トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

「カロタセグの刺繍とイラスト展」


「カロタセグの伝統衣装と刺繍」 プロローグより

「それは、名もない村人たちの手によるささやかな芸術品。

人々が故郷と呼ぶその大地で生まれ、
人々の生活に常に寄り添い、
そして親から子へと受け継がれていくもの。
そこに浮き上がるのは、唯ひとりの人間ではなく、
何世代も前に生きてきた人々の息づかいであり、
美に対する深い憧れであり、
言葉ではなく図案や文様に秘められたメッセージである。 」


6/18(土)〜20(月)まで吉祥寺のギャラリーイロにて、
「カロタセグの刺繍とイラスト展」が開催されます。
イラストレーターの竹永絵里さんとのコラボレーション。
カロタセグの刺繍や衣装、イラストで綴る色とりどりの世界へようこそ。

13220155_484575421752921_944449972_n.jpg

*DM郵送ご希望の方は、
お名前、ご住所、枚数をこちらまでご連絡くださいませ。

ura2.png

*こちらの展示は東京吉祥寺のあと、
宮崎市おおまえ布店 6/23(木)~28(火)、
台北市迪化街 mad.L gallery 7/16(土)~8/14(日)と巡回します。
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2016-05-22_21:52|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント