トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

二月の小春日和

今年の冬はどうかしている。
12月まで雪がまったく降らず、
お正月休みが明けると一気に極寒の日々がやってきた。
まとまった雪が降ったのは、一度か二度。
そうして、2月だというのに
うららかな陽気に小鳥がさえずり、
木の芽は膨らんで、今にも緑がほころびそうだ。

tavaszias (3)

私たちの住む町は小さくて、
思い立ったらすぐに森へ出かけることができる。
松林のはずれの、町を一望できる崖がお気に入りの場所だ。

tavaszias (7)

崖の下は10M以上あるのに、柵はおろか「危険」の立て札も何もない。
日本ならば、立ち入り禁止になってもおかしくないだろう。
お転婆盛りの2歳半の娘からは、目を離すことができない。

この小高い丘は、昔は石器時代の居住区だったそうだ。
何気なく足元に広がる落ちくぼんだ穴を、
少し掘ってみると、土器のかけらなどが見つかる。
旦那の考古学熱が長男にも移り、娘も穴掘り遊びに夢中になっている。

tavaszias (6)

9月の終わりに生まれた次男は、ほとんど太陽の光を浴びていない。
この暖かな光をいっぱいに吸収すれば、
春の草花のように大きくなってくれそうだ。

tavaszias (8)

次男を置いて軽くなった体で、あたりを散策する。
雪解けの水のあとから生まれた、苔の鮮やかなこと。

tavaszias (9)

崖の淵の枝を見ると、
まるでウサギの尾のような、白く愛らしいつぼみが付いている。
ネコヤナギの枝は、春の象徴でもある。

tavaszias (1)

春の兆しは、知らないうちにあちこちに目覚めている。
コンクリートに囲まれて過ごした数か月。
私たちは、身も心もカチカチになってしまったのではないか。
美しい自然と新鮮な空気を吸って、息を吹き返したような気がする。

tavaszias (2)

12時の鐘の音もとうに鳴り、お腹が空いてきた。
ボールをけりながら、ゆっくりと元の道を歩いていく。

高い高い松の木々を見上げながら、思う。
今から100年前の人々が、子孫のためにと植林した、この美しい松林。
これから生まれてくる人たちのために、私たちは何を遺すことができるだろう。

tavaszias (4)
スポンサーサイト
comments(4)|trackback(0)|自然、動物|2016-02-15_05:43|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

日本も、そろそろ春が
日本の冬も、暖かかったり寒かったり、日変わりメニューのように目まぐるしくて、やっぱり異常気象だ。

最近の我家は、毎年冬至の頃になると、暖かい沖縄に逃げている。 今年もそるそろ1カ月の沖縄滞在をを終えて、東京にも春一番が吹いたので、そろそろ自宅に帰る日が近づいた。 
沖縄は冬でも最低気温が15℃以上だから、草や木は冬でも青々と、見知らぬ葉や花をつけている。 やっぱりここは日本じゃないネ! と、いつもの夫婦の会話を交わす。 

セーケイ地方の、自然に満ちた風景を見ると、ルーマニアを旅した思い出とともに、ヨーロッパ旅行から戻ってまだ4カ月なのに、旅へのいざないが波のように押し寄せてくる。 

楽しい旅に出掛けているうちに、月日は過ぎて夫婦ともに歳を取り、この先何年くらいヨーロッパ個人旅行に行かれるだろうかと、最近はそんな思いが脳裏をよぎる。 
まだまだ元気はあるけれど、老化は確実にやってくる。  時を惜しんで旅に出て、見知らぬ野辺に立ち尽くし、途方に暮れる、そんな旅人を感じるひとときを、
また、体験したいものです。
Re: 日本も、そろそろ春が
kiyaさん、今は沖縄にいらっしゃるのですか!
寒い冬を南国で過ごされるなんて羨ましいです。
このトランシルヴァニアで2月に15,6度になるなんて、信じられません。
この冬の異常気象は、世界的なものなのかもしれませんね。

お年賀状をありがとうございました!
ご夫婦でヨーロッパ旅行をされて、もうそんなになるのですね。
非日常の空間に飛び出すこと、
旅は労力も勇気も、お金もかかりますが、
何物にも代えがたい体験と思い出が残ります。
旅人になり、視点を変えて生活を人生を見つめること。
大切だと思います。
ご夫妻のように、年齢を感じさせない生き方を見習いたいものです。
No title
いつも思いますが、寒い中でも子供たちを外に連れ出して遊ばせるって
なかなか出来ませんよね。すごいなぁと思います。
赤ちゃんもいい気持ちで日光を受けてますね。
日本も暖冬だったりすごく寒かったり差がありすぎます。
昨年は kiya様の沖縄の滞在先にお邪魔して 楽しい時間を
過ごさせて頂きました。 私なんて2泊3日の慌ただしい那覇滞在でしたが。
Re: No title
霧のまちさん、沖縄にまた行かれたのですね!
そしてKiyaさまご夫妻ともお会いになったとのこと、羨ましいです。
旅好きな皆さまのお話に、いつか私も参加させていただきたいです。

この冬は本当に暖かくて、季節が先に先に急いでいるかのようです。
ただでさえ日光のすくない地方なので、
できるだけ日光浴をさせてあげたいです。
毎日ビタミンDを摂取しないといけないなんて、日本ではありませんよね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。