トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

3人の洗礼式

いつしか、こちらでの生活も8年を過ぎていた。
長男はこの春に12歳になり、
長女は3歳、そして次男ももうすぐ1歳を迎える。
トランシルヴァニアの生活に根をおろし、
生活をしていくにあたって、何かをしておきたいと考えるようになった。
そうして思いついたのが、洗礼式。
それも、亡き姑の生まれ故郷の村でしようと決めた。

きっかけは昨年の秋、
お盆のためにクリズバへ向かった時だった。
お昼前に向かう車の中で、旦那が思いつきのように口にした。
洗礼式をしようというのは話題にしていたのだが、
住む町から遠く離れ、親戚はおろか知人すらいない村でしようとは全く予想していなかった。

村から村へ精力的に歩きまわり、
亡くなるまで村のことを書き綴っていた舅親。
民話や民謡、習慣に手仕事、歴史・・。
幅広い分野に興味をもち、
セーケイ地方や故郷のバルツァシャーグ、モルドヴァ地方まで足を伸ばした。
シェレシュ・アンドラーシュは民俗学者であり、
旦那が12歳の時に他界してからも、常に彼に大きな影響を与えてきた。

村につき、車を降りるとすぐ旦那の兄に偶然出会った。
腹違いの兄弟なので普段は連絡を取ることもない。
いっしょに墓を参り、そして洗礼式のことを話すと、
ぜひ参加したいと申し出た。
その足で、牧師の家に向かい、
ただの空想だった行事があっという間に形を整えていった。
6月に日本から母がこちらに来てくれる、
ちょうどその時に決行することになった。

イギリスのヴィクトリア時代の洗礼衣装が手に入った。
旦那がスモッキングの技法について探しているうちに、
イギリスで伝統的なブラウスの型に興味を持つようになった。
前後形が同じという珍しい形で、
白一色のさまざまなスモッキング刺繍の陰影がなんとも美しい。
大きさもちょうど、娘と次男にぴったりだ。

IMG_7040.jpg

足踏みしながらやってきた、6月のある日曜日。
私たちはクリズバに来ていた。
日本から母親が、セーケイ地方やカロタセグから親友たちが駆けつけてくれた。
主人の母親と連れ添ったラツィおじさんも・・。

IMG_8165.jpg

娘の生まれながらの親友、ジョフィカ。
この二人の誕生のおかげで、
さらにブラーガ一家と親しくなった。
洗礼式の話を持ちかけると、
三人のうちから娘の洗礼親になりたいと申し出てくれた。

IMG_8168.jpg

教会の鐘の音が高らかに鳴り響き、
日曜の礼拝がはじまった。
牧師の澄んだ歌声のようなお祈りと、
信者たちの掛け合いがまるでミュージカルのようだ。
おじいさんが賛美歌の番号の書かれた札を、
ごそごそと探し出し、厳かに皆の前に掲げる姿も微笑ましい。

はじめて参加する、ルター派教会の礼拝。
はじめて見る、クリズバの教会。
全てが新しい場にもかかわらず、
何か温かいもので包まれているようだ。

IMG_8211.jpg

それはかつて、子供たちの祖父やご先祖たちが集い、
祈りを捧げてきた場であるからに違いない。
1697年という年号の刻まれた洗礼盤が、
確かにそれを物語ってくれる。

IMG_8182.jpg

若い牧師が愛情深い眼差しで、
子供たちの新たな旅路を祝福してくれる。
それぞれの洗礼親に抱かれ、
聖水を頭から注がれて、彼らは晴れてキリスト教徒として生まれ変わった。

IMG_8192.jpg

トランシルヴァニアの大家族に見守られながら、
私たちはここでまた歩きはじめる。
3人の宝を通じての絆が、末永くも続いていくことを願って。

IMG_8185_201608291221053b2.jpg
スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|ルーマニアの育児|2016-08-29_12:26|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
まるで美しい絵本を見ているようです。 親しい方々や日本のお母さまも
揃っての洗礼式。  お子さんたちは まるで天使のようです。
日本ではほとんど馴染みのない儀式でも そちらでは大きな節目なんでしょうね。
とても素晴らしい教会です。 スモッキングの施された真っ白の洗礼服 よく手に
入りましたね~。 これらの服も一生の宝物になりますね。
Re: No title
霧のまちさん、この夏はお会いできなくて残念でした。
どこかへご旅行されたのかなと考えておりましたら、
中国へ行かれたのですね。羨ましい!

洗礼式は、私たちにとっても大きな節目となりました。
こちらではお年寄りなんかは、洗礼をするかしないかは大問題だそうです。
洗礼をしないと牧師や神父さんが葬式をとり行ってくれないということ。
私にとっては、ヨーロッパで生活するとき、キリスト教が大きな根底にあるので大切だと思ったこと、
そして洗礼親たちとの関わりが大切でした。
この式のあとは、原っぱでピクニック、古民家でお茶会をしました。

洗礼服についてもいろいろ考えました。
子供たちがセーケイ人、チャーンゴー人、日本人など
さまざまなルーツを持っているのですが、洗礼服は見つからず、
結局どれでもない、イギリスの衣装を選びました。
はじめはコレクションとして手にした衣装でしたが、
洗礼式に着たことによって思い出深い品となりました。