トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

セーケイ地方は母の国

「ここセーケイ地方は、母親の国である。」
そう明言したのは、地元の民俗学者バラージュ・ラヨシュ氏だった。
昨年の11月、県立図書館の青い間で本の出版を祝って公演会が開かれた。
その内容は、出産についての民俗学。

「私は、熊手ではなく鋤(すき)である。」
そういう言葉にピンときたのは、
こちらで農作業をしたことがあるだけでなく、
氏のフィールドワークのあり方を旦那から耳にしていたからだった。
生まれ故郷のセーケイ地方の村に40年以上も通い続け、
その村だけで何冊もの本を著した。
広い範囲を耕すのではなく、一点をのみ深く掘り続ける。

その研究の集大成として、3冊の本がシリーズとして出版されていく。
その一巻が、「出産、誕生にかかわる民俗学」
話は、まず生まれつきの老人のような皮膚で生まれた赤子を
どのように治療したかという話から始まる。
まさにパンを焼くのと同じ方法で、木の板に生まれてまもない乳児をくくりつけ、
あらかじめ熱しておいたかまどの中に入れる。
驚くことに、その治療は皮膚が少し赤くなる程度に焼けることによって功を奏するという。
ちなみに19世紀のハンガリーの作曲家、エルケル・フェレンツも同様の病気で生まれたが、
その治療で片方の眼を失明したという逸話もあるらしい。
その後は、儀式のように丸型のパンに赤子をくぐらせ、
犬にそのパンをくわえて門の外に追い出す。
つまり赤子の難をパンに託して追い払うという役目があるということだ。

こうして話は自宅で行われたさまざまな出産方法、
村で実際に出産に立ちあった女性の体験話などにつづいていく。

生命の誕生という神秘性を、村という小さな共同体で
何百年もの間、どのように受け止めてきたか。
それが伺い知れるような印象的な講演だった。

終わりに、画面に映し出されたのは、
古い白黒の記念写真の数々。
それは、戦時中に出兵中の父親に向けて送られた家族写真だった。
質素な身なりで背筋をただし、威厳さえ感じられる燐とした表情の母親。
まるで父親の役目まで果たさんと、気を引き締めているのがわかる。
脇には、自分より背丈の高い子供たちが
まるで母親を守るようにしてずらりと並んでいる。
その数は、どれも6、7人と多い。

「セーケイ地方は、生活がどんなに苦しい時でもいつでも子供が多かった。
賢い母親が、たくさんの子どもを育て、この地方を作ってきた。
だから、私は母親の国だと命名したいのです。」

それから3ヶ月たち、
新しい生命を授かったことが分かった。
このセーケイ地方という土地風土が、
私を母親にしてくれたに違いないと信じている。




スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2015-02-13_00:35|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
まずは聖子さん、おめでとうございます。 3人目なんて、ステキですね~。
同い年のうちの娘も この6月 やっと二人目の母になります。
セーケイ村での驚くべき処置の仕方・・・必死だったのでしょうね。
リスクを負いながら・・・。
いざと言うとき、大きな力を発揮する女性の凄さを改めて感じます。
No title
前の聖子さんのTVを、今年1月~2月に掛けての沖縄滞在中に、地元TV局が買って放映していて、再びじっくり楽しく観ました。 
ところで今年は三人目のお子様が生まれる予定とかで、大いに楽しみですね。 日本では新生児の数が減ると共に、産婦人科の病院が激減して、市内に一か所しか産科が無い状態が続いています。このため、若い皆さんは、大変そうです。 これって何だかおかしな事です。
その点、ルーマニアはまだまだ自然な状態のようですね。
Re: No title
霧のまちさん、どうもありがとうございます。
ちょうど同じ年に、お孫さんが誕生されるのですね!
おめでとうございます!

まったくの素人の女性がお産に立ち合った話も、面白かったです。
女性の苦しむ声を聞きつけて、家に入り、
赤ちゃんの足が片方だけ出てきてしまったので、
押し戻したり、苦労をした挙句、双子の片方だけをなんとか取上げたということでした。
へその緒を切った瞬間、姑さんとお医者さんが駆けつけたそうです。
そして驚いたのがお医者さんの言葉、
「なんてことをしてくれたんだ。」と彼女を労わるどころか叱ったそうです。

ここで生活をしてから、家族観が変わったように思われます。
3人の母親になるなんてまだ信じられませんが、
遠い国で日本人の子ども達を育てていきたいと思います。


Re: No title
Kiyaさん、もう沖縄から帰られたのでしょうか。
先日は、おはがきをどうもありがとうございました!
まだ行ったことのない沖縄の絵葉書や切手に息子も思いをはせていました。

昔に比べたら、子供を産むのも育てるのも楽なはずなのに、
出生率が減っている。不思議なことですね。
こちらもブカレストなど都市部は子どもがあまり見られませんが、
まだ私の身近には3人、4人の子どもを育てるお母さんが結構いらっしゃいます。
地方ではまだおばあちゃんたちが近くにいるから、
という理由もあるかもしれません。

また3月に別の番組の放映があるそうですので、
もしよろしかったらご覧くださいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。