トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

秋分の産声

これだけ、ある時を待ちわびたことがあっただろうか。
赤ちゃんの生まれるはずだった日から、すでに一週間を過ぎていた。

体もそろそろ限界という時、やっと出産の兆しが現れた。
はじめは、腰のあたりからまるで水がにじむように
じんわりと広がっていく痛み。
それは、不思議と心地よいものだった。
それから、痛みの波は強くなったり弱くなったりしているうちに、
いつしか日が暮れてしまった。

娘を寝かしつけて、一緒に眠ってしまったらしい。
深夜に目を覚まして、いよいよ陣痛が本格的になってくるのが感じられた。
我が家からほど近い県立病院へと駆けつける。

日付は次の日へとかわり、
夜から明け方に近づくころ、息子が誕生した。
出産の壮絶な苦しみの中で、
息子が生まれる瞬間に泣き声がしないのに気が付いた。
その小さな体は紫色に染まり、
透明の太いゴム管のようなものが首に巻き付いているのを見た。
祈る思いで横目で見守る私の前に、
酸素マスクがかけられ、ようやく産声を聞くことができた。
9月23日、秋分の日の早朝だった。

mizuki (2)

分娩室のすぐ脇のベッドに横たわり、
待てども待てども赤ちゃんを連れてきてもらえない。
しびれを切らして、何度ともなく尋ねたが、
「ベッドに空きがないから、しばらく待つように。」という返事が返ってくるばかりだった。
息子が誕生して、8時間後、
やっと私は再会することができた。

秋のはじまりに生まれてきた息子。
名前は、瑞生(みずき)。
生まれたままのような心で、
瑞々しく生きていくようにと願いを込めた。

mizuki (4)

病院で出会った女性がこういった。
「4歳の娘がいて、兄弟がほしいとは思うのだけれど、
もう二回も流産をしてしまった。だから、子どもを授かる自信がないわ。」
もし命が誕生していたら、我が家と同じ三人の子どもがいるはずだっただろう。
彼女は日々、新生児と母親に関わりながら仕事をしている。

隣のベッドにいた女性は、
生後10日の赤ちゃんをまだその腕に抱くことができなかった。
生まれてすぐに喉に膿があることがわかり、
人工呼吸器のある部屋から出ることができないらしい。
昼も夜も、母乳を絞りつづけ、
か弱いわが子に飲ませようと部屋に運んでいる。

子どもが生まれてくること、
健康であることの有難さをこれほど強く感じたことはない入院生活だった。


女性は出産をするたびに、生まれ変われるものだと信じている。
10日間を経て、秋の美しい日の夕方にはじめて外に出た。
オレンジ色に染まる太陽のまぶしさ、自然の色彩の鮮やかさ、そして空気のやわらかさ。
私をとりまく環境の、普段は気がつかなかった美しさを
はじめてのもののように触れ、感じることができた。

mizuki (1)

遠いところから、誰かが誕生を心待ちにしてくれるということ。
三人の孫のことを想い、
猛暑の日々の中で必死に手を動かし、完成したお包み。
その鮮やかな色合いと針目のひとつひとつが、
おそらく生涯で最後となる、出産という大仕事をおえた私を祝福してくれた。

スポンサーサイト
comments(12)|trackback(0)|ルーマニアの育児|2015-10-02_16:16|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
おめでとうございます!
ご家族皆様が健やかに過ごされますように☆
Re: No title
Midoriさま、どうもありがとうございます。
あっという間に年の暮がきてしまいそうですが、
健康で家族が過ごせるように気をつけたいと思います。

No title
おめでとうございます。
そして、素敵なお写真をありがとうございます。
予定よりも時間がかかったそうですが、秋の恵みのように、お母さんのお腹の中でじっくりと栄養を蓄えて出てきたみたいですね。
暫くは睡眠不足など、大変かもしれませんが、お体に気を付けて。
Re: No title
yuccalinaさま、どうもありがとうございます。
三番目なので、きっとお産が早く来ると周りに言われてきましたので、
こんなに長くなるとは思いませんでした。
じっくりと栄養を蓄えて・・、子供はそのときを選んで生まれてくるのでしょうね。

母は、手作りのおくるみを子どもが生まれるたびに作ってくれます。
当たり前のように、キルトに囲まれて生活してきましたが、
こうして誰かのために針をもち、ものを作ることの大切さ、有り難さを感じました。
Yuccalinaさんの手刺繍の贈り物も、時間が経っても変わらない素敵な価値のあるものだと思います。
手作りのものを時間をかけて贈ることができる、
心のゆとりも素晴らしいですね。
No title
聖子さん、よかったですね。本当におめでとうございます!
8時間もの長い間、さぞ心細かったでしょうね。でも!元気な息子さんでよかった!
お母さまの心が籠ったキルト、ステキですね。
実は聖子さんと同じ年の私の娘(川崎市)も 2度の流産を超えて この6月始め、
女児をもうけました。 上の子は10才男児で 諦めていたので嬉しかったです。
虹と書いて こう と言う名前になりました。
私も 全部違う100枚の布をつなぎ、人生は毎日違うからネ とキルトを作って
送りましたよ。 もう4か月、7キロを超えました。
昨日、毛糸の帽子とマントを編んで送りました。
聖子さん、大変でしょうけど母は偉大です!   日本からいつもエール送ります!
Re: No title
霧のまちさん、お孫さんの誕生おめでとうございます!
同じ年のお嬢さまが同じ年に子供を授かられたのですね。
うちも、長男とは二番目が9歳、三番目が11歳と年が離れています。
小さなお嬢さん、きっとご家族の皆さまが宝物のように大切になさっているのでしょうね。
虹ちゃん、なんて素敵なお名前!

100枚の布で作ったキルト、素敵なお祝いですね。
手縫いの針目が心細かった入院生活をどれだけ慰めてくれたか。
ほんとうに手だからこその温かさなんだと思います。

母親はいつでも、子供のために強くたくましくなれる。
ますます頑張らないといけませんね。
嬉しいご報告をありがとうございました。

No title
ブログを拝見して、
ご出産時のそのときの不安を思うと
同じ母として、まるで自分のことのように
感じております。
不安から、安堵に変わり
この手に抱くあの瞬間。
次女は未熟児だったので、この手に抱くのは
ほんとうに待ち遠しかったでした。
一ヶ月も離れてNICUにいました。
子供を授かるのは、ほんとうに奇跡。
奇跡だと思います。

わたしも信じています。。出産を重ねるたび、
女性は生まれ変わります。
強く、そして、美しく、そして、優しく。。。

柔らかなキルトに身を包み
その柔らかな髪や、小さな手、
甘い香りがここまでやってきそうです。

ずっと、楽しみにしていましたよ。瑞生くん。

谷崎さんも、もうショップを再開されていたので
どうぞ、休みながら、進まれてください。
いや、母は強し。うん。休まないのも母だということを
知っています。笑。

ほんとうにおめでとうございます。
また、お目にかかれるのを楽しみにしております!!
Re: No title
ミナミさん、お祝いの言葉を頂けるのが何よりです。

お嬢さまは未熟児でお生まれになったのですね。
今はあんなに大きなお嬢さんなのに、ほんとうに誕生、出産はドラマですね。
それぞれ母親としてはじめての試練があり、
それぞれに切ない想い、幸せな想いなどをして、
赤ちゃんとともに成長していくのでしょう。
奇跡だからこそ、生命の誕生が神秘的で、かけがえのないものなのですね。

出産も下手だし、授乳にも毎回苦労する。
病院では、「よくこれで他の子供も産めたわね。」と呆れられましたが、
こんな私でも三人の母親になれました。

ミナミさんのような、素敵な母親になれるよう
精一杯頑張りたいと思います。
いつもお手本です。

No title
おめでとうございます。
かわいいらしい宝物ですね。

はじめまして、とねと申します。

いつもブログやICIRI・PICIRIの小さな窓を拝見させて頂いております。
ご縁あって、拙いながらイーラーショシュに魅せられて、ポチポチと針を進めています。
刺繍はなんでも大好きなのですが、こんなに引き込まれたのは初めてです。
ビーズ刺繍も素晴らしいですね。

谷崎さんが紹介してくださるハンガリーもとても魅力的です。
思いが伝わってくるからでしょうか?
いつか訪れることが出来たらと、思いを馳せております

私も3人の母ですが、3番目の育児は一番楽しかったです。
素敵な時間をお過ごしください。

またお便りさせてください。
Re: No title
とねさま、初めまして。
コメントをどうもありがとうございます。

トランシルヴァニアの刺繍、好きになって頂けてうれしいです。
農村の生活と深くかかわってきた手仕事の文化、
その背景の自然環境や人々の暮らしもあわせて、はじめてその魅力がわかると思います。
いつか、トランシルヴァニアの村もお訪ねくださいませ。

同じく三人の子育てを経験されたのですね!
今は大変ですが、後で振り返るとこの時期が一番楽しいものかもしれませんね。
娘もあっという間に大きくなったので、この時間を楽しみたいと思います。
またブログを覗きにいらしてくださいね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: ご出産おめでとうございます。
Mさま、どうもありがとうございます。
同じく今年、ご出産なさったのですね。おめでとうございます!
妊娠、出産ともに年を経るごとに女性の体に負担がかかりますものね。
生命を授かることとこの世に命を送りだすことの大変さを実感いたします。

うちも真ん中が2歳の女の子で、最近我が強くなってきたので苦労しています。
二人の小さな子供たちのお世話大変でしょうが、いつか楽になっていくのでお互い頑張りましょうね。
ブログを拝見して、さまざまなつぶやきに一人だけじゃないことを感じ、共感いたしました。
手作りの時間が、やがて少しずつ持てるその日まで待ち長いですが、子育ての時期は振り返ればあっという間。
今を楽しむようにしたいものですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。