トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

イボヤおばさんの赤い刺繍

初夏の夕暮れ時、
いつもの通りにおばあさんを訪ねた時のことだった。
普段は通り過ぎる入り口で、
嫁のイボヤおばさんが声をかけた。
「おばあちゃんは、出かけているわ。
よかったら、こちらにお入りなさい。」

戸惑う私に、こう声が返ってくる。
「私だって、そんなに悪い人じゃないのよ。
きっと、おばあちゃんから話を聞いているんでしょう。」

大好きなおばあさんが、嫁と不仲であることをもらしていたから、
自然と足がそのおばさんから遠のいていた。
中に入ってみると、意外な姿を目にした。
眼鏡をかけ、黙々と針を手に刺繍をしている。

「ちょうど孫のための、ブラウスのカフスを作っているの。
もうすぐ、16歳になるからね。」
白い布をさっと針ですくい、みるみる内に赤い糸が埋め尽くしてゆく。
その達人芸に、すっかり見入ってしまった。

IMG_6077.jpg

「私の生まれた村では、みな働き者で、ブラウスの刺繍ができるけれど、
ここでは誰もこんな仕事はしない。」
同じカロタセグ地方でも、おばさんの出身の下地方では刺繍が盛んなのに対し、
ここでは刺繍は影をひそめ、代わりに華やかなビーズがもてはやされた。
そうした技術の違いにも、それぞれの精神性が反映されているのかもしれない。

「この真ん中の所には、「蜘蛛」と呼ばれるステッチがくるのよ。」
立体的な蜘蛛の巣のような形のステッチは、
ブラウスの他に、下地方ではスカートのスモッキング部分を鮮やかに彩っている。

実際にこの刺繍をするところを見たいと思っていたので、
願ってもないことだった。
おばあさんと夜9時に待ち合わせをして、ひとまず宿に帰った。



小さな娘を寝かしつけた後、
ひっそりと静まった村の通りを小走りで、目指す家へと向かった。
門を開くと、扉の隙間に灯りがもれていた。

イボヤおばあさんが同じ姿で黙々と刺繍に取り組んでいた。
「来たのね。この白い部分に「蜘蛛」のステッチをしていくのよ。」
私の手元に白い布が渡された。
おばさんの指先が動き、赤い四角の枠ができると、
さらに縦横斜めに赤い糸が引かれた。

「さあ、ここから始まるのよ。」
中心からぐるぐると糸を巻き付けながら、
まるで編むようにして小さな星の形が生まれた。
だんだんとその糸に厚みができ、
面白いように太く、大きくなってゆく。
まるで手品に魅せられた子供のように、胸がときめく。
誰がこれを考えたのだろう。
同じようにカロタセグの少女たちも母親や祖母から
刺繍の手ほどきを受けて、その魔法に目を輝かせてきたに違いない。

星の先に散りばめられた、小さな「蜘蛛」。
それは、刺繍糸でできた赤い絨毯のような刺繍を輝かせ、
重厚感を与えている。

IMG_6066.jpg

目の粗い素材で、化繊素材の毛糸であるのが残念だ。
もしも、これが昔ながらの「ジョルチ」と呼ばれる細やかなコットン布で、
ウールの毛糸「ハーラース」だったらどうだっただろう。
100年前の手仕事となんら変わりなかったに違いない。

刺繍をするイボヤおばさんの声が聞こえる。
「私の夫がこの春に亡くなったのよ。
やさしい人だった。
まだ退職したばかりだったのに。
こんなはずじゃなかった。
これから、私はどうしたらいいだろう。

いつも眠れずに、ただこうして刺繍をすることしかできない。
こんなはずじゃなかった。」
赤い刺繍の上に、おばさんの大粒の涙がこぼれた。
私はただ、彼女の濡れた目をみつめるしかなかった。

夜が更けるまで、おばさんは針を持ち続ける。
赤い刺繍は、その作り手の哀しみも、苦しみも受け止めて、
ただ輝くような赤い色を放ち続けている。

そしてまた、同じ屋根の下、
ビーズに針を通し、眠れない夜を過ごす人がいるのだ。
寂しい二人が、それぞれに手仕事をよりどころにしている。
もしも、心を通い合わせることができたなら・・。




スポンサーサイト
comments(18)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2014-11-10_04:18|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
赤い刺繍、最初の骨組みはクロスステッチなんですね~。
それを見て、これからどうなって行くんだろう??とワクワクしました。  で、出来たものに驚きました。
とっても立体的になるんですね。  凄いです!
その地方では やはり赤は特別な色なんですね。
布や糸の素材、よくないんですね~、安いからそれを買ってるってことですか?
それらの刺繍は 本やレシピを見ずに暗記されているんでしょうか?
Re: No title
霧のまちさん、いつもどうもありがとうございます。

ブラウスの刺繍は細かいクロスステッチが主なのですが、
トランシルヴァニアでは、もうひと手間かけた「編みクロスステッチ」がよく使われています。
赤い刺繍のブラウスは若い女性の色ですし、
部屋の中の赤い刺繍は祝いの日に使うものですので、特別なものです。
ザクセン人は青や紺を好み、
ルーマニア人は多色使いが多いので、
赤はハンガリー人の特徴ともいえるかもしれません。

布や糸は昔は自家製だったのですが、
今はその時代に流通しているものを使うしかないようです。
糸はクロスステッチ用のコットン糸も手に入るので、
どうせなら、そちらをお勧めすればよかったと思いました。

伝統刺繍の素晴らしさは、
本や図案集からではなくて、母親や祖母から技術を学び、
代々その家、その村に伝わる図案を使っていることです。

こうした民俗衣装のように、ここでしか需要のないもの、
だからこそ、この手仕事に価値があるのだと思います。
No title
「ここでしか需要のないもの」なんですね、なるほどです。
根気との勝負ですね。
民族を表すと同時に 薄い生地でも丈夫にする意味も
あるんですか?
日本の こぎん刺しなどはその要素が多いと聞いています。
Re: No title
19世紀末ごろからブラウスに使われているのは、コットンですが確かに薄い生地です。
さらに昔は麻の手織り布でしたから、コットンより寒かったかもしれませんね。

襟の下の胸のあたり、肩の部分、手首のカフス部分に刺繍があるのは
未婚の女性だけです。
既婚女性は、肩から手首にかけての線だけのシンプルなもの、
さらに年配の方は襟と手首だけになります。
刺繍糸はウールでしたから、もちろん防寒のための刺繍と見ることもできると思います。
でも、それ以上に貴重な刺繍糸を使い労力をかけて刺繍することで
装う人そのものの価値を高め、美しく見せるということが大切だったように思われます。
昔は嫁入り前の女性を「売り娘」といっていたように、
女性に沢山の付加価値をつけていたのでしょうね。
富であったり、手先の器用さであったり、勤勉さであったり・・。



初めまして
初めまして。服飾については詳しくないのですが、以前飛行機内で見た真っ赤な刺繍の写真がとても素敵で、それ以来ルーマニアは私にとってちょっと憧れの国になりました。時々思い出しては、図書館で本を探したり、ネットで検索してみたり…でこちらのブログにたどり着きました。読んでいると日頃育児と仕事でバタバタと忙しく、焦ってばかりの気持ちがスーっと落ち着いた気分になりました。これからも時々そちらでのご様子を読まさせてください。ありがとうございました♪
Re: 初めまして
さえさま、初めまして。
飛行機でご覧になったのは、ANAの機内誌でしょうか。
3、4年前に「お針子おばあちゃんの部屋」という記事が掲載されましたが、
私は旅のコーディネイトをさせていただきました。
もしそうだとしたら、昔の雑誌がご縁でこうして
ルーマニアの検索をして頂いてこちらに・・と考えると、不思議であり、うれしく思います。

私も1歳半の娘と10歳の息子がいます。
育児とお仕事を両立されて、大変お忙しい日常だとお察しします。
またトランシルヴァニアの日常を覗きに、お越しくださいね。
コメントをどうもありがとうございました。

そうです!ANAの機内誌!!
とても興味を惹かれる内容で、あのとき持ち帰らなかったことを今でも少し後悔しているくらいです…。あの雑誌の製作に関わっておられたんですね♪何だか嬉しいです。返信ありがとうございます。またよろしくお願いします♪
Re: タイトルなし
やはり、あの記事だったのですね。
もうずいぶん前になりますが、こうして覚えていて下さったことうれしく思います。
またいつでもブログを覗きにお越しください。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: お久しぶり
Mちゃん、見に来てくれてどうもありがとう!
以前、一度メッセージ頂いたのに、
メールアドレスがわからず、お返事できないままでした。
今回は、私のPCのエラーで、こちらのお手紙マークのリンク先が開けません・・・。
もしもお時間があったら、左の自己紹介のもっと下の方の欄に
メールフォームがあるので、こちらにお返事頂けたら嬉しいです。ごめんね。

Mちゃんと出会ったころは、まだ13歳だったから、
こんなところに嫁ぐことになるとは想像もしていませんでした。
パッチワークや漫画の絵など覚えていてくれてうれしいです。

トランシルヴァニアの空気、それは
澄んでいて土や草の匂いがするかもしれません。
ブログを通じて少しでも感じて頂けたらと思います。

同じ年の子どもさんがいるなんて、またまた驚きです!
いつか九州か関東か関西か、どこかで子どもたちも一緒にお会いできたらうれしいです。
Mちゃんも、どうか子育てにさまざまなお仕事に
きっとお忙しいだろうけれど、頑張ってね!


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 突然のメールを失礼いたします
Kさま、はじめまして。
教会刺繍についてご研究されていること、興味深く拝見しました。

こちらの本の写真については、おそらく出版社側に権利があると思いますので、
誠文堂新光社までお問い合わせになったほうがいいかもしれません。
商用ではなく、研究目的でしたら難しくはないと思います。
本の中の写真はほとんどが現地の写真家が撮ったものですので、
クレジットを添えられるならVargyasi Leventeとなります。

それでは、論文の執筆がはかどりますよう願っております。
私のPCでエラーとなり、書いていただいたメールアドレスが開かれませんでしたので、
こちらにご返信しましたことお詫び申し上げます。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: お返事ありがとうございます
ハンガリー刺繍については、
英語でも文献がありますので、
そちらもよろしければご参照ください。
http://www.amazon.com/Hungarian-Folk-Art-Tamas-Hofer/dp/0192114484
http://www.amazon.com/Peasant-Embroidery-Linen-Hungary-Hungarian/dp/9631344444/ref=pd_sim_sbs_b_2?ie=UTF8&refRID=021K0HB6DEZ8S7P46DKE

うまくいきますよう願っています。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: ありがとうございます
Kさま、ご報告をどうもありがとうございます。
論文の制作が順調に進むといいですね!
本の写真がお力になれてよかったです。
No title
谷崎様
先日はハンガリー刺繍の英語文献まで教えて頂き本当にありがとうございました。
なぜか、当初は谷崎様からのお返事が表示されていなかったので、今になってご丁寧なお返事を頂いていたことを知ることができました。
面白そうな文献ですね☆
早速読ませて頂きます。

トランシルヴァニアはもうすっかりクリスマス・ムード一色なのでしょうか。
どうぞ素敵なクリスマスと良いお年をお迎え下さい。

ご親切に本当にありがとうございます。

論文頑張って仕上げます!

Re: No title
笠井さま、ご連絡をありがとうございます。
コメントの返信ですが、私自身のコメントも承認ボタンを押さないといけないようで、
たまに忘れてしまうことがあるんです。
英語の文献も、合わせて参考になればと思います。

こちらはクリスマスの祝日3日目ですが、まだお店はしまっているところが多く、
ひっそりと静かです。どうぞ素敵な年末をお過ごしください。