トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

「イーラーショシュとビーズ刺繍」展

まるでコードのような太いステッチが、
おおらかな曲線で植物模様を描きだすイーラーショシュ。

IMG_0535.jpg

何世紀もの間、母から娘へと伝えられ、
そして今も村で暮らす女性たちの手で伝統の灯が守られている。

kalotaszeg201110 523

その刺繍は、カロタセグ地方の誇りとして、
これからも人々の生活を彩りつづけてゆくだろう。

gyeromonostor2.jpg

刺繍の代わりに、きらめくビーズをこよなく愛する人々がいる。

kalotaszeg201110 058

頭の上から足の先まで、ずっしりと重い、
色とりどりのガラスの粒を身にまとう。
その輝きは、幼い少女からおばあさんになるまで
女性たちの心を魅了しつづけている。

IMG_4555.jpg

ルーマニア西部、カロタセグ地方。
太いコードのようなステッチがメルヘンの世界を織り成すイーラーショシュと
色とりどりにきらめくビーズで衣装を彩るビーズ刺繍。

その2つの特徴を生かして、今回は茶色い木目の壁面にはイーラーショシュ、
白い壁面にはビーズ刺繍と二部に分けて展示をいたします。

会期中、イーラーショシュとビーズ刺繍のワークショップを開催いたします。
展示会では、イーラーショシュ、ビーズ刺繍の現地の手仕事の販売や
さまざまなキット製品、手芸用品もお求めいただくことができます。

osaka kiallitas


「イーラーショシュとビーズ刺繍」展

とき: 2015年4月25日(土)、26日(日) 12:00~19:00
ところ: 大阪中崎町 ONE PLUS 1 gallery 
     (昭和時代の古民家の一階と二階の小さな会場となります。)

map.jpg


ワークショップの日程
4月24日(金)、26日(日) 14:00~15:30 イーラーショシュ
キットG.チューリップとバラの花束のロングクロス/バッグを使用した初心者向けレッスン。)
25日(土) 14:00~15:30 ビーズ刺繍
キットA.マーガレットのリースを使用した初心者向けレッスン。)

*おかげさまで、全日程の講座は定員に達しました。ただいま、キャンセル待ちをお受付しています。

*それぞれ定員は6名様まで。
 講習料2500円+材料費がかかります。
 申し込みはこちらからお願いいたします。

*DMをご希望の方には郵送でお送りいたしますので、こちらまで枚数とご住所をお知らせくださいませ。

*会場へお越しになる方々へ
4/24(土)、26(日)の二日間の展示会となりますが、
ワークショップの開催される14:00~15:30だけは、二階の展示室にはご入室できません。
小さな会場ですので、この間は一階でお待ちいただくことになりますが、どうかご理解のほどよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
comments(1)|trackback(0)|イベント|2015-03-20_05:23|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます