トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

「世界の果ての日本人」

昨年の秋の終わり、
ここトランシルヴァニアで一週間の取材が行われた。
セーケイ地方の我が家で4日間、カロタセグ地方で2日間。
それは、世界の果てに住む日本人を訪ねるという趣旨の番組。

中でもディレクターの方が熱心に私の仕事のことや、
カロタセグ地方の手仕事にかかわることを尋ね、
それを伝えようという気持ちに感じ入った。
イーラーショシュとビーズ刺繍、
二つの大きな特徴ともいえる手仕事。

sekainohateno (1)

カロタセグ地方では3つの村を周り、
4人の素敵なおばあさんたちの家を訪問した。
美しい自然環境と人、
それがあの素晴らしい手仕事を生み出す土壌であることは常々から感じていた。
カロタセグの空気を少しでも届けることができるならば、
それが一番の成功だと信じている。

sekainohateno (2)

最後に、この番組に小さな奇跡が起こったことを書き加えたいと思う。
4つの地域の取材で編成される番組が、
関東ローカルでは全地域、全国放送では2つの地域だけが放映される運びとなる。
はじめの段階では、ルーマニアは全国版から漏れていたのに、
ここ最近になって変更となり、全国放送の枠に入ることになった。
たくさんの人に見て頂けることになり、嬉しい知らせだった。

TBS系番組「世界の果ての日本人13」

1)関東ローカル
   3月25日(水)21時~22時53分(インド、ルーマニア、タイ、ウガンダ)

2)全国ネット
   3月25日(水)21時56分~22時53分(インド、ルーマニア)


*HP「森の彼方-トランシルヴァニアへの扉」を制作して頂いた大前弘樹さまの
ブログ記事でご紹介いただいています。
sheepeacefulrest

*刺繍作家のモリンダさまが、こちらのブログ記事で番組終了後にご紹介くださいました。
Molinda UpaUpa
スポンサーサイト
comments(16)|trackback(1)|その他|2015-03-15_06:46|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『世界の果ての日本人』と『イーラーショシュとビーズ刺繍』展
もうすぐ春休みですね。テレビは特番の季節ですが、ワタクシがハマっているイーラーショシュ(刺繍)のお師匠と勝手に思っている谷崎聖子さんが、再びテレビに出演されるそうなんで、紹介したいと思います。 TBS系番組「世界の果ての日本人13」 1)関東ローカル    3月25日(水)21時~22時53分(インド、ルーマニア、タイ、ウガンダ) 2)全国ネット    3月25日(水)...

コメントの投稿

非公開コメント

テレビ
今回は、良い取材が行われた様ですネ。
どんな内容なのか、楽しみにしています。

さっそく、来週25日(水曜日)の、夜9時のTBSテレビを録画予約しました。
3年前に、未開の国という印象のルーマニアに、不安と未知への期待を感じ
言葉を喋れなくても何とかなるだろうと、夫婦で旅行に出かけた思い出が、懐かしいです。
トランシルバニアの、見たことのある野辺の風景が出てきたら、うれしいのですが。。。
Re: テレビ
Kiyaさま、どうもありがとうございます!
こちらからご連絡しようと思っていたところでした。

今から半年前の取材になるのですが、
やっと陽の目を見た感じです。
セーケイ地方(私の住むあたり)とカロタセグ地方(いかれましたでしょうか?)が
映っていると思います。
ご夫婦で旅なれていらっしゃるとはいえ、
ルーマニアをレンタカーで1ヶ月近くも周られる旅、
すごいなあと思います。
きっとお二人にしか出会うことのできなかった素晴らしい風景や人々など、
素敵な思い出がたくさんあるでしょうね。
次回、お会いできるときがありましたら、ゆっくり旅のお話を聞かせていただきたいです。

No title
こんばんは。

今回は手仕事を色々と見られそうですね。放送が今から楽しみです。
あの美しさが、多くの日本人にも届くと良いなと思います。

こちらの記事を私のブログにリンクさせて頂いて宜しいでしょうか?
Re: No title
Yuccalinaさん、こんにちは。
前回のことがあったので、編集次第でどうにでもなることが分かりました。
今度はディレクターの方が理解のある方ですので、
私の生活や家族はどうでもいいので、
とにかくカロタセグをとお願いしました。
今回はもっと手仕事の魅力が伝わる内容だと思っています。

もちろんリンクをお願いいたします。
またメールでもお返事いたしますね。


感動しました。
テレビを見させていただきました。
聖子様、村のおばあさまともに素敵なお人柄と素晴らしい技術に心を打たれました。

昔から刺繍のものが大好きなのですが、日本ではあまりなくオーダーとなると大変高価です。
そこでテレビを見たら大変素敵な作品の数々がありびっくりしました。

そこで服を購入しようと思いサイトに行ったのですが服はあまり取り扱いしていませんか?
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
放送を観ました
トランシルヴァニアのビーズ刺繍で検索したところ、こちらのブログを見つけることが出来ました。

放送で観た、おとぎ話のような景色と美しいビーズ刺繍に心から感動しました。
失われる事があれば残念です。
是非、トランシルヴァニアのビーズ刺繍商品を購入してみようと思いした。
ウェブショップはありますでしょうか。
これからのご活躍も、楽しみにしております。
カロタセグ地方
今回のテレビは、ルーマニアらしさが出ていたと思います。そして、目的を持ってルーマニアの地に赴き暮らしている、聖子さんのこだわりが伝わって来て、良かったです。

テレビ映像の夜行列車で到着した、クルージナポカでレンタカーを借り出したので、カロタセグ地方も回りました。聖子さんが好きだと言う風景は、僕ら夫婦も大好きで、こういう景色の中を好んで旅しました。

そして、刺繍で飾られたお婆さんの家の中のような室内は、イースターのときの旅行で、たまたま家に招き入れてくれた65歳の見知らぬお婆さんの家で、見た室内と似ていました。こんなふうに飾っているのだと、サルマーレをご馳走になりながら、眺めていたのを思い出します。 忘れられない旅です。
Re: 感動しました。
ちゃちゃ丸さま、素敵な番組のご感想をどうもありがとうございます。

民俗衣装をお探しなのでしょうか。
こちらに扱いがございます。
http://folkart.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=876721&csid=0
http://folkart.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1406805&csid=0

私自身、民俗衣装をはじめ古い手仕事を収集し、
ルーマニアに残すことを目的としております。
そのため、価値があるものは販売できず、展示会などで展示のために使っております。
その他で手に入ったものや、現在作ることができるものに関しては、
販売やオーダーも受け付けていますが、
手間隙と材料がかかるものですので高価になります。

どのようなお品をお考えか、よろしければご意見をお聞かせくださいませ。
以下にお問い合わせのリンクを添付させていただきます。
https://secure.shop-pro.jp/?mode=inq&shop_id=PA01117000
Re: はじめまして
鍵コメントさま、はじめまして。
応援のメッセージをどうもありがとうございました。

外国人である私の目から見て、
現地の伝統の素晴らしさが新鮮なものとして映るのかもしれませんが、
同様に日本においても、伝統の素晴らしさが当たり前すぎて気がつかないことが多くあるように思われます。

私の願いとしては、ここ現地の人々が自分の伝統文化に誇りを持ち、
いつまでも長く衣装を身に着け、刺繍などの技術が廃れないようこの先も受け継がれていくことです。
同様に、日本においても世界のどこの文化でもそうあってほしいと願います。
Re: 放送を観ました
ちはるさま、わざわざ検索してくださってありがとうございます。

こちらにビーズ刺繍のブローチや付け襟はございます。
http://folkart.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=876728&csid=1

作り手の方が高齢化していますので、
大きな衣装などはオーダーになるかと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

Re: カロタセグ地方
kiyaさま、番組のご感想をありがとうございます。
ディレクターの方にも旅の終わりに、
どこが一番印象的だったかお尋ねしたら、私たちの生き方という返事だったので驚きました。
そのような見方がきっと、番組にも反映していたのでしょうね。

そうですか、ご旅行ではカロタセグ地方も行かれたのですね。
旅ではそういう人との出会いが一番印象に残りますよね。
美しい部屋の中でお料理をご馳走になる、
一番のおもてなしだと思いますし、
そういうことのできる人の心の温かさに感動もします。
番組をご覧になりながら、夫婦のご旅行のことを思い出されたのではないでしょうか。
また、お会いできますのを息子ともども楽しみにしています。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: ブラウス
鍵コメントさま、アンティークの刺繍アイテムは、
収集したものの中で手放してもいいと思ったもの、
また偶然買い取ることができたものなどを載せています。

お店の方でも会員登録やメールマガジン登録などができますので、
新しい品が更新されましたらご連絡することができます。

どうぞよろしくお願いします。
No title
今回の放映は特に楽しみにしていました。
私もいちばん心に残ったのが 聖子さんご家族の暮らしの事です。
放映前に2~3の友人に連絡しまして 彼女らの意見も大体が
そうだったんですよ。
もちろん華麗な刺繍の衣装や 高齢の女性のこともそうですが
水道の水が出なくて汲みに行く話や、夕食の質素さ、山の上の家の
簡素さなど、今の日本の便利が当たり前の暮らしとかけ離れた現状に
関しての驚きだったと思います。
それをモノともしないで まるでルーマニアで生まれた人みたいに
暮らす聖子さんの強さが印象的でした。

遠い列車の旅(それも深夜に出て・・・)の撮影とは言え ご苦労様でした。
Re: No title
霧のまちさん、番組のご感想をありがとうございます。
そんな風にお褒めいただいて、お恥ずかしいです。
質素や簡単な暮らしぶりは、私が面倒くさがりなだけだと思いますが、はじめてトランシルヴァニアで暮らし始めたときを思うと、室内のいろいろな場所が壊れたり、修理中だったりで断然便利になったと思います。
ものがなかったら別の方法を考えたり、工夫をしたりする土地の人々の柔軟性には驚きましたし、そういう部分が日本人には欠けていると感じました。
断水は今でも1年に何回かありますが、ちょうど昼食を撮影する日だったのでびっくりしました。

普段は寝台車ではなく普通車で出かけるのですが、今回は寝台だったので横になれてとても楽でした。
スタッフの方々もいい方ばかりでしたので、1週間の取材も苦になりませんでした。