トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

セーケイ地方の収穫祭

夏休みも最後の週。
土曜日の昼下がり、遠くから楽団の音色を聴いた。
夏の名残をのこす焦がすような太陽の光のもと、
目を凝らして見つめていると、
通りの向こうから砂埃とともに若いセーケイの騎馬兵が現れる。

IMG_9132.jpg

てい鉄が土をける音と、
管弦楽器のメロディーがだんだんとはっきり、こちらへ近づいてきた。
週末の閑散とした村の通りに、
不意に活気あふれる団体が姿を現したせいか、
まだ半分夢心地で受け止める。

IMG_9136.jpg

後ろの荷馬車には、赤と黒の縞模様が鮮やかなセーケイの少女たち。
凛とさわやかな眼差しをこちらに投げかける。

IMG_9145.jpg

昔はセーケイ地方でも、村ごとに色や縞模様が違ったという衣装。
今では、赤と黒というのが一般的だ。
工業化が進み、手仕事の文化がよそに比べて早く廃れてしまったのは残念なものの、
セーケイ人が民族衣装にかける想いは今なお強い。

IMG_9150.jpg

トランペットにアコーディオンの音が高らかに鳴り響くと、
少年少女たちの歌声が重なり、大合唱となった。

IMG_9149.jpg

列の最後尾には、ジプシーに仮装した少女とセーケイの少年が
葡萄の入った籠と葡萄酒を手に、村人たちに声をかける。
「葡萄酒を買わんかね。」
ガラス瓶から深い紫色の液体を一気に飲み干すと、
小さな募金箱にお金を入れる。
その集まったお金で、夜に舞踏会が開かれる。

IMG_9157.jpg

昔からずっと続いてきたこと、
これからもずっと受け継がれていくべきこと。

地元に根付いた習慣はいつも季節に寄り添い、
日常に非日常性を加え、私たちの生活をいっそう色鮮やかなものにしてきた。
にぎやかな集団は、その日の私の心にも
秋の香りをひとつ落としていった。




スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2014-09-25_05:49|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
きれいな空の下で繰り広げられる こじんまりした行事ですね~。  こう言うのは事前に「お知らせ」が無いのですか?

いきなり来るんでしょうか。(笑)
それにしても民族衣装が素敵なアナログな感じのイベント、昔 私も経験した村の祭りを思い出しました。
この行事は 夏から秋への入り口になるんでしょうね。
Re: No title
霧のまちさん、収穫祭は9月にかけて、
今でもさまざまな村で行われています。
お知らせの張り紙はしてあるのですが、
私はその時友人宅に泊まり、まったく知らずにいたので、
印象がより新鮮でした。

出身の村だけでなく、近郊の村々もめぐり、
一日がかりで収穫祭の宣伝に出かけるそうです。
そして夜の舞踏会が若者たちにとっては本番。
夏の仕事が一息ついたこの時期の収穫祭は、
大切な息抜きだったのでしょうね。