トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

6月の講習会のお知らせ

ルーマニア西部カロタセグ地方村々では、
古くから手仕事の文化が生活に根ざしてきました。
冬の農閑期がくると、女性たちは集まって糸を紡ぎ、刺繍をして長い夜をすごしました。

19世紀末にはヨーロッパ中を風靡した、
カットワーク、イーラーショシュのベッドカバーに枕カバー。
鮮やかな色と柄が織り成す民俗衣装。
現代では「清潔の部屋」と呼ばれる一室に大切に保管されています。
カロタセグ地方の伝統刺繍の世界を、現地で取材した写真とともにご紹介します。

IMG_8641.jpg


また、カロタセグを代表する刺繍、イーラーショシュも体験していただけます。
今回は、木の枝をくわえたクジャクとチューリップの花がオーバル型にデザインされた
ロングクロスをいっしょに作りましょう。

IMG_3413.jpg


「トランシルヴァニアの伝統手芸 イーラーショシュ体験」講習会

とき: 2016年6月18日(土)10:00~12:00

ところ: 朝日カルチャーセンター新宿校
 
詳しくはこちらまで。

head_logo.png


*おかげさまで満席になりました。
たくさんのお申し込みをどうもありがとうございます。
大阪NHKカルチャー梅田校にて
7/24(日)13:00~15:00に開催予定もございますので、次の募集をお待ちくださいませ。


*こちらの講座は定員を10人増やして、再募集しています。
詳しくはこちらまで。


*定員に近づきましたので、HP上のお申し込みは受け付けていないようですが、
まだわずかな人数を受け入れる可能性がございます。
お席の状況やキャンセル待ちについては
03-3344-1946までお問い合わせくださいませ。(4/18)
スポンサーサイト
comments(8)|trackback(0)|その他|2016-03-18_17:22|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

予約しました!
コメント欄ではご無沙汰しておりすが、
講習会、先日予約したところです。
ずっと受けたかったのですが、今年やっと参加できます。
これまで、我流でやってきて苦手な線とかありますので、色々とお聞きしたいです。楽しみにしております。

また、現在またカロタセグを取材中とのことで、写真も楽しみにしてますね。
Re: 予約しました!
yuccalinaさん、講習にご参加くださるのですね!
どうもありがとうございます。
今回は45分ほどが刺繍についてのお話で、
1時間ちょっとが実技となります。
伝統刺繍ですのでただテクニックだけでは不完全ですし、
ふたつ合わせて充実した内容になるように今から準備いたしますね。
お会いできますのを心待ちにしています。

No title
聖子さん 毎回意欲的に活動していらっしゃいますね。
お子さんがまだ小さいのに 本当に凄いファイトです。
で、この冒頭の写真、おばぁちゃんたちの ですが、これはもちろん
現代の風景なんですよね。
だとしたらとても味わいのある素敵な景色だと感じ入っています。
こうして作られた刺繍の作品は 家や教会などに今なお 飾るんですか?
No title
立派な、木製の門の前のベンチに座って、道行く人を見ながら、おしゃべりをしている。

・・・写真を見ると、ルーマニア旅行の、タイムスリップした旅の想いがよみがえります。 
とても滲みる良い風景です。

6月の講習会が、早くも満席とは、すごいですね。
このころは、また我家は旅に出ています。
Re: No title
霧のまちさん、こんにちは。
こちらは、2年ほど前に撮影したものです。
時代を遡ったかのような風景ですが、
もうなかなか見られなくなってしまいました。
最近では、こういうおばあさんたちがお小遣いかせぎに
刺繍をすることが多いのですが、
昔は家族のためであったり自分のためでした。
販売用となるとだいたい質が落ちてしまうのですが、
展示会用に注文する品々は、手抜きではない
丁寧な刺繍をしてもらうようにしています。
それに見合うお金がいるので、大変ですが・・・。
Re: No title
kiyaさま、こんにちは。
また6月にお出かけされるのですね!
本当に精力的に人生を楽しんでいらっしゃいますね。

講習会は定員を引き延ばして、さらに募集されているようです。
刺繍の技術は勿論ですが、トランシルヴァニアの空気を感じていただけるような
お話ができるよう努めたいと思っています。

この撮影した当時から数年がたち、
このうちのどなたかが亡くなられたと聞き胸が痛みました。
60歳以上のおばあさんたちばかりが住む村です。
No title
聖子さん、このたび九州に大地震が起きています。
主は熊本ですが 近県にも被害が広がっているようです。
ご実家の皆さまや お友達など大変な目に遭っていらっしゃるかも。
テレビで見るたびにあまりに甚大な被害に言葉を無くしています。
日本では 最近地震以外にも大きな災害が次々に起きていて
いったい何故なんだろうと 震えるほど恐ろしくなります。
どうか皆様がご無事でありますように。
Re: No title
霧のまちさん、ご心配いただき本当にありがとうございます。
実家の方とはSkypeなどで連絡をとっていますが、
幸い宮崎の方はそれほど地震も激しくなかったようです。
こちらにはテレビがないので、現場の状況などは
推し量るばかりですが、それでも災害の恐ろしさが伝わってきます。
各地で地震や噴火など起こり、大地が変動しているのでしょうか。
自然の前では、さみしいですが人間の無力さを感じます。