トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

聖アンナ湖と炭酸水の湧く泉

ここセーケイ地方の人々が誇る場所がある。
それは、ハルギタ県とコヴァスナ県のちょうど境に位置する、森深い山の中。
聖アンナ湖である。

海が遠いこの地では水が珍しいから、と言えばそうかもしれない。
今でもクマや野生動物が多く生息するという森深いこの地は、どこか神秘的なものを感じさせる。
このような話も耳にした。
19世紀のハンガリーの作家も多く、
ハンガリーの異教徒時代の神聖な場所がここにあったと信じていたらしい。
Balvanyosという地名も、異教の神像を表すBalvanyを連想させるからであろう。

森の中へと右往左往と車がさまよいながら進み、Balvanyosについた。
長いドライブで娘が眠ってしまったので、私は留守番をすることにした。
旦那たちは、「硫黄の洞窟」と呼ばれる場所を見に行った。
若いころに一度行ったことがあるが、
硫黄が噴き出る小さな洞窟で腰までつかると治療作用があるということだった。

森の中を歩いていると、大きなフクロウに出会った。
しかし、それは動かない。
大きな翼を広く横たえたままのフクロウは、
もしかしたら硫黄のガスを吸ってしまったのかもしれない。

stanna.jpg

まだ生きているかのように綺麗な翼を、そっと持ち上げてみる。
岩の上で、あたかも大空を羽ばたく夢を見て眠っているかのようだ。

stanna (4)

娘が目覚めたので、今度は下り道を歩いて炭酸水の浴場のある場所へ。
ちょっとしたハイキング気分で太陽の下を歩くと、
先ほどまで肌寒かったのが一転して汗ばむ陽気になる。

stanna (2)

人一人いない静かな場所に、いくつか水がたまっているだけ。
その一つ一つは色が違い、後から後から泡が噴出している。
白く濁っているのは、どんな成分が入っているのだろう。

stanna (8)

足をつけてみると、まるで氷のように冷たく、
ピリピリと皮膚がいたく感じる。
骨の髄までしみこむ冷たさをしばらく我慢してつけていると、
ようやく慣れてきたらしい。
足湯ならぬ、炭酸の足水。

stanna (9)

こちらは透明であるが、硫黄のにおいが強い。
鉄分のせいか、木製の桶が赤褐色に色づいている。

stanna (6)

もっとも広い桶には、黄色く濁った炭酸水が湧いている。
他のものに比べると、それほど冷たく無く感じられる。

stanna (7)

きれいに整備された浴場であるのにも関わらず、
何の標識も説明書きもなく、自然のままに放置してあるだけ。
夏の猛暑日ならば、この冷水がさぞ心地よく感じられるであろう。

stanna (12)

自然好きの息子がすぐに目を留めたのは、珍しい食虫植物。
赤いとげのある葉で素早く虫を捉える、ハエ取り草である。

stanna (10)

ふわふわと綿毛のような植物も見られる。

stanna (11)

ふと見回すと浴場は森の木々に囲まれていて、
あたかも森林浴をしているような気分である。

stanna (1)

今度は車で少し下って、聖アンナ湖へ向かう。
大昔は火山だったこの地帯に残る、カルデラが長い年月をかけて湖になったもの。
ヨーロッパでも有数の、透明度の高い湖で、
ほとんど生物が存在しないといわれていたが、
最近は観光客の増加により多少は透明度が落ちたかもしれない。

stanna(16).jpg

見回す限り、緑の深い山に囲まれている。
夏は水浴びで賑わうのが、今はまだ水温が冷たいため、
湖畔でピクニックをする人々が見られるだけ。

stanna(17).jpg

あちらの方からねずみ色の雲が押し寄せてきた。
もうすぐ雨が降りそうなので、先ほどまでシートを広げてくつろいでいた人々も
足早に片づけていなくなってしまった。

山の上の駐車場に戻ると、遠くへ人々が列をなして歩いていく姿が見られる。
モホーシュ(苔のある所)という自然保護地区へ出かけるらしい。
2時間に一度しかないツアーだから、慌てて人々の後を追いかけていくと、
参加させてくれるらしい。

この保護区周辺には、8頭の野生のクマが生息しているとのことで、
ガイドの青年がちょうど客を引き連れていく時に、子熊が入り口を入っていく様子を見たと写真を見せてくれた。
杉の木がまばらに生える他は、小さな茂みが大地を覆っているだけ。
見た目は低木なのだが、実は樹齢何百年の木もあるらしい。
小さな遊歩道を列になって通りながら、
まるで森の妖精にでも出会えそうな風景を目に焼き付けた。

stanna (13)

ここだけ特殊な植物が生息するというのは、土が関係しているらしい。
泥炭地、つまり低気温地域の沼地であるために、木々は成長が遅く、
苔や食虫植物など特殊な植物しか育たない。

stanna (15)

大粒の雨が空から落ちてきた。
このまま雨がひどくなったら、引き返そうかどうか顔を見合わせていたとき、
いくつかの小さな湖にたどり着いた。
黒々とよどんだ湖は水深が深く強い酸性である。
それにもかかわらず、周辺に生息する野生動物はこの水を飲みに来るという。

通称「海の目」という名の湖で、表面は小さいが、深くなるにつれて面積が広くなり、
まるで砂時計のような形をしている。
やがて表面を物が覆い隠してしまうため、ここ20年の間にも湖の数が減ってしまったという。

stanna (14)

大降りにならないようにと願っているうちに、
雨雲はいつしか通り過ぎ、その自然保護区の見学を終わるころには空が明るくなってきた。
夕暮れ時に山を下りると、
原っぱから帰ったばかりの牛の群れを見送りながら家路についた。
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|自然、動物|2015-07-24_18:54|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント