トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

2014年の終わりに

みぞれで始まった今年の冬。
それからは、再び秋に舞い戻ったかのような暖かさが続いた。
不思議なほど温かく、乾いたクリスマス。
冬の厳しい寒さが姿を隠し、そのまま春がやってくるかのように思えた。

IMG_9733.jpg

今年は、我が家のきまりで
買い物をせずに、手作りのプレゼントをすることに決めていた。
せわしく買い物のために時間を費やすこともなく、
冷蔵庫の中は少し寂しいけれど、
その代わりにゆったりと時間が流れた。

息子は妹のために、電気工学でクリスマスの灯りを作った。
色とりどりに眩しい光を放つLEDの飾りは、いかにもこの時代らしかった。
夜な夜なトンカチを叩く音が耳障りで夫をとがめた後、
偶然にも部屋の隅で小さな針金の飾りを見つけてしまった。
ハートや渦巻き模様の細かな飾りを手に取って眺めていると、
「それはクリスマスのプレゼントだよ。アクセサリーを作ろうと思っていたんだ。」と残念そうに漏らした。
時間がなかったため、結局それはクリスマスツリーの飾りとなった。
娘には、ブラウスの生地を裁断して端を手で繕っていたがそれもそのまま。

私は息子のために、フェルトで首からかける財布を作った。
娘には、お手玉を作ることに決めていたので、
イブの夜に息子といっしょに、クリスマスの歌を聴きながら針を持っていた。
小さな俵型の布に、黄色いレンズ豆を詰め込んだ。

祖父母から子供たちへ送られたお菓子やフルーツでツリーの下はにぎやかになった。
こうして私たちのささやかなクリスマスは始まった。
小さないざこざはあるが、平穏で健康に過ごすことができることに感謝した。

IMG_9776.jpg

クリスマスは3日の休暇が続く。
その間、町は眠ったようにひっそりと静かだ。
家族や親せきを訪ね、家の中で集うこと。
それだけがクリスマスの過ごし方であるように、
昼と夜の区別がつかないくらいに表はただひっそりとしている。

それから、人々はゆっくりと腰を上げ、
友人や知人を訪ねたり、家に招いたりする。
いつもは静かな我が家も、この時ばかりは来客でにぎやかになり、
オーブンからはお菓子の香りがこぼれ、
鍋から出る湯気が部屋を暖かく包みこむ。

一年も足早に別れを告げようとしていた頃、
冬であったかを忘れていたように雪が降りはじめた。
それから突然、寒さがやってきた。
大みそかの朝、我が家の窓の内側に氷が流れ込んでいた。

IMG_9770.jpg

手で触れると、すうっと溶けてしまうほどの細やかな雪。
見渡す限り白い風景が、この年最後の贈り物だった。
その代り、空気は恐ろしく冷たく、あらゆるものを凍らせてしまう。
息を吸い込むと、肺が重く、むせ返ってしまう位だ。

IMG_9772.jpg

子どもたちを連れて、そりを走らせる。
沢山のごちそうとお菓子を持って、これから村に向かい、
一年の最後をにぎやかに締めくくろう。
来年も笑って過ごせるようにと願いをこめて。

IMG_9781.jpg
スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|自然、動物|2014-12-31_22:20|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
何も買わずに用意するクリスマス。
それが本当の 心がこもったクリスマスではないでしょうか。
ステキですね~。
寒波の来た冬の日はどんなにか寒かった事でしょう。
小さな楽しみを大切に過ごされる聖子さんのご一家、何て素晴らしい!
新しい年が始まりました。 今年も宜しくお願いします。
皆様が 健やかな日々を過ごされますように。
Re: No title
霧のまちさん、新年明けましておめでとうございます!
今年はどんな場所へ旅をされるのでしょうか。

この年末でしっかり料理をしたのは大みそかだけです。
今の時代は恵まれているので、それでも十分。
おなかはいっぱいになります。

こちらは30日ごろから一気に寒くなりました。
日本も全国的に寒さが厳しいようですね。
お正月はそりをしに外に出ましたが、
手袋の中で手が一瞬で凍り付くほどでした。
氷点下30度近くあったみたいです。

どうか素敵な一年でありますように。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。