んでみたいと思っていただけたこと、
嬉しく思います。
日本のように便利ではなく、静かで変化はあまりありませんが、
自分を見つめるのにはいい場所だと思います。
何より自然が美しいところです。
また覗きにいらしてください。
Re: タイトルなし

どうもありがとうございます。
Re: 素敵でした
鍵コメントさま、手芸を好きな人にとって
ここは理想的な環境だと思います。
きっと何かのご縁で番組をお知りになり、
そしてここまでたどり着いていただいたのでしょうね。
手芸もこの土地の自然、歴史、人々
さまざまなことと結びついています。

今後もどうぞよろしくお願いいたします。
Re: はじめまして
沙羅さま、コメントをどうもありがとうございます。

遠い国、知らない土地でも
どこか気持ちが共鳴することがあるんだと思います。
そのように感じていただけて、嬉しいです。
このブログがトランシルヴァニアへの扉であることを願っています。
Re: No title
Keutjeさま、はじめまして。

オランダで生活をされたことがあるのですね。
その土地の手仕事に親しまれたことは、貴重なご経験だと思います。
手を動かし、ものを作るということは贅沢な時間ですね。

今は日本に帰国中ですが、
また8月からトランシルヴァニアに戻ります。
今年は薪ストーブで冬越しとなるでしょうか。
すべてが便利すぎると麻痺してしまう部分があるので、
不便な中の美しさ、楽しさを見出していきたいと思います。


Re: 聖子さんへ
映さま、どうもありがとうございます。

生きざまと言えるほどのものではありませんが、
この環境、文化に惹かれる気持ちのままに、
生活をしているだけだと思います。

いつか、トランシルヴァニアの手つかずの自然、
極上の手仕事を見にお越しください。
Re: 番組、見ました!
愛さま、どうもありがとうございます。

あの風景が気に入って、
土地を買うことに決めました。
これから、果物の木々が育ち、
畑も大きくなって、新しい生活がはじまることを願っています。
Re: 谷崎さんへ
高橋さま、はじめまして。

番組からこちらに来ていただいてありがとうございます。
同世代の方に共感していただけて、嬉しいです。
出会いはきっとあちこちにあると思うのですが、
その時の自分の心持がそうだったのかなと、
きっと運命を探し求めていたのではと思います。

不便な中に、ほんとうの生活が待っていると信じています。
はじめまして
昨日のテレビ番組を観てこちらのブログをみつけました。

テレビを観て、手仕事に関心があるので、ルーマニアの生活に興味をもちました。

昔ながらの、手芸技法を絶やさず伝えていく大切さを感じます。

私は糸紡ぎをするので、ご自宅の壁にかけられていた、コームに目が行きました。
あれは、麻や羊毛の繊維を揃える道具ですよね?

これからも時々ブログ拝見させていただきます。
懐かしくなって…
聖子様、はじめまして。
2年前のルーマニアの旅が懐かしく思い出されて、テレビ番組を拝見しました。
聖子様の人となりを知り、私も手芸を嗜むものとして共感を覚え早速検索させていただきました。
トランシルヴァニアの美しい景色を思い出しながら、現地で買ってきたマクラメや刺繍を改めて見つめなおしています。
懐かしいアンドレイの顔が思い出されます。

早速手芸本を購入手続きさせて頂きました。到着が楽しみです。
またお邪魔させて頂きます。どうかお元気で! ご活躍を願っています。
はじめましてm(__)m(^^)
先日のテレビ拝見致しまし!(^^)
ルーマニアやハンガリーの手芸にとても興味を持ちました(^^)
ありがとうございました!
Re: はじめまして
ひがな羊毛さま、どうもありがとうございます。

農村の手芸の場合はその背景、環境も一体となっての手芸だと思います。
時代によって変わらざるを得ない部分もありますが、
できるだけ生活に寄り添った意味のある品であってほしいです。

毛糸の作品をおつくりになるのですね。
自宅の壁にあるのは、おっしゃる通り、麻や羊毛をすく櫛のようなものです。
民俗学者だった舅から受け継いだものです。

今後もどうぞよろしくお願いいたします。
Re: 懐かしくなって…
dollrose さま、はじめまして。

ルーマニアにご旅行なさったのですね。
アンドレイさんというのは、オリビアさんの息子さんのことですよね?
今回のTV取材の通訳として来られました。
お若いながらも、気の利く好青年でした。

手芸の生まれた背景をご覧になるのは、大切なことだと思います。
きっと、作品に対する愛着もさらに深まったこととお察しします。

本もお求めいただきまして、どうもありがとうございます。
お送りさせていただくのを楽しみにしています。

Re: はじめましてm(__)m(^^)
たあちゃんさま、はじめまして。

今回のテレビの取材が、
ルーマニア、ハンガリーの世界の扉となりましたこと、
嬉しく思います。
No title
テレビ見ましたよ!
ブログ内で告知があったのでよかったです。
聖子さんはイメージ通り本当に素敵な方でウットリしちゃいました。
古くもある新しいお家、楽しみですね。
お庭がどうなるのかも楽しみです。
また遊びに来ます。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
lakkaさま、こんにちは。
テレビご覧いただいてありがとうございました。
私も昨夜はじめてみたのですが、
大幅にいろいろなことがカットされていて、
カロタセグの現地取材が一瞬しか映っていなかったのでがっかりでした。

家もメインの飾りベッドや骨とう品がほとんど映っていなくて、
代わりに汚い物置部屋がしっかり映されていて・・。ショックです。

また覗きにいらしてくださいね。


Re: びっくり
鍵コメントさま、こちらもびっくり!
もちろん覚えていますよ。
宮崎はテレビ朝日がないみたいで、
懐かしい旧友から連絡はこれが初めてでした。
またゆっくりメールさせてくださいね。
初めまして!
聖子さん、初めまして。
先日、テレビ番組みました!
とてもいい所に住んでて、うらやましくなりました!(^-^)
わたしには海外に住むなんて出来ないんだなぁと、ほんとうらやましいです!
これからも頑張ってください!
Re: 初めまして!
ラピュタさま、はじめまして。

海外での生活も様々ですが、
私はただ家庭を守るだけでは自分を見失ってしまうので、
こうして何かを探し求め続けるのではないかなと思います。

8月からまたトランシルヴァニアの日常を
ご紹介しますので、どうぞよろしくお願いいたします。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: ご縁を感じて…
鍵コメントさま、はじめまして。
先日はわざわざ宮崎のお店までお越しくださって、
どうもありがとうございました。

トランシルヴァニアと宮崎と大学のある町と、
偶然が重なり、こうしてご連絡いただいていると思うと不思議です。

こちらもご連絡差し上げたいのですが、
もしよろしかったら、左のメールフォームから
ご連絡いただけたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
スフントゥ・ゲオルゲの思い出
こんにちは。フィンランドで彫刻を作っている小山泰です。3年前の彫刻シンポジウムでは、大変お世話になりました。今回、番組を拝見し、谷崎さんのお顔を拝見するのは初めてだと気づきました。彫刻シンポジウムでは、バルナやゾリ(ゾルタン)らと制作や食事を共にし、とても有意義な時間を過ごしました。シンポジウムで得た体験や技術が、現在の美術活動を支えてくれていると思っています。また、番組で映ったスフントゥ・ゲオルゲのマーケットは、特に懐かしかったです。美味しい果物を買ったり、朝からパリンカで乾杯をし、彫刻を彫りに出かけたのを思い出しました。旦那さん、バルナ、ゾリ、ピーター等、皆さんによろしくお伝えください。素敵な刺繍やセーケイの民俗文化を覗きに、また「トランシルヴァニアの扉」に参るつもりです。
Re: ありがとうございます
鍵コメントさま、なかなかお返事ができなくて申し訳ありません。
もうすぐ帰国なので、準備に追われています。
またあちらに帰って落ち着いてからメールをお送りさせていただきますね。
Re: スフントゥ・ゲオルゲの思い出
小山泰さま、ご無沙汰しております。
あれから早3年が過ぎたのですね。
彫刻家を呼んでほしいとの呼びかけで、
小山さまにお声をかけさせていただき、
トランシルヴァニアにお越し頂くという素敵なことが実現しました。
参加者が制作した木彫りのオブジェは、今も街に寄り添い、なくてはならないものとなっています。

友人たちから小山さまのプロ意識がほかのアーティストにも
いい影響を与えていたという話を聞き、
同じ日本人の私も誇らしく、嬉しかったです。
アパートの脇の木彫りの猫を見かけると、
小山さまご本人と接しているようで楽しくなります。

またぜひ、トランシルヴァニアにお越しください。
バルニ主催の彫刻シンポジウムは今は開催されていませんが、
ほかの方から聞きましたら、またお声をかけさせていただきますね。