トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

「トランシルヴァニアの農村の暮らしと手仕事~伝統刺繍イーラーショシュ体験~」

ふるさと宮崎にて国際交流の一貫として、講座を開催します。

トランシルヴァニアの農村の生活について、
主に伝統の手仕事について現地の写真みながら解説いたします。
またイーラーショシュのオーナメントをお作りいただけます。

皆さまのご参加をお待ち申し上げています。

kalotaszeg17.jpg

第1回 国際理解講座 ~身近に世界を感じてみよう~

ルーマニア編 「トランシルヴァニアの農村の暮らしと手仕事~伝統刺繍イーラーショシュ体験~」

◇日 時 平成28年7月2 日(土)14:00~15:30 ※13:45から受付を始めます。

◇場 所 カリーノ宮崎 9階(予定)
  詳しくは、宮崎県国際交流協会HPにて


スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2016-04-20_21:22|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント