トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

セーケイ地方の謝肉祭


クリスマスに大晦日、正月を終えて
寒さはますます厳しくなる。
二月の半ば、
うんざりするような長い長い冬の終わりに、
その祭りはやってくる。

仮装をしたセーケイの花嫁と花婿。
馬にまたがり、鮮やかな花の花輪やリボン飾りがはためく。
晴れ晴れしいその姿は、むかしの結婚式を彷彿させる。
管楽器の賑やかな音色にあわせて、
私たちも行列に混ざって、歩き出す。

boloni farsang (6)


boloni farsang (5)

行列の終わりに、馬車に引かれていく男女。
アダムとイブと書かれた藁人形。
彼らはいわば祭りの犠牲となり、
その死によって私たちは冬と決別することができる。

boloni farsang

5時間以上かけて、村の通りという通りを歩きつくす。
そして最後に、広場で藁人形に火をつける。
めらめらと燃えさかる炎を囲んで、
踊り歓喜する人々。
ファルシャングの埋葬とも言われるように、
冬という邪を焼き払うことが醍醐味である。

boloni farsang (7)

かじかんだ足も凍えた体も、
祭りの熱狂を浴びて、体の芯が燃えるように熱くなる。
こうして春に向けて、一歩近づいていく。



1月の終わりに、悲しい報せを聞いた。
去年につづき、今年もこの行事が行われないという決定が下されたのだ。
何故だろうと問いてみると、
まず参加者がすくないということ。
そして、昨年末に首都ブカレストで起きた
ナイトバーの大火災を受けて、規制が厳しくなったということ。
消防署の許可なしに、祭りのあとのパーティが行うことができないためだという。

いつか祭りで村人から耳にしたのは、
参加者の家族が行列にお菓子や飲み物を振る舞い、
お金がかかるという不満だった。

金銭的な理由も、法的な規制の厳しさもあるだろうが、
一番悲しいのは、村の共同体の意味が希薄になっているということ。
人々の興味関心が外ではなく、内に向かっているのではないか。

5年前にファルシャングを見た後に、
「いつか参加したいか。」と尋ねたことが思い出される。
大きくうなずいた少年の表情を思い、
いつか近い将来にきっと開催されることを信じている。


冬の埋葬-2011年ファルシャング(謝肉祭)
トランシルヴァニアの謝肉祭(カーニバル)
スポンサーサイト
comments(4)|trackback(0)|イベント|2016-02-06_06:47|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
ああ、これは前の開催の写真なんですね。 そういう理由で行事が
無くなる事って 日本も状況が同じなんですよね。
どこでも 地元の祭りは廃れていきますし、管理する側も○○法でダメと言ってきます。
確かに伝統はあっても、存在理由が希薄になり、手間や金銭上の理由も
中止の理由になるんでしょうね。
昔に比べて 遊びも多くなっていますし、価値観の違いも・・・ね。
多摩玉日記をご訪問いただき ありがとうございます。 どうやって私のブログをお知りになったのか興味があります。 未知の国の情緒豊かな映像を拝見することができてうれしいです。 お元気にお過ごしになられますようお祈りいたします。
Re: No title
霧のまちさん、そうなんです。
今回は昔の写真をあえて載せました。
セーケイ地方にはこのブルン村だけでなく、いくつかまだ
伝統的な謝肉祭が残っているのですが、やはりこの村のが一番壮大で面白いです。
実は日本からも知人の写真家の方が来られる予定でした。

2月になると幼稚園や学校などで盛んに謝肉祭のイベントがありますが、
貸衣装屋さんでお姫様やキャラクターものに変身するだけのただの仮装大会。
今の子どもたちが、伝統行事を知ることなく大人になっていくのが残念でなりません。

いくら周りが強制しても、村の人たちがその気にならないと意味ありませんし、
それを待つしかないのでしょうね。
Re: タイトルなし
玉さま、びっくりいたしました。
コメントも残さず、訪問しただけなのにわざわざありがとうございます。

こちらで日本の文化紹介の講演をすることになっていまして、
盆行事を調べていましたところ、信州のお盆行事の記事に行きつきました。
参考にさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。