トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

燃える秋の色

一年のうちでどの季節が好きかと尋ねられると、
いつからか「秋」と答えるようになった。
ここで生活をはじめて、トランシルヴァニアの秋の色に惹かれたからか、
それとも、ただ単に歳をとったからなのか。

長く厳しい冬がやってくる前に、
ありったけの力をふりしぼり、見事な色を咲かせようとする。
春のような可憐さ、華やかさはないが、
円熟した力強い色の混ざり合いが好きだ。

町を過ぎると、まばゆいばかりの黄色いトンネルが広がっていた。
羊の放牧がみられる原っぱを通ると、そこはもう森の入り口。
ひんやりと澄んだ空気の中に、あたたかな色が浮かび上がる。

osz (3)

茶色い落ち葉の中には、
ちいさな紫の花がひっそりとささやくように咲いていた。
ほっそりと透きとおった体は、森の妖精そのもの。
こちらの人々は愛情をこめて、「秋ちゃん」と呼んでいるが、
本当の名前はイヌサフラン。
可憐な姿形をしているのに、実は毒をもっているらしい。

osz (2)

落ち葉を踏みながら丘をのぼってゆくと、
だんだん体が温まってくるようだ。
そこで私たちを待っていたのは、
燃えるようにはじける色、色、色・・・。
赤やオレンジ、茶色に、黄色、そして緑。
「秋の自然は、素晴らしいな。色で遊んでいる。」
と誰かが言ったのを思い出していた。

osz (5)

大地に腰を下ろして、
お包みでぐるぐる巻きにした末っ子に乳をやる。
子どもたちは落ち葉を集めた中に寝そべって
すっかり体を隠してしまったり、
木の枝でちゃんばら遊びをしたりしている。

osz (8)

11月の太陽は思っていたよりも暖かくて、
ちいさな息子を大地に寝かせてみた。
芝生の緑に、落ち葉の茶色。
これから大地は、冷たい雪に覆われてしまうのだ。

osz (9)

反対の側を振り向くと、大きな木に目を奪われた。
ひとつの木に、さまざまな季節が混在している。
いつか、友人がこう話した。
「10月って素晴らしいわ。
朝は春のようだし、昼間は夏のよう、夕方にはすっかり秋になる。」

osz (7)

木の下には、落ち葉が影を落としている。
それも、木によって色も変わるのだ。
さあ大地に横たわって、
枯れ葉の色と音を楽しんでみよう。

osz (6)

ほら、秋って素晴らしい。

osz (1)
スポンサーサイト
comments(4)|trackback(0)|自然、動物|2015-11-29_22:11|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
お子さんたち、健やかに育ってますね~♪
私も秋は一番好きです。 春のフワフワした優しさもいいですが
落ち着いた枯れ葉色の秋には他の季節にはない充実感があります。
とっても美しい木立と大地ですね。
枯れ葉の布団の上に寝転ぶと たぶん子供でも「地球」を感じる
ことでしょうね。
どんな学習よりも そうした経験は素晴らしいと思います。
Re: No title
霧のまちさんも、秋がお好きなのですね!
子供が小さいと季節が過ぎるのもあっという間。
日常の合間に、思い立ったらすぐに旬の自然を感じに出かけていました。
11歳の息子も森の中に入ると、2歳の娘と同じように幼い子供に返ります。

今はもう木々はほとんど裸になり、秋から冬の初めに入っています。
子どもたちがここ二週間ほど風邪をひいていて、なかなか出られませんが、
また雪の風景を楽しみにしています。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: お風邪早く良くなりますように。
鍵コメントさま、お優しい言葉をどうもありがとうございます!

秋の冷えた、澄み切った空気はいいですよね。
寒さがあの美しい色を出すのでしょうね。
夜が長くなり、手仕事にもぴったりの季節です。

子どもの病気は、親も苦労しますが、
辛い中でも、母親の愛情を子どもはちゃんと感じてくれるものなのでしょうね。
みかんの町から、愛情をしっかりと感じました。